人気ブログランキング |

「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」

「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」を久しぶりに聞いた。

映画が衝撃的であったため、釘付けになったことを思い出した。

唐突に出てくる馬に乗ったCyrano de Bergeracをした俳優、便器を積んだトラック、湖?のようなところでのまぐわい、バイセクシャルの美しい男、少年のような痩せこけた女。

愛とは何かよくわからなくなるような、ただなんだかわからずに惹かれあうことだけが、すべてのようで、過激で心がざわざわしたのを思い出した。

アブ/ノーマルを行ったり来たりするような、喘ぎ声が耳について離れないような夢魔、垣根を超えた間の空いたある愛の行為、あるいは歌を、ゲンズブールは表現したかったのだと思う。

なぜか、ジェーン・バーキンが日本に来ていたのだったか、ゲンズブールの手帳を何かの番組であげるという企画があったのを偶然見たのを思い出した。

ボロボロの黒い手帳だった気がする。

ゲンズブールの思い出のようなものをそんなに簡単に手放すのか、と愕然としたのも思い出した。

それにしても、あの手帳には、何が書いてあったのだろうか。


https://youtu.be/Yddh50o2Q5M

どちらかというと、ギャルかな。
頑張れ、歌つくりと歌うたい。









by akikomichi | 2018-11-16 20:10 | 詩小説 | Comments(0)