〜〜〜〜〜〜以下抜粋〜〜〜〜〜

「抱きしめたい。一部でもいいから」

上野さん宅の仏壇には、4人の遺影と骨つぼが並んでいた。今も見つからない息子・倖太郎君の骨つぼには衣服が納められている。

上野さん宅の仏壇には永吏可さん(左)と倖太郎君(右)の遺影(撮影:宮坂樹)

上野さんはこう言う。

「倖太郎に救われたと思ってるんですよ。倖太郎が見つかったら、自分も死のうと思ってましたから。今はもう『自分で命を』とは思わない。だから、もう出てきてもいいよって思うんだけど、出てきてくれないね。かくれんぼ、上手だったからねぇ…。抱きしめたいですよ。一部でもいいから」

3歳で犠牲になった倖太郎君、同じく8歳だった永吏可さん。どんな形でもいいから2人に会いたい。その気持ちは何も変わらない。

──でも、この6年間で何かは変わったのでは?

「それは周り。去年の熊本地震もそう。岩手や北海道の台風被害もそう。あれだけ警報が出て、なんで避難しないのか。あの震災が教訓として生かされてないな、って。東北で亡くなった(行方不明者を含む)2万人の命とか、自分の家族の命とかを、無駄にされてるような気がしてしょうがない。変わったのは、あの時の危機感を忘れてしまった周りだと思うんです」

この6年間の思いを語る上野さん(撮影:宮坂樹)

震災後、福島に関する報道は原発が中心だ。そのことにも違和感を覚えている。「原発ばかり注目されて、福島の津波のこと、命のことが忘れられているように思います」

家族や友人「いて当たり前ではない」

上野さん夫妻には、震災後に生まれた5歳の娘がいる。倖太郎君の「倖」、永吏可さんの「吏」、それに「生きる」の文字を取って、倖吏生(さりい)と名付けた。

生まれた時のことを上野さんはよく覚えている。震災から半年後の9月16日朝。2408グラムの小さな体だった。初めて倖吏生ちゃんを腕に抱いた時、「寂しくて」涙が止まらなかったという。

倖吏生ちゃん。この春から幼稚園の年長組になる(撮影:宮坂樹)

「一番楽しみにしてたのは、(犠牲になった)姉の永吏可だったので。『妹ができるんだ』って、いつもうれしそうに嫁さんのお腹を撫でてた。喜んでくれるはずの永吏可が、家族が、いないっていうのがね…。僕にはもう、永吏可と倖太郎の思い出が増えていかないんです。だから(みんなは)今ある幸せを大切にしてほしい。家族がいること、友人がいること。それって当たり前じゃないんでね。ありがとうって、伝えてほしい。自分のそばにいる人を大切にしてほしい。それが、命を守るってことにも繋がると思うんです」

菜の花の芽に肥料を撒く倖吏生ちゃん(撮影:宮坂樹)

新居の前の畑は、春に菜の花畑になる。「福興浜団」のメンバーたちが毎年手伝ってくれ、迷路状に花を抜いて「菜の花迷路」として開放する。取材で訪れた2月の週末、その畑では倖吏生ちゃんが菜の花に肥料を撒いていた。芽はまだ小さかった。

[写真]
撮影:宮坂樹、中野幸英ツイート


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「父はここで教えていました」。今年2月12日、東日本大震災の津波に襲われた宮城県石巻市立大川小学校で同校の教員だった父親=当時(55)=を亡くした宮城教育大3年の佐々木奏太さん(21)は県内外からの見学者に語り掛けた。犠牲者でありながら責任も問われる「教員遺族」の立場に向き合い、児童の遺族と共に教訓を伝え始めた。


 2011年3月11日、大川小では児童74人と父を含む教職員10人が犠牲になった。高台の中学校で被害を免れた佐々木さんは、「対応に追われているんだろう」と父の無事を疑わなかった。海で発見された遺体が父と判明したのは、1年4カ月後。「当時は震災で家族を亡くした遺族の1人という意識が強かった」と振り返る。


