人気ブログランキング |

ぬけあなを

ぬけあなをとおりぬけてるものからちょうしゅう ぱちんこぼくめつし
by akikomichi | 2016-01-22 15:23 | 短歌 | Comments(0)

ぜいしぼり

ぜいぜいとぜいたくしぼりぜいしぼり くちききだけでは もらえないもの
by akikomichi | 2016-01-22 15:16 | 短歌 | Comments(0)

消費税増税反対 リーマン・ショック並みなので凍結
by akikomichi | 2016-01-22 15:09 | 短歌 | Comments(0)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

世界最高水準のステルス性能を持つ米空軍のF22戦闘機12機が米軍横田基地(東京都福生市など)に飛来したことが21日、分かった。4回目の核実験を実施した北朝鮮へのけん制とみられる。

     F22は20日に8機、21日に4機が横田基地に飛来したが、米軍から防衛省への事前通知はなかった。同省幹部は「事前通知なく、これだけのF22が来るのは異例。北朝鮮シフトの一つではないか」と語った。在日米軍司令部は「予定していた訓練が目的で、22日まで滞在する」と説明している。F16戦闘機も15機程度飛来するという。

     米海軍はすでに原子力空母ジョン・C・ステニスを米本土から東アジア周辺海域に派遣。米海軍横須賀基地を母港とする原子力空母ロナルド・レーガンと合わせ、東アジアに空母2隻を展開している。【村尾哲】


    by akikomichi | 2016-01-22 08:38 | 日記 | Comments(0)



     【シンガポール=吉村英輝】ベトナム共産党は21日、首都ハノイで第12回党大会の開幕式典を開き、最高指導者のグエン・フー・チョン書記長(71)は、南シナ海の領有権で衝突する中国を念頭に「主権と領有権を守るため断固として戦っていく」との姿勢をアピールした。

     今大会で再任が濃厚のチョン氏は「経済構造を改革し、工業化と近代化を強化する」と述べたうえ、悪化が指摘される汚職問題克服の必要性も認めた。

     一方、式典で議長を務めたグエン・タン・ズン首相(66)は、党内で書記長に次ぐ権力を握り、南シナ海問題で対中関係が悪化するなか、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加を決めるなど、米国との関係強化と経済改革を進めてきた。だが、規定に従い大会終了後に指導部から外れるとみられ、同じ派閥内の若手が指導部入りできるかが注目される。

    広告

    関連ニュース


    by akikomichi | 2016-01-22 07:07 | 日記 | Comments(0)

    もっと、本気で対応しなくてはいけないであろうに、核拡散を進めているのは中国ではないのか。

    日本にとってははた迷惑な話ばかりであるが、ここにきて、核保有の必要性に迫られているのは、日本であるのかもしれないと、改めて自覚する時期に来ている。

    いやがおうにも、隣国があてにならない今だからこそ、現実味を帯びている。

    中国が本気で核拡散を止めたいならば、北を止めるのは中国の仕事である。核を持っていない隣国が、持たなくてはならないようにさせたくないならば、中国は本気で取り組まなければ、世界は納得しない。

    反原発を唱えている人たちは、核の脅威に晒されている自分たちの現実を見てから、判断していくべきである。

    唱えるだけでは、平和などない。

    東日本大震災の隣国の動きで、日本はいやいやがおうにも、現実をまざまざとみせつけられた。

    ここぞとばかりに、攻めてくる隣国があるのならば、なおさら、ごまかしはきかない。まず自衛を固めてからの、平和友好関係である。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


    【ワシントン共同】4回目の核実験を実施した北朝鮮に対する国連安全保障理事会の追加制裁決議草案として、オバマ米政権が北朝鮮への石油輸出禁止や北朝鮮産鉱物資源の輸入禁止、北朝鮮唯一の航空会社、高麗航空の領空通過拒否を中国など関係国に打診していたことが21日分かった。外交筋が明らかにした。

     いずれも北朝鮮と国境を接し、最大の貿易相手国である中国の行動が不可欠な措置。北朝鮮だけでなく、同国への影響力行使に及び腰の中国に圧力をかける狙いがある。

     日本政府は「厳しい制裁が必要だとする日本側の意向が反映されている」(外務省幹部)と支持している。



    by akikomichi | 2016-01-22 06:38 | 日記

    ななし

    伍長とはなまえがないのかかきしるすこんきょをのべよ後出し手記者
    by akikomichi | 2016-01-22 00:40 | 短歌 | Comments(0)