ひたすら

道の上 日差し交り 雪濡れて 寒かろうとも 倅ひたすら 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-08 10:57 | 短歌 | Comments(0)

茅葺〜沖縄〜

この当時、茅葺屋根と軒瓦の融合があった。

それまでの沖縄の統治者は瓦を庶民が使うのを許していなかったという。
家の形も決められていたということは自由な琉球とは言い切れない過去があったということ。
声高に琉球独立などというものがいるが、そこに自由があるのかと問われたら、何かしらの制限が出てくる可能性があるということにも、思い至るが。

何より、茅葺はそこにあるもので作り上げていく生活の拠点であり、そこにいる人を雨風日差しから守ってくれるものであったのは、琉球に限らず、日本全国に限らず、世界中のことであることを、今後とも探していきたいと思う。



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 22:09 | 日記 | Comments(0)

どうしてもやりたいことをやればいい 子供達にはそう生きてほしい
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 21:41 | 短歌 | Comments(0)

子供そっちのけ

偽りの保護者侵入盗聴し 食扶持にする 子供そっちのけ
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 20:55 | 短歌 | Comments(0)

願掛け

願掛けの参り道なり陽が昇り 石段登り 鈴の音鳴り 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 17:54 | 短歌 | Comments(0)


我那覇さんにからみつき罵るのはやめるべきである。
公平な放送が遵守されるとは思えない言動は慎むべきである。


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 17:30 | 日記 | Comments(0)

「蝶よ蛾よ」

窓のすぐ近くのカーテンにいたセミのような蛾。

あれは、ひぐらしに寄生するというセミヤドリガだったのだろうか。

セミのようでセミではない、卵から幼虫、蛹、成虫へと完全変態を遂げた、セミの抜け殻ではなくセミそのものを取り込んだもの。

あるいは、飼われていたカイコガが、奇跡のように煮られることなく、吐いた絹の繭を身ぐるみ剥がされることなく、自分で繭の殻をつきやぶり、這い出てきて、そこにいたのだろうか。

友達が死んだのは、三年前のことだった。

彼女は黄色い羽の生えた蝶々のような着物を着て、花に囲まれて、棺の中に眠っていた。

彼女は美しいものに囲まれて暮らそうとしていた。

美しいピアノ、美しいヴァイオリン、美しいレンガの門のある庭、美しい薔薇の似合う花壇、それから、美しい整えられた顔と所作と着物と。

人が作り上げてきた美しいものたちに囲まれて、彼女は暮らそうとしていた。


彼女は、今、この世にはいないのだが、時々、黄色い蝶々を見つけると、彼女のことを思い出す。

いや、彼女のことを思い出している時に、黄色い蝶々が飛んでいることがあった。

プシュケーは魂で、天使で、蝶々のようなものの象徴とユングは言っていたが、彼女の魂がもしあるとするならば、そういう軽やかな化身であってほしいと思うが。


蛾は、さすれば、現生の私の魂のようなものかもしれないと思う。

かき集めた茅をまとったミノムシのように、この世にぶら下がったままの魂は、今、春に吹かれているところ。


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 16:57 | 詩小説 | Comments(0)

試験前

試験前 振り切ったもの 出し切ったものを見るだけ 書くだけである
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 11:11 | 短歌 | Comments(0)

剣道の

剣道の試合の前の身震いの先に行くのだ そのばねのかぎり
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 09:53 | 短歌 | Comments(0)

幼稚園保育園は公立が少ない点が、今回の土地の売買における原因でもある。

公立においては行政が責任を持ってことにあたるが、私立においては、その交渉をするのはあくまでも代表となり、少しでも有利に事を進めることがより良い経営につながってくるので、無駄をなくす一方で、政治力を借りてでも無理をしていくようになるわけである。

そういった傾向を踏まえて、私立も公立と同じように土地を国が責任を持ってある程度負担を軽減できるようなシステムにすることで、幼稚園も保育園も人のニーズに合うようなものができあがってくる可能性はある。

例えば、国有地を安く手に入れた法人は、保育の充実に手が回りやすくなる事を見越して、保育園の機能も付随したものにする条件を付けるなど、幼稚園と保育園の中間に位置するフレキシブルなものにすることなどを盛り込んだ、子供や親の真の手助けになるものにすることに、議論を移行するべきである。