 しかし、児童の遺族が学校側を相手に訴訟を起こした14年3月以降、むしろ責任を負う側にいることを意識するようになった。「学校で子どもの命を守るのは先生で、大川小ではそれができなかった」。学校を訪れるたびに原告の遺族を見かけるが、話しかけられない。「自分も相手も傷ついてしまうかもしれない」と不安だった。


 仙台地裁判決を1カ月後に控えた16年9月。同小6年だった三男を失った石巻市の佐藤和隆さん(50)を、思い切って訪ねた。「お父さんが守らなきゃいけなかったんだよ」。厳しい言葉だったが、本音をぶつけてくれてうれしかった。学校の過失を認めた判決は、冷静に受け止められた。


 佐々木さんは16年末から、他の児童遺族らと共に、語り部活動を始めた。今年2月、東京や奈良から訪れた教員志望の大学生14人を案内。「子どもを救えず、先生はどんなに無念だったか、悔しかったか」。児童遺族の言葉に大きくうなずいた。「悲劇を繰り返したくない」の思いは同じだ。


 学習支援のボランティアや防災関係のイベントでの講演などもしている。卒業後は地元の同県南三陸町の復興に携わりたいという。佐々木さんは「これからの命のために、若い世代に震災を伝承するつなぎ役になりたい」と力を込めた。 



時事〜〜〜〜〜〜〜〜


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-11 09:20 | 日記 | Comments(0)

行くあてがない悲しみよりもミサイルで脅しまきこむ祖国にもの言え
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-10 14:46 | 短歌 | Comments(0)

卒業の時

卒業の時が来ていた 子供達 先生 保護者 それぞれの時
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-10 14:37 | 短歌 | Comments(0)



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-10 05:37 | 日記 | Comments(0)

心底薄気味悪い

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、北朝鮮が6日に同時発射した弾道ミサイル4発のうち1発について「能登半島から北に200キロメートルの日本海上に落下したと推定されている」と述べた。これまでのミサイル発射で最も日本本土に近かった可能性については明言を避けたが「極めて近いということも事実だ」と語った。

北朝鮮の7日付労働新聞が掲載した4発の弾道ミサイル同時発射の写真=共同

北朝鮮の7日付労働新聞が掲載した4発の弾道ミサイル同時発射の写真=共同

 日本政府は6日のミサイル発射直後、弾道ミサイル4発はいずれも約1千キロメートル飛行し、秋田県男鹿半島西方の約300~350キロメートルの日本海上に落下したと発表していた。菅氏は「北朝鮮の弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したのは昨年8、9月に続いて3回目で技術的信頼性が向上している」と指摘した。

 菅氏はミサイルの種類に関し、スカッドの射程を伸ばした中距離弾道ミサイル「スカッドER」と推定されると指摘。4発のミサイルが南北に80キロメートル程度の等間隔で落下したとの一部報道については「個々の具体的な情報の内容はわが国の情報収集能力が明らかになりかねないために差し控えたい」と述べるにとどめた。


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-09 20:34 | 日記 | Comments(0)

心底気持ち悪い

韓国・釜山の日本総領事館前の歩道に設置された慰安婦を象徴する「少女像」について、歩道を管理する釜山市東区は9日、像を守るための防犯カメラを設置したと発表した。東区庁内の統合管制室で像が壊されたりしないよう24時間態勢で監視するという。


 東区は「市民団体と協力し、保存に最善を尽くす」と表明した。防犯カメラは市民が寄贈したという。価格は1千万ウォン(約99万円)程度。9日は試験運用し、翌10日から本格的に使い始めるとしている。


 像をめぐっては市民団体側が昨年12月、無許可で設置を強行し、東区はいったんは撤去した。しかし、抗議が殺到し、一転して設置を容認。東区は市民団体側と保存に向けた協力も始めている。(ソウル=東岡徹)


