人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 106 )   > この月の画像一覧

人工地震

写真蔵王山で東北大がダイナマイトを爆発させて人工的に地震を起こす実験を行う(画像は10月2日の蔵王山御釜のようす 提供:気象庁火山カメラ)
蔵王山で東北大がダイナマイトを爆発させて人工的に地震を起こす実験を行う(画像は10月2日の蔵王山御釜のようす 提供:気象庁火山カメラ)

 宮城県と山形県にまたがる蔵王山は、東日本大震災の震源に近く、気象庁が常時監視する47火山のひとつ。東北大学の研究グループは今月半ば、蔵王山の地下で人工地震を発生させることで火山内部の構造を調べる実験を行うと発表した。
 蔵王山は19世紀、山頂の御釜が水蒸気爆発を起こし、火山性泥流が発生するなど数多くの噴火記録が残る活火山だ。1940年以降は、新たな噴気孔が形成され、火山性地震や鳴動を観測するなど、現在も活発な火山活動が続く。
 とりわけ、2011年の東日本大震災以降は、マグマの動きを示す深部低周波地震が深さ約25キロ周辺で観測されるようになったうえ、深さ2~3キロの浅部でも火山性微動の発生が相次いでいる。これを受けて、東北大学大学院・噴火予知研究観測センターの三浦哲教授らのグループは、人工地震による地下構造探査を行うことを決めた。
 実験では、蔵王山麓の地中2カ所に穴を掘ってダイナマイトを爆破させ、人工的に地震を発生させることで、爆発に伴う地震波を約150カ所で観測する。地震波は震源地から観測地点までの距離が遠くなるほど、地下深部に達する性質があることから、地震波が観測地点に到達する時間や振幅を調べることで、火山の内部構造を推定するのがねらい。
 今回の実験で使われるダイナマイトは、最大200キログラムの火薬を直径15センチほどの細い管状の穴の底で爆破させるもので、発破によって発生する地震波は最深で地下2キロ程度まで達すると見込まれる。
 研究グループによると、実験は今月18日から24日にかけて行い、22日未明に発破を行う予定だが、この発破で起こる地震の規模は小さく、その震動や音は数百メートル以内でのみ感じられるほど小さいものだという。

ハザードラボ


by akikomichi | 2015-10-03 09:21 | 日記 | Comments(0)

ねがくさり

はかいしゃが おりーぶのきのこうそうというなのうそはく ねがくさり
by akikomichi | 2015-10-02 22:46 | 短歌 | Comments(0)

 菅義偉官房長官は2日午後の記者会見で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に関する4日からの国際諮問委員会で、中国が申請した旧日本軍による南京事件と従軍慰安婦の史料の登録の可否が審査されることについて、「ユネスコの政治的利用に対する懸念を説明し、慎重な審議を行うよう強く申し入れている」と述べ、登録に反対する考えを改めて示した。 



by akikomichi | 2015-10-02 22:24 | 日記 | Comments(0)

しないこと

ばくげきをすればするだけ
なんみんがふえていきます

そこにいられなくなるので
ばくげきはしないこと

ばくげきはしないこと
ないせんはしないこと

なにもしなければ
ひとはそこでいきられた

うつくしいものも
はかいしつくさないこと

なんみんになりたくないもの
これいじょう ばくげきはしないこと






by akikomichi | 2015-10-02 08:42 | 短歌 | Comments(0)

『爆弾低気圧』

今日の夕方、爆弾低気圧がくるという。

急激な発達を遂げて、等圧線がぐるぐる巻きになるという。


ここ何年かで、ゲリラ豪雨やら、爆弾低気圧やら天気はえぐいほどの凶暴さが増幅され、駆り立てられている。

狐の嫁入りやらお天気雨やらの牧歌的な風情は、微塵も見当たらない。




子どもらが、公園の噴水の周りを、ただ友達の車輪と背中を追いかけて回っていた。

爆弾低気圧のように、等圧線を描きながら、妙な圧を持って。

男の子特有の、意味もなく動きまわる衝動に任せて、ぐるぐる回っていた。


ちいさな男の子から、長靴と傘と服を奪ったトラが木の周りをぐるぐるまわってバターになってしまい、最後にはパンケーキになって焼かれて喰われてしまうほどではないが、水のマニ車を回す、風の馬にでもなったように、ぐるぐるぐるぐる回っていた。


男がじっと見ていた。

競技用の自転車に乗って。

前車輪だけで走ったり、回ったりしながら。

一人で。

ぐるぐるその場を回っていた。

黒いBMXは、男の身体の延長のように、四肢を拡張された、死ぬ前の昆虫のように、檻もないのに狂ったように動きまわる赤い帽子を被らされたマスクをつけた熊のように、その場をぐるぐる回っていた。


子どもたちは、帰る時間になったので、横で一人で回っている男のことは気にもせずに、休日の公園でマラソンをしている人のマラソンコースに踊り出て、今度は自転車競技のように、一列になって、風を切って走りだした。


先頭を走っていた子どもの前に、さっきの男が立ちふさがった。

子どもたちは、何がおこったか、分からなかった。

なぎ倒され、急激に圧をかけられ、首を締め付けられている先頭の子どもだけは、わかっていた。


爆弾低気圧がやってきた。

目の前が回り始めた。

家に帰り着けるだろうか。と。















by akikomichi | 2015-10-01 21:03 | 詩小説 | Comments(0)

みあれ祭

荒波をこえてこぎだす みあれ祭 かぜとあめとのうみだすとこよ



by akikomichi | 2015-10-01 15:21 | 短歌 | Comments(0)