無責任な報道や言論人よりも国民に直接影響のある法律を作るという責任がある、国会議員がしなくで誰がやるのか。

まずは幼稚園、保育園を確保する法律の整備を急いでするのが、全国会議員の仕事である。

騒ぎ立てることに夢中になっていると、つけは子供達やその家族にやってくるので、馬鹿な争いはやめて、早急に保育園確保に全力を傾けて成し遂げるべきである。

騒ぎ立てるだけの国会議員の給料が、まずもって無駄なのであり、その無駄な給料分を国有地を使って保育園にしていく方がよっぽど建設的である。






[PR]
# by akikomichi | 2017-03-04 22:09 | 日記 | Comments(0)

ひいな遊び

紙人形 藁人形に草人形 川に流して ひいな遊びて 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-03 23:28 | 短歌 | Comments(0)

引越しの用意

引越しの用意もあとは時間との兼ね合いとなり 心待ちつつ 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-03 23:18 | 短歌 | Comments(0)

テレビだけ見ている人にはそこが見えないこともあり、恐ろしい世の中である。
物事の見方もこれほど視点を変えると違って見えるということ。

日田出身という筑紫哲也はメディアリテラシーについて、言及していた。
何が本当かを見る目を養ってほしい。
言われていることは本当か。常に疑う目をもてと。

ニュースとは切り取っていることを前提に、そこにある意図をも見越していくべきことであるという、報道の顔のようなものがいうからには、かなり切実な問題が日常茶飯事であったのではないであろうか。

何より、彼がなくなる前に言ったという、「日本は無くなるかもしれない」
という言葉が今も引っかかり続けている。

その後の東日本大震災時前後の尖閣諸島に対する中国の挙動を見て、現実のものと認識できた若い世代は、テレビしか見ない世代とは違うので、メディアリテラシーを育てていけるようになってきたと思われる。
テレビや新聞でオウムのように繰り言をいう時には気をつけること。
言われたままを鵜呑みにしないこと。を身につけてほしい。見せかけのものを見抜く力を身につけてほしい。と強く思う。

彼は、それこそ(宗教の)オウム事件などで数々の問題があり、テレビは死んだというようなことを実感させた張本人であったが、極左のようでいて、日田の古き良きものを残そうと手を尽くそうとしたところを見ると、その故郷を愛していたと思われ、なくなる前に日本が危ないことを伝えたのではないかと最後の良心のようなものを見たと、今は思っている。

以下参考まで。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小沢一郎は政党助成金ほしさに山本太郎と手を組んで、

小沢一郎と山本太郎となかまたち
というラノベみたいな政党名に変更しました。

昨年の参院選で小沢の手下が当選したことで
山本太郎無しでも政党要件を満たすことができたため
小沢一郎は政党名を自由党に変更しました。

そんな国賊議員の集合体というよりもはや掃き溜め政党の自由党の山本太郎が
国会できちんとトリミングして使えるように
露骨にテレビ向けに意識して森友学園の件を
「アッキード事件」と国会で叫んでいました。

森友学園ネタではどう考えても安倍首相が口利きをしたとか
そういう証拠は一切出ませんので
名前だけを広げる事でさらなる印象操作を狙ったものでしょう。
山本太郎が考えついたものとはとても思えません。

山本太郎ではロッキード事件なんてまるで知らないでしょうしね。

もっと最近の不祥事をもじればいいのに。
西松事件とか陸山会事件とか佐川事件とか・・・あ、全部小沢一郎に飛び火するわ。


森友学園ネタは簡単にまとめる事ができます。


・3メートルの範囲でゴミを取り除いたら下からさらにゴミが出て来た。

・森友学園は近畿財務局に調査を要求

・近畿財務局は調査には予算付けが必要なので平成29年度になると説明

・森友学園側は「それなら賠償問題になりますよね」と返す。

・賠償問題を避けたかった近畿財務局が土地の算定基準に直接指示を出して大幅減額


籠池理事長サイドはそれまでは政治家に便宜を図って貰おうとしたり
勝手に安倍首相の名前を使って寄付を集めたりと
ろくでもないことをやっています。

鴻池議員の言うとおり「そんなん潰れてええ」と思います。

近畿財務局はお役所の慣例どおり
「自分の時にトラブルを起こして天下りや出世に影響が出ては困る」
ということでトラブルを避けるために「どうせ俺の土地じゃないし」と
土地の売却価格を大幅に追加減額しました。
というだけの話でしかないようです。


