人気ブログランキング |

「万全の体制」

海上配備型迎撃ミサイル(SM3)搭載のイージス艦3隻を洋上に配し、地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)を沖縄県内と首都圏の計7カ所に配備した防衛省・自衛隊。11日はミサイルを追尾・迎撃するためのシステムチェックや訓練で「万全の態勢」(幹部)を整え、航空機も投入して情報収集や周辺海域の監視を続けた。米軍もイージス艦や海上配備型の早期警戒レーダーを展開している。

 東京・市ケ谷の防衛省ではこの日、制服組トップの岩崎茂統合幕僚長が、先月就任したロックリア米太平洋軍司令官と会談。グラウンドに設置された2基のPAC3の発射機を視察した。岩崎統合幕僚長は「北朝鮮関連の情報や米軍の配置についていい意見交換ができた」と語った。

 一方、海上保安庁は11日、長官を本部長とする対策本部を設置。沖縄県の石垣島近辺などの海上に巡視船を配備し、発射後は落下物で漁船などが被害を受けていないか航空機も出動させてパトロールする。国土交通省航空局は全国4カ所の航空交通管制部を通じ、ミサイルが飛来する方角などの情報を飛行中の航空機に伝える。

 水産庁は落下危険区域の周知と注意喚起を実施。操業の自粛などは求めないが、発射されれば、航跡周辺海域にいる漁船の安否を確認する方針だ。

 警察庁も対策本部を設け、情報収集や警戒活動を強化した。沖縄の石垣、宮古両島にNBC(核・生物・化学)部隊を投入。ミサイルが地上に落ちた場合に毒物の検知作業を行う。また県内全域に機動隊などを配置した。【鈴木泰広、桐野耕一、神足俊輔、村上尊一】

毎日〜〜〜〜〜


藤村修官房長官は11日、首相官邸でロックリア米太平洋軍司令官と会談し、北朝鮮が予告した事実上のミサイル発射について、日米両国が緊密に連携して対応していくことを確認した。 


時事〜〜〜〜〜〜
by akikomichi | 2012-04-11 21:18 | 日記 | Comments(0)

 山口壮外務副大臣は11日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた「竹島問題の早期解決を求める東京集会」に出席し、「韓国政府による竹島での構築物の建設など、一連の措置に対して譲ることはできない」と述べ、韓国政府の対応を批判した。

 集会は、「竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議」と超党派の議員連盟が主催し、国会議員約50人が出席した。同県民会議が主催する式典に、政府関係者が出席したのは初めてで、長島昭久首相補佐官も出席した。

 集会では、竹島問題を国際司法裁判所に提訴して問題解決につなげることなどを求めた特別決議を採択した。

〜〜〜〜〜〜〜

ぜひとも、韓国による国際法違反の不法占拠を許すことなく、がんばって日本の領土竹島を守り通してもらいたい。

また、日本海に関しても、韓国の不当な要求は通用しないということを知らしめ、日本海を守ってほしい。
by akikomichi | 2012-04-11 21:00 | 日記 | Comments(0)

「ウオッチコン」

 【ソウル=中川孝之】米韓両軍は11日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルへの液体燃料注入など、12日にも発射を強行する構えを示したことを受け、本格的な監視態勢に入った。

 韓国軍関係者によると、米韓連合軍は「ウオッチコン」と呼ばれる5段階の対北監視態勢を現行の3から2に格上げ。聯合ニュースは、在日米軍に配備中の米軍偵察機が黄海上空に向かい、監視を強化していると報じた。

 韓国軍も、イージス艦や駆逐艦など8隻を黄海に派遣、ミサイル追跡などを準備している。韓国南西部・全羅北道沖に、1段目ブースターなどが予定通り落下した場合、韓国海軍が回収を試みるという。

読売〜〜〜〜〜〜
by akikomichi | 2012-04-11 20:56 | 日記 | Comments(0)

「ヒドラジン」

 北朝鮮が「人工衛星」と称する弾道ミサイルの発射予告期間があす12日に迫った。

 防衛省と警察庁は核・生物・化学(NBC)兵器に対応する部隊を沖縄に派遣したが、これは、11日にミサイルへの注入が明らかにされた液体燃料の毒性が強いとみられるためだ。防衛省は、落下して危害が及ぶ可能性は極めて低いが、万一に備えるとしている。

 北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射に使うとみられるのは、「ヒドラジン」と呼ばれる液体燃料。製造や保存がたやすく、安定性も高いが、皮膚や目に付着すると激しいやけどを引き起こし、気化したガスを大量に吸うと神経系が侵され、死に至る恐れもあるという。

 旧防衛庁技術研究本部第三研究所の久保田浪之介元所長によると、北朝鮮が2009年に発射したミサイルの燃料はヒドラジンとみられ、今回もこの燃料が使われる可能性が高い。久保田元所長は「仮に燃料タンクやヒドラジンが付着した部品が地上に落ちると、半径数キロに有毒ガスが漂う可能性がある」と話す。

YOMIURI ONLINE 〜〜〜〜〜

迷惑なことである。
by akikomichi | 2012-04-11 20:48 | 日記 | Comments(0)

ねつすぎて

ねつすぎて いのうけつけずよこになり とまとをかじる したたるたねあり
by akikomichi | 2012-04-11 19:33 | 短歌 | Comments(0)

日米外相:「北朝鮮ミサイル発射なら安保理対応」で一致
毎日新聞 2012年04月11日 11時02分(最終更新 04月11日 11時44分)


会談後に会見を行う玄葉光一郎外相(左)とヒラリー・クリントン米国務長官=ロイター
 【ワシントン横田愛】訪米中の玄葉光一郎外相は10日午後(日本時間11日未明)、ワシントンの米国務省でクリントン国務長官と約55分間会談した。両氏は、北朝鮮が「衛星」と称する長距離弾道ミサイルの発射を強行した場合、明白な国連安全保障理事会決議違反だとして、日米が連携して安保理を含む国際社会で適切に対応することで一致した。安保理での非難決議の採択や議長声明を念頭にしたものとみられる。

〜〜〜〜〜〜〜

 【ワシントン=山田哲朗】北朝鮮のミサイル発射施設公開に参加した米専門家ジェームズ・オバーグ氏は9日、米NBCテレビのウェブサイトで、北朝鮮側が示した「人工衛星」について「軌道に乗るかは非常に疑問だ。乗ったとしても(衛星として)機能するかどうか非常に疑わしい」と述べ、失敗に終わる可能性があるとの見方を示した。

 オバーグ氏は米航空宇宙局(NASA)の元技術者で、同テレビ取材チームに同行し、専門家として発射施設を視察した。

 同氏は、宇宙で過酷な環境にさらされる精密機器の衛星はチリがつかない「クリーンルーム」に保管されるのが当然と考えていたが、むきだしの姿で報道陣の前に置かれていたことに「非常な驚き」を表明。「私は3歩進んで指でつつくこともできた。我々は長旅でほこりをかぶってきたのに彼らは衛星を保護すらしていなかった」とし、同氏が何度も「実物大の模型ではないのか」と確認したが、北朝鮮側は「本物です」と応じたことを明かした。

読売〜〜〜〜〜〜〜
by akikomichi | 2012-04-11 12:09 | 日記 | Comments(0)

日本海

海の上 みまもるものあり 日本海 とぶ わこうどの飛行機雲かな
by akikomichi | 2012-04-11 10:53 | Comments(0)

熱みちて汗かきぬれて眠る日に ただ 雨が降る 雨が降るなり
by akikomichi | 2012-04-11 10:46 | 短歌 | Comments(0)