人気ブログランキング |

坂本繁二郎の生家

坂本繁二郎の生家の茅葺の補修をさせてもらった。

谷の部分を重点的に、棟の杉皮が抜け落ちていたところも差して。

谷は、ところどころ、杉皮を挟んで、強度を増して。

雨風で、殺がれた面を、元のふくらみに戻して。

我々は、屋根を修復していく。

素晴らしい屋根とその内部も拝見した。

茅葺の屋根裏が見られるように外した天井を見上げた。

内も外もいい具合で、まだまだ、生きながらえてくれるいいお屋根である。

ぐるりと中を拝見させてもらい、繁二郎の描いた淡いトーンの馬やリンゴの絵、それから繁二郎の父上が描いた戊辰戦争の襖絵の上に落書きした青木繁の鯨のようなもののレプリカもあった。

そこで暮らした人の気配を感じるような、もの静かな美しい家であった。

by akikomichi | 2020-03-06 20:37 | 詩小説 | Comments(0)