人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 131 )   > この月の画像一覧

ぶろっく

ついったーあかうんともたずこめんとできず そこにいないだけのぶろっく
by akikomichi | 2015-02-23 07:52 | 短歌 | Comments(0)

日本最西端の沖縄県・与那国島(与那国町)で22日、陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う住民投票が実施され、即日開票の結果、賛成が632票で、反対の445票を上回った。政府の配備推進を追認した形。誘致派の外間守吉町長は記者団に「非常に安堵した。行政運営がスムーズにできる」と述べた。反対派には大きな打撃だ。

 陸自配備は、海洋進出を活発化させる中国に対抗し、政府が掲げる南西諸島の防衛力強化の一環。配備予定地では既に造成工事が進んでいる。

 安全保障問題を扱う住民投票で、永住外国人を含む中学生以上の町民に投票資格を与えた点でも論議を呼んだ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


守られて保たれ日本という国を選んだ与那国のひとの答え


by akikomichi | 2015-02-22 23:02 | 日記 | Comments(0)

はるいちばん

あめののち はるいちばんの ふきぬけた しにいそぐなかれ うまれたばかりに 
by akikomichi | 2015-02-22 22:51 | 短歌 | Comments(0)

 自民党の新藤義孝前総務相は21日、日韓が領有権を主張する島根県・竹島に関する資料を見学するため鳥取県の「米子市立山陰歴史館」を訪問した。新藤氏は記者団に対し、「日本の領土を主張する資料は、国がきちんと管理する体制を整えるべきだ。国会でも提案したい」と述べ、国が資料保存に積極的に関与する仕組みが必要だとの認識を示した。


 新藤氏は同歴史館で、17世紀に米子の大谷家が漁に出る際に使用した、竹島や韓国の鬱陵島が描かれた地図などについて、地元の大学教授らから説明を受けた。


 新藤氏は、自民党有志らがつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」会長で、22日には松江市で開かれる「竹島の日」記念式典に出席する。 


by akikomichi | 2015-02-22 16:01 | 日記 | Comments(0)

竹島の日

http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/pref/takeshima/web-takeshima/

にっぽんのりょうしころされふみたおし しんりゃくゆるさず 竹島の日 

by akikomichi | 2015-02-22 13:28 | 短歌 | Comments(0)

せんぜんのしゃっきんごまかすためにほら てさきをつかうやすあがりだもの
by akikomichi | 2015-02-21 23:16 | 短歌 | Comments(0)

借金踏み倒す惡

震災に乗じて竹島尖閣を攻め立て借金踏み倒す惡
by akikomichi | 2015-02-21 23:13 | 短歌 | Comments(0)

取り返す時

中国がいまになって過去の債務を取り立てようとするなら、日本こそ中国に借金返済を迫るべきだ。2014年4月、中国は戦前の汽船賃料未払いを理由に商船三井の船を一方的に差し押さえる暴挙に出た。同社が中国に供託金として払った額は40億円とも言われている。中国は戦前の賃貸契約について「日中共同声明の条文に拘束されない」と開き直ったが、その理屈で言えば日本も中国に踏み倒された円借款の返還を請求することができるのだ。

 満州事変から遡ること20年、大正期の日本は中国に対して3億円(現在の価値で3兆円)の円借款を供与していた。ところが中国は、1923年の関東大震災後から支払いの遅延を始め、1933年3月に発生した三陸大地震の4か月後に借款の踏み倒しにかかった。日本の国難に乗じた卑劣な手口だった。1933年7月30日付の大阪朝日新聞は、「三億の対支債権 実力で回収を決意」との見出しでこう報じている。

「対支(中国)借款はいわゆる西原借款などの政治借款と称されるものを合算すれば今や元利合計10億円にも達しているが、この政治借款について南京政府は全然責任なきが如く態度を執っており……」

 当時、日本の軍部は厳重に償還を督促した上で、担保の差し押さえ、最悪の場合は実力行使を検討していたが、その後の満州事変、上海事件、日中戦争に至る過程で対中円借款は結局うやむやにされた。

 だが、戦後も日本は中国に累計3.3兆円もの借款を供与し、貸付残高は1.6兆円に上る。2005年、北京では日本による新規円借款停止の通告に端を発した大暴動が起き、2010年に借款打ち切り交渉が行なわれると、中国の偽装漁船による海保巡視船激突事件が起きた。日本が毅然とした態度を取らなければ、無法国家は再び恫喝により円借款の踏み倒しにかかるかもしれない。

 中国がいつまでも過去にこだわるなら、日本も黙っていない姿勢を示したほうがいい。

●文/水間政憲(ジャーナリスト)

※SAPIO2015年3月号



by akikomichi | 2015-02-21 23:05 | 日記 | Comments(0)

さべつ

がいじとは けーさつのことさすことば しょうがいじをさすさべつくべつ
by akikomichi | 2015-02-21 06:58 | 短歌 | Comments(0)