人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 67 )   > この月の画像一覧

自由の女神

自由の女神が見たいというので、我々は、自由の女神を目指して、フリーのフェリーに乗り込んだ。

一時間に一度、自由の女神を遠くから眺める為に、多くのものがゲートに集まっていた。

まるで、子宮内の卵子を目指す精子のように、わらわらと船に入っていくのだ。

もちろん、目指したいのは女神の胎内なのだが、あまりに遠く、眺めるだけの、ちょっとした女神ストーカー気分を味わった。

手出しはしない。

安全な我々。

女神は、微笑んでいるようで憂いを帯びているようにも見えたのは、すこしの年季と塩害からか、色あせたガラスに阻まれているのもあるが、遠くにいることの、想像の範囲を出るものではなかった。

ずっと、手を上げて、インドの修行者のように、何をか待っているようでもあった。

確かに、その手をあげる自由はあっても、下げる自由はないのだった。

潮の流れは摩天楼から遠ざかり、我々を乗せて、向こう岸まで運んでくれた。


自由の女神、爆破予告があったと知ったのは、帰ってからしばらくしてのことだった。

我々ではない、どこかの真のストーカーのしでかしたことだ。


by akikomichi | 2015-08-29 17:35 | 詩小説 | Comments(0)

国連前

国連前に来たのは夕方のことである。

アムトラックで四時間余りを過ごしてやってきた我々は、疲れ果てていたが、夕食を探し、あてもなく、異国の街を歩いていたのだった。

3ブロックほど、歩いただろうか、突然、国連前に行き着いた。

ちょっと、小高いところから、国連の腰辺りを見ているような。

国連本部の足元には、旗をはためかすためのポールが顔のない胴体のように虚しく並んでいた。

国連前の一息。

真下には階段があり、ちょっとした木々が茂っていた。

よく見ると、黒い鞄が木陰に置いてあった。

誰かの置き忘れたものにしては、でかすぎる。

あの中に、奪われたものが入っているのか、それともすっからかんなのかは分からないが。

もしかして、つるされることもなく、なくした顔がそろって入っているのかもしれない。

などと思いながら、カバンの中身を確かめることもなく、そこを立ち去った。





by akikomichi | 2015-08-29 17:14 | 詩小説 | Comments(0)

夢の蛇

蛇が玄関先にやってくる。

何匹も何匹もやってくる。

最初は、小さな蛇だが、次第に大きくなってくる。

歯をむき出して、こちらを威嚇する。

私は扉で抑えて、あたまを押さえつけている。





by akikomichi | 2015-08-29 16:59 | 夢詩  | Comments(0)

換気扇について


ずっと鈴村和成訳で覚えてた第一ダダ宣言末尾「僕が罪を披露して換気扇について勿体振って話すのは皆さんを楽しませたいからです」の換気扇(通風器)は語源に「抗議・非難」があり寧ろこっちが適訳と宮原庸太郎氏の註解で知る 不覚


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記は、常日頃から面白い桜子さんのつぶやきより。



わたしが以前、カウンセリングの勉強をしていた時、箱庭を作成し、無意識の一連の流れを研究していたのだが、今に繋がるような箱庭を作成していたことを思う。

換気扇を箱庭の真ん中においたものを、かれこれ二十年前に何気なく作ってからこのかた、なぜだかわからないばくぜんとしたものをつくり、腑に落ちなかったままだったが、ずっともとめていた(換気扇の象徴的意味合い)、こたえを聞いた気がした。



抗議非難。外と中をかき回し換気すること。

by akikomichi | 2015-08-29 16:49 | 日記 | Comments(0)

日本政府は、国連の潘基文パンギムン事務総長が「抗日戦争勝利70年」の式典に出席することを強く批判している。 


政府高官は28日、「国連の中立性を損なう行動で、非常な違和感を覚える」と話した。

 日本の国連代表部は27日、国連事務局に対し、「いたずらに過去に焦点を当てる行事に対し、国連は中立的な姿勢で臨んでもらいたい」と懸念を伝えた。外務省幹部は潘氏の対応について、「天安門事件が起きた場所で軍事パレードを観覧するのであれば、判断に疑問符をつけざるを得ない。自由や人権といった国連の精神を体現しているのか、国際社会が非常に懸念するのではないか」と不快感を示す。