先週号の週刊ポストに面白い記事がありました。
ポストの記者が籠池理事長夫妻に取材をしたところ、籠池夫妻の部屋に招かれました。
そこで園児達が皇太子殿下と一緒になっている写真があり、
ポストの記者が「皇太子殿下もいらしたんですか?」と質問したところ
籠池氏は「ええ、まぁ」などと適当な事を言って
当初は塚本幼稚園に来たかのように思わせようとしていたものの
さらにつっこむと実は全く別の場所でのイベントで
児童達と皇太子殿下を撮ったものだったそうです。

思想の右左に関係無く、森友学園の理事長夫婦は人間として問題を感じます。

繰り返し拒否をする昭恵夫人に対しても
講演に呼んだ場で聴衆の前で名誉校長だと勝手に紹介して
強引に引き受けさせた経緯もありますし、
松原仁がどうたら辻元清美がどうたらという話ではないでしょう。

まして松原仁なんてカス議員には全く影響力がありません。
彼は口だけで実際の行動は何もしないどころか
大臣ポストほしさに人権擁護法案を容認する程度の人物で、
保守系の人達を呆れさせ続けて来たのですから。

松原仁事務所の言い訳はいつも
「今はまだ人数が足りない。いま仲間を集めている最中だ」
です。
こうして民主党政権になる前からずっと
民主党の売国政策とぶつからないように逃げ回ってきました。

20年近く議員を続けて来て言い訳はずっと同じ。
そして選挙の応援ほしさに日教組議員などを応援して回っているのが現実です。

おっと、話が逸れました。

森友学園の件は賠償問題になって経歴に味噌がつくのを嫌った近畿財務局が
再査定を入れずに査定内容を変更した。
というだけのことです。
問題の根っこはここにしかなく、
余計なところは話を拡散させるほどマスゴミやパヨクの狙う
「国会審議の妨害、共謀罪審議の妨害」
を手伝うことになるのではないかと思います。



さて、有田芳生がこんなツイートをしました。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/836860080150691841
有田芳生@aritayoshifu
有田芳生さんが救う会神奈川 広報アソシエートをリツイートしました
訪朝して写真を入手したと断言した西岡力「救う会」会長の発言は事実無根。根拠を示していただきたい。



昨年の選挙に必死だった有田が売名のために
北朝鮮から渡されていたと思われるウンギョンさんの写真を
週刊誌やテレビなどに徹底的に売り込んでいた件で、
その写真は横田さん夫妻からは有田に渡していないと、
拉致被害者家族会が正式に発表。

こうなると北朝鮮からしか入手ルートがないはずなので
西岡力氏はその点に言及しました。

これに有田芳生は顔を真っ赤にして誤魔化しにかかっていたわけですが、
まさか今年になっても同じ事をわざわざツイートしてくるとは、
西岡力氏の指摘は図星だったと白状しているようなものです。
まだ自分が北朝鮮のパシリだとバレてないとでも思っているのでしょう。

みなさんも特定有田が演説してたりしたら
「すごい写真でしたね!あの写真はどこから入手したんですか?」
と笑顔で質問してあげましょう。
聞こえないふりをしたりしてごまかそうとします。


もうひとつ週刊誌からネタを拾います。

ニューズウィークの記事で
建設業の労働者の45%、農業労働者の30%近くが不法移民によって賄われている。
不法移民がいなくなるとこれらの業種に悪影響が出る!
というようなものがありました。

なにも不思議な事ではなく、
大統領選挙の最中もこうした主張がいくつか見られました。

メキシコからの不法移民がアメリカの経済を支えているのだ。
トランプはその現実を知らないのだ!