朝日〜〜〜〜〜〜

捏造の反省のない朝日も心底気持ち悪い。

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-09 20:32 | 日記 | Comments(0)

生き残った者の使命


“生き残った者の使命”南三陸の佐藤仁町長が語る3月11日
“生き残った者の使命”南三陸の佐藤仁町長が語る3月11日
中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」では、東日本大震災の『被災地の今』をお届けしているコーナー「LOVE&HOPE~ヒューマン・ケア・プロジェクト~」を放送中。

東日本大震災から間もなく6年。3月3日(金)、宮城県南三陸町の新しいにぎわいの拠点として開業された「南三陸さんさん商店街」に金曜パーソナリティの速水健朗が訪れてきました。

3月7日(火)の放送では、防災対策庁舎で津波に遭いながらも奇跡的に助かり、町の復興をけん引し続けてきた宮城県南三陸町の佐藤仁町長へのインタビューをお届けしました。

宮城県南三陸町の佐藤仁町長(右)と、パーソナリティの速水健朗



◆あの日、奇跡的に助かった10名で誓い合った

速水「今、防災庁舎の目の前でお話を伺ってるわけですけど、2011年3月11日、町長自ら被災されたときの事は明確に覚えてますか?」

佐藤町長「それはもう忘れられないですよ。目の前にある防災庁舎は、大体12メートルの高さがあるんですが、津波が屋上まで来たんですよ。43人が犠牲になり、アンテナに登っていた職員2人が助かって、それから我々8人は階段に流されて助かった。ただ、そこからがまた大変で、頭から水をかぶって屋上に居たら、雪が降ってくる、風は吹いてくる、ずぶ濡れだし寒くて寒くてしょうがなくて……、でもどこにも逃げようがない、避難しようがないのであそこに居るしかない状況で。小さい頃に津波の2回目3回目は1回目よりも大きいのがやってくるって教えられていたんです。だからあの屋上で津波をかぶって、どこに逃げるのかというと、あのアンテナしかないんですよ」

速水「あの屋上よりも上ということですよね?」

佐藤町長「そう。とにかく上に逃げました。あのアンテナ、太いのと細いのがあるんですけど、手前の太いアンテナに7人登って、細いほうに3人登ったんですよ。今登れって言われたって登れない。アンテナは登るように出来てないので、それに足をかけて上がっていくんだけど、もうみんな血だらけ。それでもとにかく上がって、あそこに4回登りました。……で、助かるときっていうのはいろんな奇跡や偶然が重なるもので、アンテナに登っていた職員の1人が喫煙者で、胸のポケットにタバコとライターがあって、それが活きたんです。朝まであそこで過ごせたのは、流れ着いた木材などにそのライターで火をつけて暖を取ることができた……」

速水「そこで朝まで過ごさなければいけない状況だったんですか?」

佐藤町長「だって降りられない。朝まで津波が来てましたから、ずっと……」

速水「そのライターの火が唯一の……」

佐藤町長「そうそう。お医者さんにも言われましたが、『もしあのときライターが使えていなかったら低体温症で死んでた』と」

速水「とにかく寒いですよね……」

佐藤町長「寒いっていう言葉では言い表せないくらい。例えるなら水風呂に入ってそのまんま雪山に居るのと同じ」

速水「それだけの状態から、“町を作るんだ!”という(気持ちになる)のは、ちょっと想像がつかないですね」

佐藤町長「それは私も同じ。あの防災庁舎にひと晩居たとき、“この潰れた町をどうやって立て直すの?”って……正直言って自信もないし。ただね、ここで43人が亡くなって、そのうち役場職員30名、当時33名いましたけど。我々は生き残って、あの夜火を焚いてみんなで黙ってあたりながら言ってたのは、『俺たちがこうして生き残ったのは“町を作れ!”っていう亡くなった彼らの思いだぞ! それが俺たちの使命だからな』って。その“思い”だけでここまでやってきました」

