<   2017年 02月 ( 65 )   > この月の画像一覧

偽善者の杖

売国奴 よそに優しく うちだけを馬鹿にし振り回す 偽善者の杖
[PR]
by akikomichi | 2017-02-28 22:53 | 短歌 | Comments(0)

尖閣を守れと言って

尖閣を守れと言ってご都合が悪い人たち毒吐く毒吐く
[PR]
by akikomichi | 2017-02-28 22:38 | 短歌 | Comments(0)

回る時

回る時 回る人々 散歩道 時は巡るが回るだけ廻れ 
[PR]
by akikomichi | 2017-02-28 22:28 | 短歌 | Comments(0)

兄からの電話

兄からの電話がなんども 鳴りやまず 誰かに話しておきたいと言い
[PR]
by akikomichi | 2017-02-28 22:12 | 短歌 | Comments(0)

地震情報


どうか、おさまりますように。


[PR]
by akikomichi | 2017-02-28 19:28 | 日記 | Comments(0)

「茅葺への道」

昨日は1日かけて、自分だけ先に仕事場近くに移住するための家を拝見しに行った。

子供達と夫は自由意志で、学びの場とも近しい方にいるということで、しばらくは行ったり来たりの家族生活となるであろうが、いずれにせよ、それぞれ自立していくものでもあるので、それが少しばかり早まったというだけであろう。

子供達への学費も生活費も賄うためのものなので、それも、含めての、それぞれの自立が必要ではあった。

彼らも自分の出来うる限りの事を自分でできるようになっていく時期に来ているということ。

家族として人として彼らのことを愛でることには変わりはないが、おそらく、自分だけ無性に寂しがることになりそうではある。
友達が近くにいることが救いであるが。

山奥に案内していただき、たどり着いたのは、茅葺の屋根に覆われたとトタンのお宅であった。

一部トタンに穴があり、時間との戦いがもう始まっていた。

井戸もかまどもあり、部屋も多すぎるくらいの立派な造りであった。

五右衛門風呂もあるということで、子供の時じいちゃんの家で入らせてもらって以来のものであり、心惹かれた。

ご先祖様のお墓も近くにあるらしく、ここに暮らしていた方々にとっては、安らぎの、安心することのできる長らく守り続けた場所であったのが、見て取れた。

川の流れも近く、昔は、木々に囲まれていたこともあり、炭焼きなども盛んであったという。

畑も、田んぼもあるので、すぐに、住める状態であったなら、すぐにでも移るであろうが、春先までに改修は困難であるのは明白で、空き家の時間が長かったことが悔やまれる、茅葺の半分眠った家であった。

こういった家を再生し、自分もそこに住むことで、また茅葺を生かしていく手立てを見つけていくことにつながるならば、自分にもできることではあるので、まずは仕事場に近いところで、それを出来うる力をつけて、ゆくゆくは、こういった時間との戦いの家にも手を入れていくということが、目の前にある、自分のできることであるという思いがますます強まってきていた。

家もどんどん年をとる。

人もまた。

時間との付き合いも、自分との付き合いも、これから、じっくりと深めていくことになりそうである。




[PR]
by akikomichi | 2017-02-27 12:56 | 詩小説 | Comments(0)

家々の住む限界値

家々の住む限界値はかるように 山の奥まで入り行く日々
[PR]
by akikomichi | 2017-02-26 20:06 | 短歌 | Comments(0)

幼稚園保育園への充実には目もくれず 
批判ばかりで 
何も国民のためにしない民進には呆れ返る
それに乗る自称知識人も
現政権憎しのものばかりで
子供たちの施設を充実させることなど
どうでもいいようである
議論は一向に深まらず
うわっ面ばかりのものばかり
これが今までまかり通ってきたものだから
うんざりする世の中である
そもそも
保育園落ちた日本○ねと嬉々として叫んでいたものたちは
仕事がなく幼稚園に通わせるしかないものもいる昨今で
まずは仕事を探しながら預けられ
本格的にフルタイムで働けるようになると時間を延長でき
しかも
その幼稚園を時間外保育となっても保育園と同じ扱いになるような
施設にしていく必要なども視野に入れて
今ある施設を有効利用でき
その時の状況にあった働き方も模索できるような
法整備、施設整備をすることの方がより建設的であるものを
教育勅語を教えているとか
建設地の費用を安くしているとかで
終わらせるな
バランスを欠いた部分があれば是正すればいいだけのことであるにもかかわらず
ここぞとばかりに目に余る連日連夜の執拗な批判には心底うんざりする


[PR]
by akikomichi | 2017-02-26 06:30 | 日記 | Comments(0)

国民は見ている

国民は見ている 批判ばかりのみんしんを 日本の保育など見ていない奴らを 
[PR]
by akikomichi | 2017-02-26 06:09 | 短歌 | Comments(0)

保育園作り

現政権批判するのに血眼の保育園作りもそっちのけマスゴミ
[PR]
by akikomichi | 2017-02-26 06:03 | 短歌 | Comments(0)