水の中の太陽

太陽なのにな友達が言った
探し物をしていたのだ
夢の中で
自分の大切なものを探す夢
部屋の中にある夜店のヨーヨーをうかべるような長方形の入れ物の中に水が貼ってある
その中にある自分にとって大切なものを探すのだ
二人の男の子がここにビー玉があると言った
ビー玉をつかんだ
透明な中に赤い筋がにほん入っているもの
それから何かないか探していると
太陽なのになと友達の声が聞こえたのだ
水の中の太陽
あるはずがない
と思った
しかも部屋の中だ
水鏡に姿を映した太陽だって掴めやしなかったのだ
この前作った太陽の形をしたお皿なら
つかめるかもしれないと思ったが
探しても陶器のかけらしかなかった
太陽のかけらもないなと思って目が覚めた
それからしばらくして
入院中の病院から外出を許されて
外から帰ってきた時
机の上に小さな太陽のようなひまわりが一輪
ビー玉を転がしておもしにしている
透明なコップの中に
ひまわりがちょこんとさしてあった
ああこれの事だったのだと思った



 夢の中 水に沈んだ太陽を探し  机上のひまわり見つけ 


 水の中 太陽探す 夢を見し 起き抜けに見た 一本のひまわり 

[PR]
by akikomichi | 2018-10-18 21:53 | 詩小説 | Comments(0)

「太陽をみかたに」

太陽をみかたにすること。

と、親方がおっしゃった。

茅葺の屋根の「なり」を整える時に、少し離れて遠くから見ること。

その時に、太陽が照らす屋根の「なり」の凸凹を太陽が影として教えてくれるということ。

自分の感覚だけではなく、太陽をみかたにつけて、屋根の「なり」を見極めるということ。




[PR]
by akikomichi | 2018-10-11 22:48 | 詩小説 | Comments(0)