このインタビューを聞いた中西は「まだまだ知らない話ってたくさんありますよね。水風呂に入って雪山に居るのと同じってどれだけ寒かったことか……。佐藤町長が仰っていましたけど『俺たちがこうして生き残ったのは“町を作れ!”っていう亡くなった彼らの思いだぞ! それが俺たちの使命だからな』っていう言葉に全てが集約されていると思う。我々も残された者として、もう一度日本をしっかり作り直そうという思いを持つ想像力が必要」と、佐藤町長の言葉が心に響いた様子でした。


【番組概要】
番組名:「クロノス」
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:中西哲生(月~木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒http://www.tfm.co.jp/timefree_pr/)

■番組聴取は【http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20170307060000】(無料)
聴取期限 2017年3月15日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-09 12:43 | 日記 | Comments(0)



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-09 10:46 | 日記 | Comments(0)


呆れてしまう。
金の亡者である。
歴史の捏造はもう許されない。
違う写真を持ってきて、とってつけたような捏造を繰り返すものは、国際社会において、一切信用されないであろう。

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-09 09:33 | 日記 | Comments(0)

ご供養

宮城県東松島市にある清泰寺(せいたいじ)の小池康裕住職(75)が、2003年の県北部連続地震や東日本大震災で被災した檀家(だんか)らのため仏像を彫り続け、震災6年の11日、1000体目が完成する。小池住職は「1000体は節目だが、今後も犠牲者遺族の心を支えたい」と鎮魂のためにノミを持ち続ける。


 暖房もなく冷え込む清泰寺本堂脇の制作小屋。小池住職がお経を唱えながら、ヒノキに当てたノミを木づちで打ち、高さ40~50センチほどの仏像を彫り込む。表情はどれも穏やか。「犠牲者のため思いを込めてね」と言葉少なに語る住職の右手中指は、第1関節が木づちやノミの持ちすぎで曲がっている。「彫りすぎが原因。左手もしびれる」と苦笑する。1日8時間以上、作業することもある。


 約250年前に建てられた本堂は、03年7月26日の最大震度6強の県北部連続地震でほぼ全壊。死者は出なかったが、県内で675人が負傷した。檀家らを励ますため、壊れた木材などで仏像を彫り始め、600体を制作した。


 11年の震災で寺の建物の被害はほとんどなかったが、市内は関連死を含めて死者・行方不明者1134人に上り、肉親を失った檀家も多い。「像を近くに置き、亡くなった人が一緒にいると思い続けることが大切」と制作を再開した。


 妻と娘、孫2人を津波で失い、仏像を渡された男性(78)は「寺にはよく足を運び、励ましてもらった。仏像もありがたい」と話す。震災後の制作は400体近くになり、七回忌の今月11日に合わせて、1000体目となる仏像を仕上げる。


 市内でも被災者の住環境は改善が進む。だが小池住職は「犠牲者への愛情を持ち続けることが本当の復興と思う」と話す。1000体で終わりではなく、檀家のために生涯、制作は続ける。【野口麗子】



毎日〜〜〜〜〜〜

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-08 18:26 | 日記 | Comments(0)

隠された事実は語られないままにして抑圧の果てが今の中国と相成った。

日本は事実に向き合っているだけであるが、向き合うことすらしない中国に、とやかく言われる筋合いは毛頭ない。

それとともに、朝日の慰安婦を始め数々の捏造も罪深い。


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-08 17:57 | 日記 | Comments(0)

ひたすら

道の上 日差し交り 雪濡れて 寒かろうとも 倅ひたすら 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-08 10:57 | 短歌 | Comments(0)

茅葺〜沖縄〜

この当時、茅葺屋根と軒瓦の融合があった。

それまでの沖縄の統治者は瓦を庶民が使うのを許していなかったという。
家の形も決められていたということは自由な琉球とは言い切れない過去があったということ。
声高に琉球独立などというものがいるが、そこに自由があるのかと問われたら、何かしらの制限が出てくる可能性があるということにも、思い至るが。