みたいな感じです。

米国の経営者にとってみれば
法的にきちんと一般の米国人と同じく保護されている合法移民では
奴隷状態にして使い捨てにはできません。

その点不法移民は経営者がその生殺与奪を握っているので奴隷状態にしやすいですから、
米国の意識高い系の頭の悪い人達をちょっと煽って
ポリティカル・コレクトネスを悪用して
不法移民に文句を付けることを弾圧させて
不法移民を次から次へと使い捨てにする美味しい経営のできあがり・・と。
そして人件費が不法移民に比べて確実に割高になる真っ当な米国人の一部は
不法移民に仕事を奪われてきたのです。

だからこそ、不法移民は認めないというトランプ大統領の
当たり前の主張、当たり前の政策が米国民から支持されているのだと思います。


締めは沖縄タイムス(共同の配信記事ですけど)から。

【共謀罪、実行前の自首で刑減免 法案の全容判明、論戦本格化へ】
 共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の全容が27日、関係者への取材で明らかになった。犯罪実行前に自首した場合は刑を減免する規定を盛り込み、重大犯罪で共謀した場合の法定刑は「5年以下の懲役・禁錮」と定めた。既に判明している「組織的犯罪集団」への適用対象限定や、現場の下見など「準備行為」の要件も規定している。

 減免規定には、弁護士らから「密告を奨励する」との批判が出ている。改正案の詳細が明らかになったことで、国会の審議はさらに激しさを増しそうだ。(共同通信)
(2017/2/28 沖縄タイムス)


テロ行為について未然に防ぐために内部からのたれ込みを奨励する事が悪い事らしいです。


マスゴミはこうした自分達の主張が受け入れられていないこと現実を認めた方がよいでしょう。

特定秘密については内部から情報が盗みにくくなるからと反対していた口で
テロ情報については漏れやすくなっては困るというあたりは流石です。



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-03 08:23 | 日記 | Comments(0)

地震



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-02 23:57 | 日記 | Comments(0)

穏やかに暮らす人あり

穏やかに暮らす人あり 人と会い その完結を解かれることあり
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-02 22:33 | 短歌 | Comments(0)


中国好きの人たちの無言は、いつもながら呆れかえる。
己はその攻撃の対象にならないとでも思っているのでしょうか。

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-02 22:29 | 日記 | Comments(0)

火をつけようと必死な自作自演の指摘もあり マスメディアの煽りには特に気をつけるべきである。

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-01 19:25 | 日記 | Comments(0)

宮崎滔天の夢は儚く散りて
玄洋社記念館にあった孫文の書も何処にか行かん
日本に助けを求めしものをかくまいし者たちへの
答えとは冷めた仕打ちであったとは
みようとはせず知らぬふり
漢の文をば捨てたとはいえず
息衝きあるものを
生かしてあるだけのことであれ

大東亜戦争時のその後の
東日本大震災時
執拗に尖閣狙った中国のものには
だまりこむばかり
売国奴には呆れ果て
信用できず
何もせず開け渡せばいいというものたちの
気色の悪いものたちの
信用できず

その言葉その行動は売国の徒であるとしか思われず
日本のためには働かず
日本を辺境と言い張り売文書きなぐり
嬉々とし頭を垂れ続けておれば良いなど言いはなち
その心根のあさましき
杖を振りつつ
忙しくしているだけの亡国の徒とは
いかにもあさましき





[PR]
# by akikomichi | 2017-03-01 19:19 | 詩小説 | Comments(0)

偽善者の杖

売国奴 よそに優しく うちだけを馬鹿にし振り回す 偽善者の杖
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-28 22:53 | 短歌 | Comments(0)

尖閣を守れと言って

尖閣を守れと言ってご都合が悪い人たち毒吐く毒吐く
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-28 22:38 | 短歌 | Comments(0)

回る時

回る時 回る人々 散歩道 時は巡るが回るだけ廻れ 
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-28 22:28 | 短歌 | Comments(0)

兄からの電話

兄からの電話がなんども 鳴りやまず 誰かに話しておきたいと言い
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-28 22:12 | 短歌 | Comments(0)

地震情報


どうか、おさまりますように。


[PR]
# by akikomichi | 2017-02-28 19:28 | 日記 | Comments(0)