 潘氏は韓国出身。2013年8月の記者会見で、「正しい歴史(認識)が良き国家関係を維持する。日本の政治指導者には、深い省察と国際的な未来を見通す展望が必要だ」と発言し、日本政府から反発を招いたことがある。

2015年08月29日 07時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

by akikomichi | 2015-08-29 08:37 | 日記 | Comments(0)

あるもの

あるものでつくるいちにちあきたらず ないものでさえあるもののあき
by akikomichi | 2015-08-27 23:00 | 短歌 | Comments(0)

【仏像盗難】1体返還の韓国に関係者は「早くもう1体返せ」と激怒
2015年07月17日 10時00分

韓国最高検は15日、2012年に長崎県対馬市の寺社から韓国人窃盗団が盗んだ仏像2体のうち、1体を日本の神社に返還すると発表した。

返還されるのは海神神社の国指定重要文化財「銅造如来立像」。韓国検察は「韓国で所有権を主張する人は
おらず、盗難当時の所有者だった神社が正当な権利者とみるのが相当」と返還理由を説明している。

とはいえ、残るもう1体の観音寺の県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」は、韓国の浮石寺が所有権を主張。韓国メディアは
「650年前に倭寇が朝鮮から日本に略奪した」と世論形成し、韓国司法も「占有名義を変更してはならない」と、日本への引き渡しを認めない仮処分決定をしている。

観音寺前住職の田中節孝氏(68)は「対馬の人からしたら、1体戻って来るのはうれしさ半分ではある」としながらも、「私としては怒りの方が大きい。早くもう1体も返せ」と憤る。

韓国政府は仏像返還を決めたことで、日韓関係改善に意欲を示す狙いがあるとみられるが、田中氏は
「そもそも政治問題と関連付けることがおかしいし、1体だけ返すのも逆効果。単純な泥棒なんですよ」
と語る。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)条約には
「盗難指定を受けている文化財について、条約締結国は返還の義務がある」との条文がある。
日本政府はこの条約に基づき、すでに仏像2体を盗難品として各国に通知済み。田中氏は
「韓国もユネスコの締結国なのだがら、本来ならばすぐに返さなければならないんです」と力説する。

ただし、そこは韓国。先日も韮山反射炉(静岡県)のユネスコ世界遺産登録をめぐり、土壇場で歴史問題を盾にゴネまくった“前科”がある。

「あれと一緒で、何でも言い訳をつける国だから…」とは田中氏。


http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/422359/

韓国は、非常識にも程がある。
日本相手ならなんでもしていいという勘違いをやめるべきである。
犯罪は犯罪として、罪を認め、早く対馬に返還するべきである。

by akikomichi | 2015-08-27 01:07 | 日記 | Comments(2)

 フランス国際放送、RFIはこのほど、運営するニュースサイト(中国語版)で、中国が歴史問題で日本に毎年謝罪を迫るのは根拠がないなどの主張を紹介する記事を掲載した。日本が莫大(ばくだい)なODAなどで中国を支援してきたことにも触れた。

 記事は、複数の中国人が示した意見を紹介する形で書かれている。まず日本が戦争行為を反省し、永遠の不戦の誓いをしていることは「だれでも知っている」と指摘。一方で、中国人と韓国人が毎日のように「日本の侵略と植民の歴史」を唱えているのは「見劣りがする」と断じた。

 謝罪については、田中角栄元首相が国交正常化のために訪中した際にすでに、「深々と頭を下げた」と指摘。日本は「贖罪のための賠償もした」として、ODAなどによる巨額の対中経済援助を挙げた。

 記事は続けて「今の平和主義の日本が、軍拡主義の中国に服従することはない。民主主義の日本が権威主義の中国に服従することはない。国際主義の日本が民族主義の中国に服従することはない」と論じた。

 戦争については、人類の歴史で「日常茶飯事」だったと主張。侵略行為の認定も勝利国によるもので、敗戦国は領土喪失、賠償、一定期間の占領、戦争犯罪者の裁判などが強いられるが、「これらが終了すれば、謝罪や清算はすべて完結したことになる」と論じた。