何より、茅葺はそこにあるもので作り上げていく生活の拠点であり、そこにいる人を雨風日差しから守ってくれるものであったのは、琉球に限らず、日本全国に限らず、世界中のことであることを、今後とも探していきたいと思う。



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 22:09 | 日記 | Comments(0)

どうしてもやりたいことをやればいい 子供達にはそう生きてほしい
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 21:41 | 短歌 | Comments(0)

子供そっちのけ

偽りの保護者侵入盗聴し 食扶持にする 子供そっちのけ
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 20:55 | 短歌 | Comments(0)

願掛け

願掛けの参り道なり陽が昇り 石段登り 鈴の音鳴り 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-07 17:54 | 短歌 | Comments(0)


我那覇さんにからみつき罵るのはやめるべきである。
公平な放送が遵守されるとは思えない言動は慎むべきである。


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 17:30 | 日記 | Comments(0)

「蝶よ蛾よ」

窓のすぐ近くのカーテンにいたセミのような蛾。

あれは、ひぐらしに寄生するというセミヤドリガだったのだろうか。

セミのようでセミではない、卵から幼虫、蛹、成虫へと完全変態を遂げた、セミの抜け殻ではなくセミそのものを取り込んだもの。

あるいは、飼われていたカイコガが、奇跡のように煮られることなく、吐いた絹の繭を身ぐるみ剥がされることなく、自分で繭の殻をつきやぶり、這い出てきて、そこにいたのだろうか。

友達が死んだのは、三年前のことだった。

彼女は黄色い羽の生えた蝶々のような着物を着て、花に囲まれて、棺の中に眠っていた。

彼女は美しいものに囲まれて暮らそうとしていた。

美しいピアノ、美しいヴァイオリン、美しいレンガの門のある庭、美しい薔薇の似合う花壇、それから、美しい整えられた顔と所作と着物と。

人が作り上げてきた美しいものたちに囲まれて、彼女は暮らそうとしていた。


彼女は、今、この世にはいないのだが、時々、黄色い蝶々を見つけると、彼女のことを思い出す。

いや、彼女のことを思い出している時に、黄色い蝶々が飛んでいることがあった。

プシュケーは魂で、天使で、蝶々のようなものの象徴とユングは言っていたが、彼女の魂がもしあるとするならば、そういう軽やかな化身であってほしいと思うが。


蛾は、さすれば、現生の私の魂のようなものかもしれないと思う。

かき集めた茅をまとったミノムシのように、この世にぶら下がったままの魂は、今、春に吹かれているところ。


[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 16:57 | 詩小説 | Comments(0)

試験前

試験前 振り切ったもの 出し切ったものを見るだけ 書くだけである
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 11:11 | 短歌 | Comments(0)

剣道の

剣道の試合の前の身震いの先に行くのだ そのばねのかぎり
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-06 09:53 | 短歌 | Comments(0)

幼稚園保育園は公立が少ない点が、今回の土地の売買における原因でもある。

公立においては行政が責任を持ってことにあたるが、私立においては、その交渉をするのはあくまでも代表となり、少しでも有利に事を進めることがより良い経営につながってくるので、無駄をなくす一方で、政治力を借りてでも無理をしていくようになるわけである。

そういった傾向を踏まえて、私立も公立と同じように土地を国が責任を持ってある程度負担を軽減できるようなシステムにすることで、幼稚園も保育園も人のニーズに合うようなものができあがってくる可能性はある。

例えば、国有地を安く手に入れた法人は、保育の充実に手が回りやすくなる事を見越して、保育園の機能も付随したものにする条件を付けるなど、幼稚園と保育園の中間に位置するフレキシブルなものにすることなどを盛り込んだ、子供や親の真の手助けになるものにすることに、議論を移行するべきである。

