<   2016年 04月 ( 144 )   > この月の画像一覧

はり

はりをうち こしのまわりをほぐしては やわらげながら いなせるように
[PR]
by akikomichi | 2016-04-30 23:26 | 短歌 | Comments(0)

午前中は出稽古。午後は姪ちゃんのライブでありました。

せがれたちはよく動けるように成りました。
また、一歩ずつ、技を磨いていってくださいね。
怪我には気をつけて。
いなしてくだされ。身を守るためにも。
かかたちは、応援し続けています。

姪っ子も、一歩ずつ、磨かれてきたなと思いました。
歌もトークも面白くなってきました。
これからがまた楽しみです。
地元のじわりとしたあったかさが身にしみた良いライブでした。

もっともっと、子どもたちが大きく強く美しくたくましくなってくれることを心から願っています。

[PR]
by akikomichi | 2016-04-30 22:51 | 日記 | Comments(0)

 福岡市博多区の市立板付中学校で、トイレや図工室の手洗い場で使った後の再利用水が、飲料用の水などに使われていた、と市が28日、発表した。市は、滅菌処理をしており、全校生徒496人に聞いた結果、健康被害の報告はなかったと説明している。

 市によると、再利用水は本来、トイレや図工室、家庭科室の手洗い場の水を消毒したうえでトイレの洗浄に使う。だが市内の水道設備業者が2014年6~10月、トイレの改修工事をする際に、上水道と再利用水の水道管を間違って接続した。その結果、約1年半にわたり、校内の10カ所で再利用水が使われていた。飲むのも禁じられていなかったという。

 同校の教諭が水の濁りに気付き、14日に市に報告して発覚した。20日から使用をやめている。市が水質調査したところ、濁りやにおいはあるが、大腸菌などの数は健康被害を起こす基準を下回っていたという。(加藤美帆)


[PR]
by akikomichi | 2016-04-29 15:59 | 日記 | Comments(0)

『水道管ひとつの違い』

水道管を間違えたていたという。

手洗いの水が濁っていたので気がついた先生がいたので、表沙汰になったが。

飲水にも、手洗いにもしていた水に、トイレに流す用の水が流れていたという。

その水で手洗いし、時に顔も洗い、頭からかぶっていたり、給食後に口を濯ぐことも、飲んだこともあったこどもたちであったが。

あまりにつらいので、たまりかねて上の子が内科に行くと腸内の風邪をひいたと言われた。

いつもお腹の痛みを訴えていた。

同じ食べ物を食べて、自分はなにもないので自分が図太すぎるのかと思ったりしたが、単に私の作るものが影響しているとは思えなかったのも事実であった。

しかし、なるべく無害のものを食べさせていたはずのこどもたちが、口にあわないものがあったり、内外ストレスによるものかと、内心、穏やかでなかった。

下の子上の子どちらとも試験の時など最悪のコンディションであったのはもちろん、体育館に長時間並ぶ時の腸内環境の悪化の恐怖を語っていたが、それは、個人的な問題として、精神的なものかとも思われていたが、「単なる水道管の繋げ間違いによる」腸内の慢性的な風邪だった可能性もあったと知り、愕然とする。

上の子が学校を卒業したらぱたっと腹痛がなくなったのには、なにか関連があるのだろうかとは思っていた。

通学時にも駆けこむこともあり、学校についていないと電話があり、探しまわったりしたこともあったが、腸内環境の悪化でやらかしたこともあり、人生終わったと落ち込んでいた下の子の腸内環境が良くなったら、その疑いは、確信に変わるであろう。
現に変わりつつあるのだが。

報道では誰も訴えていないというのだが、原因はわからないまま、現象として、そういった事例があったのは、間違いないのだが、どうしたものであろうか。

何でも訴えて、金銭問題にする、被害者ヅラをし訴訟するのは憚られるが、たったひとつの繋げ間違いが、ひとの人生を左右するということも、肝に銘じてほしいものである。

それにしても、その子の未来を左右することがあるということで、なんでも事なかれ主義で、間違ったが、これといった問題はないで済まされると、なんともいえない不信感が募るのは、私だけであろうか。


ところで、先日、夢でうなされて助けてと叫んでいたところをつれ合いに揺り起こされてなんとか助かった気になったのを思い出した。

その夢というのが鮮烈で、気色の悪い粘ついたものだったので、あえて日記に書き記していたので、記憶に新しかったのだが。

体操服を洗おうとしていると、タグが一つ違いの名前になっていて、自分のこどものようでこどもではない一つ違いの名前のものが、私のお腹周りを這いずり回りとても気色の悪い夢であったのだが。

夢のお告げと言うつもりは毛頭ないが、夢分析的なユング的に言えば、夢は象徴的なものなのであり、この無意識的に受け取っている恐怖のようなものを、表しうる可能性はあると思われる。

ユングにおいては、夢を見たものの、その象徴たるものを、ひたすら本人に因って腑に落ちるところまで意識をもっていくことで、劇的な治癒に向かうという事例を幾つも、臨床現場において体験されており、今回の夢においては、この一連の水道管「ひとつの間違い」と言う点において、自分のなかで、腑に落ちるものがあったということである。

