人気ブログランキング |

解放

解放は 組織をばらし 役得も 土地も 職さえ奪われし自由
by akikomichi | 2014-07-04 23:29 | 短歌 | Comments(0)

囲いこむ

寺社町のかごめかごめで囲いこむ 夜明けの晩の後ろの正面
by akikomichi | 2014-07-04 23:25 | 短歌 | Comments(0)

弾左衛門

浅草の弾左衛門の書を読みし 寺に囲まれていたもののことをしり


by akikomichi | 2014-07-04 23:21 | 短歌 | Comments(0)

自民、公明両党は4日、北朝鮮による拉致被害者やその家族が帰国した場合の新たな支援策の概要をまとめた。60歳以上の本人や配偶者を対象に、老後の所得を補完する恒久的な給付金を創設するのが柱。議員立法で秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。

 支援策の概要によると、60歳以上の被害者本人らに給付金を支給するほか、帰国時に65歳以上の本人には、給付金に加え、帰国するまで受け取れなかった国民年金相当額も一括支給。配偶者が外国人の場合には、本人の死亡後、「配偶者支援金」の支給も検討する。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

何を寝言を言っているのだろうか。

これでは、北朝鮮に対して何も制裁にならない。

長い間、家族を引き離し、拉致した償いをするのはあくまでも「北朝鮮」でなければならないのであって、日本ではない。



by akikomichi | 2014-07-04 23:07 | 日記 | Comments(0)

地球から3000光年かなたで二つの恒星がペアになって互いに回り合っている「連星系」に、地球と重さや太陽に当たる主星との位置関係が酷似した惑星があることを、名古屋大太陽地球環境研究所の阿部文雄准教授(宇宙物理学)らのグループが発見した。連星系で惑星が見つかるのは珍しいという。3日付の米科学誌「サイエンス」で発表した。
 星が一直線に並んだ際、中間に位置する星が自らの重力がつくり出すレンズ効果によって光を増す「重力マイクロレンズ現象」を用いて観測。今後、この技術で地球に似た星がさらに見つかる可能性がある。
 今回は、同研究所が観測装置を置くニュージーランドの天文台から、銀河系の中心部にある星を光源に定め、その間を通る星を観測。昨年4月、連星系のうちの片方を主星とする惑星が見つかった。主星との距離は、地球と太陽との距離とほぼ同じで、重さは地球の2倍近くという。主星から発せられる熱が弱いため表面温度はマイナス210度程度で、生命体の存在は期待できないという。
 阿部准教授は「今後も太陽系以外にある地球に似た惑星を探し、惑星の形成過程や生命体が存在する可能性を探査するきっかけをつくりたい」としている。
 (中日新聞)
by akikomichi | 2014-07-04 11:08 | 日記 | Comments(0)