無責任な報道や言論人よりも国民に直接影響のある法律を作るという責任がある、国会議員がしなくで誰がやるのか。

まずは幼稚園、保育園を確保する法律の整備を急いでするのが、全国会議員の仕事である。

騒ぎ立てることに夢中になっていると、つけは子供達やその家族にやってくるので、馬鹿な争いはやめて、早急に保育園確保に全力を傾けて成し遂げるべきである。

騒ぎ立てるだけの国会議員の給料が、まずもって無駄なのであり、その無駄な給料分を国有地を使って保育園にしていく方がよっぽど建設的である。






[PR]
# by akikomichi | 2017-03-04 22:09 | 日記 | Comments(0)

ひいな遊び

紙人形 藁人形に草人形 川に流して ひいな遊びて 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-03 23:28 | 短歌 | Comments(0)

引越しの用意

引越しの用意もあとは時間との兼ね合いとなり 心待ちつつ 
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-03 23:18 | 短歌 | Comments(0)

テレビだけ見ている人にはそこが見えないこともあり、恐ろしい世の中である。
物事の見方もこれほど視点を変えると違って見えるということ。

日田出身という筑紫哲也はメディアリテラシーについて、言及していた。
何が本当かを見る目を養ってほしい。
言われていることは本当か。常に疑う目をもてと。

ニュースとは切り取っていることを前提に、そこにある意図をも見越していくべきことであるという、報道の顔のようなものがいうからには、かなり切実な問題が日常茶飯事であったのではないであろうか。

何より、彼がなくなる前に言ったという、「日本は無くなるかもしれない」
という言葉が今も引っかかり続けている。

その後の東日本大震災時前後の尖閣諸島に対する中国の挙動を見て、現実のものと認識できた若い世代は、テレビしか見ない世代とは違うので、メディアリテラシーを育てていけるようになってきたと思われる。
テレビや新聞でオウムのように繰り言をいう時には気をつけること。
言われたままを鵜呑みにしないこと。を身につけてほしい。見せかけのものを見抜く力を身につけてほしい。と強く思う。

彼は、それこそ(宗教の)オウム事件などで数々の問題があり、テレビは死んだというようなことを実感させた張本人であったが、極左のようでいて、日田の古き良きものを残そうと手を尽くそうとしたところを見ると、その故郷を愛していたと思われ、なくなる前に日本が危ないことを伝えたのではないかと最後の良心のようなものを見たと、今は思っている。

以下参考まで。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小沢一郎は政党助成金ほしさに山本太郎と手を組んで、

小沢一郎と山本太郎となかまたち
というラノベみたいな政党名に変更しました。

昨年の参院選で小沢の手下が当選したことで
山本太郎無しでも政党要件を満たすことができたため
小沢一郎は政党名を自由党に変更しました。

そんな国賊議員の集合体というよりもはや掃き溜め政党の自由党の山本太郎が
国会できちんとトリミングして使えるように
露骨にテレビ向けに意識して森友学園の件を
「アッキード事件」と国会で叫んでいました。

森友学園ネタではどう考えても安倍首相が口利きをしたとか
そういう証拠は一切出ませんので
名前だけを広げる事でさらなる印象操作を狙ったものでしょう。
山本太郎が考えついたものとはとても思えません。

山本太郎ではロッキード事件なんてまるで知らないでしょうしね。

もっと最近の不祥事をもじればいいのに。
西松事件とか陸山会事件とか佐川事件とか・・・あ、全部小沢一郎に飛び火するわ。


森友学園ネタは簡単にまとめる事ができます。


・3メートルの範囲でゴミを取り除いたら下からさらにゴミが出て来た。

・森友学園は近畿財務局に調査を要求

・近畿財務局は調査には予算付けが必要なので平成29年度になると説明

・森友学園側は「それなら賠償問題になりますよね」と返す。

・賠償問題を避けたかった近畿財務局が土地の算定基準に直接指示を出して大幅減額


籠池理事長サイドはそれまでは政治家に便宜を図って貰おうとしたり
勝手に安倍首相の名前を使って寄付を集めたりと
ろくでもないことをやっています。

鴻池議員の言うとおり「そんなん潰れてええ」と思います。

近畿財務局はお役所の慣例どおり
「自分の時にトラブルを起こして天下りや出世に影響が出ては困る」
ということでトラブルを避けるために「どうせ俺の土地じゃないし」と
土地の売却価格を大幅に追加減額しました。
というだけの話でしかないようです。


