人気ブログランキング |

果樹園を作りましょう

果樹園を作りましょう
あなたは無花果
私は桜桃

楽園を作りましょう
あなたは鹿のように軽々と飛び跳ね
私は鳥のように花の花粉と香りにまみれ

茅葺の家に住みましょう
生き物が寄ってくる巣のような
ともに生きている家に住みましょう

囲炉裏を作りましょう
みんなで積み上げたぐり石の上に
灰を敷き詰め炭で茅葺の屋根を燻しましょう

我々は幸せでいましょう
我々が皆で幸せで少しづつでも安心していれば
世界も宇宙も安心してくるでしょう


by akikomichi | 2020-03-28 21:30 | 詩小説 | Comments(0)

親方お疲れ様でした

親方が83歳を前にして体力的なこともあり、三月で今のように毎日ではなく、茅葺から少し離れられるとのことで、お疲れ様会を仲間とともにした。

親方は思い残すことはないとおっしゃっておられたが、我々に、根気よく接していただき、いい仕事を拝見できた幸せをかみしめている。

親方に何度となくしかられながらも、今までやってこられたのは、茅葺の本物に接することができる喜びがあったからだと、思わずにはいられないのである。

仲間とも、本音で話すことができるようになってきたのも嬉しい限りで、これからも、茅葺を愛する仲間とともに、親方の意志を継ぎ、茅葺を愛でながら、皆が平和で仲良くほのぼの生きていけるように、思いを込めて、楽しんで作りながら、いろいろなものを創造しながら、生きていきたい。

by akikomichi | 2020-03-28 21:13 | 詩小説 | Comments(0)

坂本繁二郎の生家

坂本繁二郎の生家の茅葺の補修をさせてもらった。

谷の部分を重点的に、棟の杉皮が抜け落ちていたところも差して。

谷は、ところどころ、杉皮を挟んで、強度を増して。

雨風で、殺がれた面を、元のふくらみに戻して。

我々は、屋根を修復していく。

素晴らしい屋根とその内部も拝見した。

茅葺の屋根裏が見られるように外した天井を見上げた。

内も外もいい具合で、まだまだ、生きながらえてくれるいいお屋根である。

ぐるりと中を拝見させてもらい、繁二郎の描いた淡いトーンの馬やリンゴの絵、それから繁二郎の父上が描いた戊辰戦争の襖絵の上に落書きした青木繁の鯨のようなもののレプリカもあった。

そこで暮らした人の気配を感じるような、もの静かな美しい家であった。

by akikomichi | 2020-03-06 20:37 | 詩小説 | Comments(0)