タグ:詩小説 ( 231 ) タグの人気記事

暗闇の中
廊下を右足を引きずりながら歩いて転倒した父

右足と右手から転がった
右半身不随の父

転倒・つまずきの可能性あるところ
足元・手元注意

と言う文言を
一日の注意事項として毎日書き続ける現場の中

父の現場において
一日の注意事項が暗闇の中つまずいた

あと一年は生きるか否か
父は電話の向こうの暗闇で笑いながら言う

あなたは暗闇でもつまずいても
笑いながら生きてきたのだから

その暗闇の重みに耐えられるように
転倒・つまずきには注意


[PR]
by akikomichi | 2017-06-07 22:22 | 詩小説 | Comments(0)

沢蟹の横歩き

雨の中 
杉皮の作業を終えて 
休み中
沢蟹 足元 横歩き 
両手鋏のこの蟹の
触覚のような目ん玉の
こちらを向いて横歩き
杉皮切った鋏ほど
でかくはないがなかなかの
挟み具合の鋏もち
さわさわ 目の前 横歩き
雨つぶ 避けて 横歩き
沢蟹と目が逢うたのだ
雨の中  






[PR]
by akikomichi | 2017-06-07 21:37 | 詩小説 | Comments(0)

骨と肉体

骨になる前に肉体を動かしていく方が良い
骨だけでは動けなかったものが
動き回れるようになったのは肉を持ったからでもあり
動き回るばねを持つ肉こそが骨を守り続けていたのだ
それでも
聞く耳をもたず
骨になるまで嘆くものよ
あなたもそろそろ嘆き疲れはてたであろうが
最後まで
骨の髄が空になるまで
骨になるまでカラカラと嘆き続けるのだろうが
骨はもう自らの意思で動きはしまい
ただそこで掘り起こされるのを待っているだけなのだ

[PR]
by akikomichi | 2017-06-05 16:55 | 詩小説 | Comments(0)

竜巻のような

煙風巻きあげ渦巻き舞い上がる 
竜巻のようなものを見たまひる
鳶が丘の上を舞いながら渦を巻いていた
皆がめを回すような
めくるめくまひるの暑さだ

[PR]
by akikomichi | 2017-06-04 20:59 | 詩小説 | Comments(0)

七島藺(シチトウイ)

七島藺(シチトウイ)は庶民のものであったという
今は行き渡るほどなく貴重なものになったという
七島というのはトカラ列島のことだという
藺草(イグサ)の仲間ではあるが
柔道の畳にも使われるほど丈夫であるという
比較的暖かい場所で育つもので
沖縄などではマングローブの近くにも生えているという
暑い日差しにさらされて
強度を持つようになったのだろうか
寒いところの木々草々は美しくするりと偲びながら立っているような
暖かいところの木々草々は伸びやかにゆるりと立っているが強靭な図太さがあるような

[PR]
by akikomichi | 2017-06-01 22:44 | 詩小説 | Comments(0)

ささ葺きの家

ささ葺きの家があるという
ささで葺くということを
知らなかった
茅 よしに限らず
いろいろな素材を葺くことで
いい塩梅のところを手探りしながら
今の形になっていったのであろうことが
想像できる


[PR]
by akikomichi | 2017-05-31 22:05 | 詩小説 | Comments(0)

柿渋

丘の上
柿渋を木肌に馴染ませ
大工さんが刷毛で塗る
柿渋の一番渋と二番渋
色の違いはあろうとも
同じ生青い柿から絞り出された汁
発酵されて馴染んでいくのは
青く渋い時に包まれたものだ


 

[PR]
by akikomichi | 2017-05-30 21:35 | 詩小説 | Comments(0)

「けらば」

道すがら
けらばが気になってしょうがない
どのうちの屋根を見ても
けらばを探している
さいきんけらばに目が行くようになった
屋根はもちろんだが
細部を確認したくなるようになったのは
けらばとは何かを探しているからである
屋根とは何かを探していると
けら場とは何かに突き当る
いずれ全てに及んでくるとは思うが
今は屋根からけらばへ続いている流れが知りたい



[PR]
by akikomichi | 2017-05-26 20:55 | 詩小説 | Comments(0)

「霧の道」

夜に出かけることはほとんど無いのだが
今日は用事があり
山の麓まで行く

最初 
誰かの亡霊かと思った
ゆらゆらと蠢めくものが近づいてきた

前が見えなくなった
柔らかい霧が漂うていた
雲の上に住んで漂うているような日々のただ中

山の裾野まで霧衣が
雨と風にあおられてゆらゆらしていた
山の道は霧の道


[PR]
by akikomichi | 2017-05-24 21:59 | 詩小説 | Comments(0)

地下たびと花火と


地下たびを取り替えに無法松に行き
教えていただいた川沿いの温泉につかり
その帰り道
日田の花火が上がるのを見た
1年ほど前にも見た
福島の花火を思い出した
あの時は鍵を探している人と
津波にのまれた木々と出会ったのは
たびの途中のことだった
時間は花火よりも早く散り散りになり
瞬きしている間に
すっと暗闇に消えていくが
山の暗闇にも慣れて
怖いものなどなくなったように
ひょっこり現れた
タヌキに出会うように
偶然に感謝して
坂道を登り詰めたところで
生き延びていくのだ


[PR]
by akikomichi | 2017-05-21 22:29 | 詩小説 | Comments(0)