 さらにドイツやイタリアも侵略国であり敗戦国だが、「何度も繰り返して相手国に謝罪するのは見たことがない」、「国際法でもそんなことは定められていない。中国以外の世界中の第二次世界大戦の“被害国”は、そんなことをしない」と論じた。

**********

◆解説◆
 中国では「ドイツは戦争についてきちんと謝罪」が“常識”になっている。しかし、中国でよく例となるワルシャワにおけるブラント首相(1970年当時)の謝罪も、ユダヤ人の迫害に対するもので、ポーランド侵攻を含む戦争発動に対するものではない。

 1985年の終戦40周年式典でのフォン・ヴァイツゼッカー大統領の演説では「われわれ全員が過去からの帰結にかかわりあっており、過去に対する責任を負わされている」と述べたが、「反省」や「謝罪」の言葉はなかった。

 イタリアは日独と同盟する枢軸国として第二次世界大戦に加わったが、戦局が不利になると指導者のムッソリーニを排除し(最終的に処刑)、連合国側に加わり日本にも宣戦布告した。このため、他の連合国と同格ではないが、敗戦国扱いは受けていない。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:(C)Liu Junrong/123RF.COM)
by akikomichi | 2015-08-26 23:37 | 日記 | Comments(0)

朴槿恵大統領の父親が関わっていた朝鮮戦争の慰安婦施設の証拠もあるので、更に深くしらべてみれば、元日本人で現韓国人軍人の多くが、慰安婦の人と性交渉を持っていたであろうことが判明するであろう。

現韓国人は、自分たちの多くがしていたことを、今も日本人になすりつけようとしていることに気づくべきであり、その行為を謝罪するべきは己であることに気づくべきである。

なぜなら7〜8割は現韓国人で構成されていた半島大陸の元日本人であるのだから、今更、言い逃れることはできないのである。

いつまでも被害者面はできない。

裏にある本当のことを知るべきである。

己のしたこととして。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






朴槿恵大統領の妹「韓国が日本に謝罪を要求し続けるのは不当」


韓国の朴槿恵大統領の妹である朴槿令(パク・クンリョン)氏が、慰安婦問題について「日本に謝罪を要求し続けるのは不当」「靖国神社問題に触れるのは内政干渉」などと発言をした。7月30日にハフポスト韓国版に掲載された聯合ニュースによると、日本のニコニコ動画でのインタビューで回答したという。

この日、槿令氏は日本で行われたインタビューで、慰安婦問題などについて韓国が何度も謝罪を要求することについてどう思うかと問われ、「天皇を含め、4回も公式に謝罪した」と指摘。「(日本の)首相が変わるたびに謝れというのは、おかしい」と述べた。産経ニュースによると、「元慰安婦をはじめ苦痛を受けた方々に対しては、韓国国民が国内で面倒を見なければならない」と発言したという。

また、靖国神社への参拝についても、「祖先をまつる神社を参拝するのは当然のことではないか。もし自分の両親や祖先が、過去にどのような過ちを犯したとしても、子孫は参拝しなくて良いのか。それは人の道に外れる」とコメント。「韓国がそれに介入するのは、内政干渉ではないか」と主張した。

槿令氏は30日、日本から帰国した後の、ソウルの金浦空港で韓国メディアの取材に対応。「(韓国は)複数回の謝罪を受け入れた」として、「日韓国交正常化が行われ、関係が正常になった今になって、過去の問題を取り上げて足を引っ張るのは異常だ」として、日本へ謝罪要求を繰り返すことを批判。さらに、「韓日協定を結んだ時に、韓国政府は謝罪を受け入れた。その結果、大きな浦項製鉄も建設されたし、韓国の高度成長の基盤になった」としたうえで「先日も(朴)大統領が日韓関係を一層強固にすると発表された」と姉の名を出した。

朴内閣は槿令氏の考えとは反対に、来月発表される予定の安倍晋三首相の談話について、過去の歴史に対する反省が盛り込まれなければならないと要求しており、槿令氏の発言には韓国国内から批判の声も出ている

なお、槿令氏へのインタビューは8月4日、ニコニコ生放送で公開される


by akikomichi | 2015-08-26 22:32 | 日記 | Comments(0)

じしん

ゆれている めまいではなく じしんかな あさのめざめのひとゆれふたゆれ
by akikomichi | 2015-08-26 07:57 | 短歌 | Comments(0)