「茅葺への道」

昨日は1日かけて、自分だけ先に仕事場近くに移住するための家を拝見しに行った。

子供達と夫は自由意志で、学びの場とも近しい方にいるということで、しばらくは行ったり来たりの家族生活となるであろうが、いずれにせよ、それぞれ自立していくものでもあるので、それが少しばかり早まったというだけであろう。

子供達への学費も生活費も賄うためのものなので、それも、含めての、それぞれの自立が必要ではあった。

彼らも自分の出来うる限りの事を自分でできるようになっていく時期に来ているということ。

家族として人として彼らのことを愛でることには変わりはないが、おそらく、自分だけ無性に寂しがることになりそうではある。
友達が近くにいることが救いであるが。

山奥に案内していただき、たどり着いたのは、茅葺の屋根に覆われたとトタンのお宅であった。

一部トタンに穴があり、時間との戦いがもう始まっていた。

井戸もかまどもあり、部屋も多すぎるくらいの立派な造りであった。

五右衛門風呂もあるということで、子供の時じいちゃんの家で入らせてもらって以来のものであり、心惹かれた。

ご先祖様のお墓も近くにあるらしく、ここに暮らしていた方々にとっては、安らぎの、安心することのできる長らく守り続けた場所であったのが、見て取れた。

川の流れも近く、昔は、木々に囲まれていたこともあり、炭焼きなども盛んであったという。

畑も、田んぼもあるので、すぐに、住める状態であったなら、すぐにでも移るであろうが、春先までに改修は困難であるのは明白で、空き家の時間が長かったことが悔やまれる、茅葺の半分眠った家であった。

こういった家を再生し、自分もそこに住むことで、また茅葺を生かしていく手立てを見つけていくことにつながるならば、自分にもできることではあるので、まずは仕事場に近いところで、それを出来うる力をつけて、ゆくゆくは、こういった時間との戦いの家にも手を入れていくということが、目の前にある、自分のできることであるという思いがますます強まってきていた。

家もどんどん年をとる。

人もまた。

時間との付き合いも、自分との付き合いも、これから、じっくりと深めていくことになりそうである。




[PR]
# by akikomichi | 2017-02-27 12:56 | 詩小説 | Comments(0)

家々の住む限界値

家々の住む限界値はかるように 山の奥まで入り行く日々
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-26 20:06 | 短歌 | Comments(0)

幼稚園保育園への充実には目もくれず 
批判ばかりで 
何も国民のためにしない民進には呆れ返る
それに乗る自称知識人も
現政権憎しのものばかりで
子供たちの施設を充実させることなど
どうでもいいようである
議論は一向に深まらず
うわっ面ばかりのものばかり
これが今までまかり通ってきたものだから
うんざりする世の中である
そもそも
保育園落ちた日本○ねと嬉々として叫んでいたものたちは
仕事がなく幼稚園に通わせるしかないものもいる昨今で
まずは仕事を探しながら預けられ
本格的にフルタイムで働けるようになると時間を延長でき
しかも
その幼稚園を時間外保育となっても保育園と同じ扱いになるような
施設にしていく必要なども視野に入れて
今ある施設を有効利用でき
その時の状況にあった働き方も模索できるような
法整備、施設整備をすることの方がより建設的であるものを
教育勅語を教えているとか
建設地の費用を安くしているとかで
終わらせるな
バランスを欠いた部分があれば是正すればいいだけのことであるにもかかわらず
ここぞとばかりに目に余る連日連夜の執拗な批判には心底うんざりする


[PR]
# by akikomichi | 2017-02-26 06:30 | 日記 | Comments(0)

国民は見ている

国民は見ている 批判ばかりのみんしんを 日本の保育など見ていない奴らを 
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-26 06:09 | 短歌 | Comments(0)

保育園作り

現政権批判するのに血眼の保育園作りもそっちのけマスゴミ
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-26 06:03 | 短歌 | Comments(0)

証明書

依頼した証明書もらいに駆けつけて ただひたすらの準備の日々なり
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-25 10:01 | 短歌 | Comments(0)

白血球

白血球増えし疲れの駆け巡り 血管抜けた血のガラス管
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-25 00:20 | 短歌 | Comments(0)