先週号の週刊ポストに面白い記事がありました。
ポストの記者が籠池理事長夫妻に取材をしたところ、籠池夫妻の部屋に招かれました。
そこで園児達が皇太子殿下と一緒になっている写真があり、
ポストの記者が「皇太子殿下もいらしたんですか?」と質問したところ
籠池氏は「ええ、まぁ」などと適当な事を言って
当初は塚本幼稚園に来たかのように思わせようとしていたものの
さらにつっこむと実は全く別の場所でのイベントで
児童達と皇太子殿下を撮ったものだったそうです。

思想の右左に関係無く、森友学園の理事長夫婦は人間として問題を感じます。

繰り返し拒否をする昭恵夫人に対しても
講演に呼んだ場で聴衆の前で名誉校長だと勝手に紹介して
強引に引き受けさせた経緯もありますし、
松原仁がどうたら辻元清美がどうたらという話ではないでしょう。

まして松原仁なんてカス議員には全く影響力がありません。
彼は口だけで実際の行動は何もしないどころか
大臣ポストほしさに人権擁護法案を容認する程度の人物で、
保守系の人達を呆れさせ続けて来たのですから。

松原仁事務所の言い訳はいつも
「今はまだ人数が足りない。いま仲間を集めている最中だ」
です。
こうして民主党政権になる前からずっと
民主党の売国政策とぶつからないように逃げ回ってきました。

20年近く議員を続けて来て言い訳はずっと同じ。
そして選挙の応援ほしさに日教組議員などを応援して回っているのが現実です。

おっと、話が逸れました。

森友学園の件は賠償問題になって経歴に味噌がつくのを嫌った近畿財務局が
再査定を入れずに査定内容を変更した。
というだけのことです。
問題の根っこはここにしかなく、
余計なところは話を拡散させるほどマスゴミやパヨクの狙う
「国会審議の妨害、共謀罪審議の妨害」
を手伝うことになるのではないかと思います。



さて、有田芳生がこんなツイートをしました。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/836860080150691841
有田芳生@aritayoshifu
有田芳生さんが救う会神奈川 広報アソシエートをリツイートしました
訪朝して写真を入手したと断言した西岡力「救う会」会長の発言は事実無根。根拠を示していただきたい。



昨年の選挙に必死だった有田が売名のために
北朝鮮から渡されていたと思われるウンギョンさんの写真を
週刊誌やテレビなどに徹底的に売り込んでいた件で、
その写真は横田さん夫妻からは有田に渡していないと、
拉致被害者家族会が正式に発表。

こうなると北朝鮮からしか入手ルートがないはずなので
西岡力氏はその点に言及しました。

これに有田芳生は顔を真っ赤にして誤魔化しにかかっていたわけですが、
まさか今年になっても同じ事をわざわざツイートしてくるとは、
西岡力氏の指摘は図星だったと白状しているようなものです。
まだ自分が北朝鮮のパシリだとバレてないとでも思っているのでしょう。

みなさんも特定有田が演説してたりしたら
「すごい写真でしたね!あの写真はどこから入手したんですか?」
と笑顔で質問してあげましょう。
聞こえないふりをしたりしてごまかそうとします。


もうひとつ週刊誌からネタを拾います。

ニューズウィークの記事で
建設業の労働者の45%、農業労働者の30%近くが不法移民によって賄われている。
不法移民がいなくなるとこれらの業種に悪影響が出る!
というようなものがありました。

なにも不思議な事ではなく、
大統領選挙の最中もこうした主張がいくつか見られました。

メキシコからの不法移民がアメリカの経済を支えているのだ。
トランプはその現実を知らないのだ!