人は多かれ少なかれ、精神的身体的な問題を持っているものであり、それを十把一絡げに異常視するのには、抵抗がある。

ユングは、そういった面において、人の危機に関しての解決方法としての夢の分析を突き詰めている点において、群を抜いていると思われる。

全てを性的なものに収斂するだけで解決にはいたらないことが多いフロイトでは納得いかなかったものへの、ひとつひとつに違うこの世界の捉え方の形を見せてくれる柔らかい認識を持たせてくれ、なんとか、世界認識の一致、あるいは合致による昇華を志すのが、ユング的思考であった。

なんだかわからないトランス的な詩や夢には、無意識に訴えかけることに因って、これから起こることを、暗示する傾向は無きにしもあらずなので、今後とも、印象的な「明晰夢」は記録していき、その後の現象の布石のような布置のようなものの行方を探していくこととする。







[PR]
by akikomichi | 2016-04-29 14:32 | 詩小説 | Comments(0)

牛丼

牛丼に温泉卵つゆだくに葱に山椒 これが我が家製
[PR]
by akikomichi | 2016-04-29 13:37 | 短歌 | Comments(0)

sparkjoy records

https://mobile.twitter.com/sparkjoyrecords?p=s

度重なる心労?により、少し微熱を発生させておりますが、今日中になんとか収めて。

明日、倅の出稽古が夕方には終わるのでそれから多分キャナルでの18:00ごろのフリーイベントには行けそうです。

がんばれ姪っこ。九州を襲った地震にも負けたくはない。

叔母も草葉の陰からいつも応援しております。

福岡は地元なので皆保護者的なまったり感ですが。

是非是非、皆様方、お越しくださいませませ。


主題歌に関わったという「変態仮面」!の映画はまだ見ていないので、なんとも言えないのですが、原作者の方のデビルマンは大好きでした。

うらぎりもののなをうけて、すべてをかけてたたかうおとこでしたか?

兄が人形持ってました。時々、借りてきたデビルマンをしていました。

リカちゃん人形の連れ役で。身体が青いので、ちょっと体調の悪そうな筋肉系?なのでした。

正直なところ、エロス系?は見てはいけない物としてそっととじしては、ぱらぱらしてました。

原作に関して言えば、ちょっと、どっちつかずな感じがあった氣がします。

ある意味、人間的なのかもしれませんが。

逆に悪魔だからなんでもありか的な。デビルマンは突き抜け感が好きだったのかもしれません。

もしかして、デビルマンは、仮面をかぶっていないからこそ、共感できたのかもしれません。

素顔を見せてこその悪であり、善であると。

子どもながらに、直感していたのかもしれません。

まあ、そこまで、当時、考えていたわけではないので、後付は置いといて、何故、今、これを作りたかったのか。

が、無性に気になります。

映画製作に関わった方々に、お聞きできる機会があれば、直接、聞いてみたいものです。

楽曲に関して言えば、参加させていただいた方々の全身を覆っているスーツ?がダフトパンク的で、音もそういったものを意識されるのかなと思いつつ。直に聞ける機会があれば、お聞きしたいものです。

姪も自分が思ったものを、思いのままに、創って行けるようになっていけるように、心から願っています。






[PR]
by akikomichi | 2016-04-29 12:43 | 日記 | Comments(0)

微熱

喉痛く鼻汁つまり微熱あり それでもめぐる黄金週間
[PR]
by akikomichi | 2016-04-29 11:58 | 短歌 | Comments(0)

ストレッチ

筋肉が柔らかくなるようストレッチ けがのないよう からだをまもれと
[PR]
by akikomichi | 2016-04-28 22:17 | 短歌 | Comments(0)

まったく信用出来ない

詐欺集団 民進党とその仲間といえる
民進党と名前が変わっただけで
その母体の民主党の時
高速無料化をうたっていながら
結局は
福岡は何も変わらず払い続けなければならなかったのは記憶に新しい 
一部の利益にしかならなかった
高速道路無料化であったので
彼らの言っていることは
信用出来ない
また国を売り渡すことに熱心であって
いまもその活動しかしていない国会議員がはびこっているので
まったく信用出来ない

[PR]
by akikomichi | 2016-04-28 00:09 | 日記 | Comments(0)

自民党も結局は同じ穴のムジナということか。

戦後日本は、侵略されたままである。

表現の自由が守られない世の中は地獄である。

陰に表に、四六時中憎悪を向けられているのはこの日本であるにもかかわらず。

馬鹿らしいことである。

守るべきものがわかっていないこの国の馬鹿な政治家はやめてもらわなければならない。


まずは参院にはびこっている売国奴から、追い出すべきである。


国民は見ている。


日本のことを考えていない、真の売国奴の行動の一挙手一投足を。



~~~~~~~~~~~


 人種や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法案が今国会で成立する可能性が出てきた。自民、民進両党の参院法務委員会筆頭理事は27日、与党提出の法案を修正することで大筋合意。共産党にも賛同を呼び掛け、合意すれば民進党が旧民主党時代に提出した規制法案とともにいったん取り下げて委員長提案として出し直し、大型連休明けの参院通過を目指す。


 与党側は当初、ヘイトスピーチを「他国の出身者であることを理由に、生命や財産に危害を加えることを告知するなど、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義。修正合意では、民進党の要求に応じて「本邦外出身者を著しく侮蔑する」との文言を追加した。 



[PR]
by akikomichi | 2016-04-28 00:05 | 日記 | Comments(0)