みたいな感じです。

米国の経営者にとってみれば
法的にきちんと一般の米国人と同じく保護されている合法移民では
奴隷状態にして使い捨てにはできません。

その点不法移民は経営者がその生殺与奪を握っているので奴隷状態にしやすいですから、
米国の意識高い系の頭の悪い人達をちょっと煽って
ポリティカル・コレクトネスを悪用して
不法移民に文句を付けることを弾圧させて
不法移民を次から次へと使い捨てにする美味しい経営のできあがり・・と。
そして人件費が不法移民に比べて確実に割高になる真っ当な米国人の一部は
不法移民に仕事を奪われてきたのです。

だからこそ、不法移民は認めないというトランプ大統領の
当たり前の主張、当たり前の政策が米国民から支持されているのだと思います。


締めは沖縄タイムス(共同の配信記事ですけど)から。

【共謀罪、実行前の自首で刑減免 法案の全容判明、論戦本格化へ】
 共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の全容が27日、関係者への取材で明らかになった。犯罪実行前に自首した場合は刑を減免する規定を盛り込み、重大犯罪で共謀した場合の法定刑は「5年以下の懲役・禁錮」と定めた。既に判明している「組織的犯罪集団」への適用対象限定や、現場の下見など「準備行為」の要件も規定している。

 減免規定には、弁護士らから「密告を奨励する」との批判が出ている。改正案の詳細が明らかになったことで、国会の審議はさらに激しさを増しそうだ。(共同通信)
(2017/2/28 沖縄タイムス)


テロ行為について未然に防ぐために内部からのたれ込みを奨励する事が悪い事らしいです。


マスゴミはこうした自分達の主張が受け入れられていないこと現実を認めた方がよいでしょう。

特定秘密については内部から情報が盗みにくくなるからと反対していた口で
テロ情報については漏れやすくなっては困るというあたりは流石です。



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-03 08:23 | 日記 | Comments(0)

地震



[PR]
# by akikomichi | 2017-03-02 23:57 | 日記 | Comments(0)

穏やかに暮らす人あり

穏やかに暮らす人あり 人と会い その完結を解かれることあり
[PR]
# by akikomichi | 2017-03-02 22:33 | 短歌 | Comments(0)


中国好きの人たちの無言は、いつもながら呆れかえる。
己はその攻撃の対象にならないとでも思っているのでしょうか。

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-02 22:29 | 日記 | Comments(0)

火をつけようと必死な自作自演の指摘もあり マスメディアの煽りには特に気をつけるべきである。

[PR]
# by akikomichi | 2017-03-01 19:25 | 日記 | Comments(0)

宮崎滔天の夢は儚く散りて
玄洋社記念館にあった孫文の書も何処にか行かん
日本に助けを求めしものをかくまいし者たちへの
答えとは冷めた仕打ちであったとは
みようとはせず知らぬふり
漢の文をば捨てたとはいえず
息衝きあるものを
生かしてあるだけのことであれ

大東亜戦争時のその後の
東日本大震災時
執拗に尖閣狙った中国のものには
だまりこむばかり
売国奴には呆れ果て
信用できず
何もせず開け渡せばいいというものたちの
気色の悪いものたちの
信用できず

その言葉その行動は売国の徒であるとしか思われず
日本のためには働かず
日本を辺境と言い張り売文書きなぐり
嬉々とし頭を垂れ続けておれば良いなど言いはなち
その心根のあさましき
杖を振りつつ
忙しくしているだけの亡国の徒とは
いかにもあさましき





[PR]
# by akikomichi | 2017-03-01 19:19 | 詩小説 | Comments(0)

偽善者の杖

売国奴 よそに優しく うちだけを馬鹿にし振り回す 偽善者の杖
[PR]
# by akikomichi | 2017-02-28 22:53 | 短歌 | Comments(0)