<   2015年 11月 ( 138 )   > この月の画像一覧

 イラン・イラク戦争中の1985年、イランに取り残された215人の在留邦人を救出したトルコ航空機のデザインを復刻した特別塗装機「Kushimoto(くしもと)」号が30日、成田空港に飛来した。


 当時の客室乗務員らも同機で来日。1890年に和歌山県串本町沖でトルコ軍艦が遭難し、地元住民が救難活動に当たった事故から125周年に当たるのを記念した両国合作映画のPRイベントなどに参加する。


 邦人救出劇は、イラクのフセイン大統領(当時)が48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛行する航空機は無差別に攻撃すると宣言したことに起因。イラン在留の外国人は一斉に出国したが、日本からは救出機が飛ばず、200人以上が取り残された。


 こうした中、軍艦遭難時の対応が広く知られ、親日家が多いトルコのオザル首相(同)が邦人救出機の派遣を決断。トルコ航空が2機の特別機を用意し、2機目がタイムリミットまで残り1時間でテヘランを飛び立った経緯がある。


 Kushimoto号到着後、駐機地区では当時の客室乗務員や救助された日本人らが参加してセレモニーが行われ、当時日産自動車の社員としてテヘランにいた沼田凖一さん(73)から客室乗務員だったアイシェ・オザルプさんに花束が手渡された。


 取材に応じた沼田さんは「航空機が到着した時、30年前のことがよみがえって涙が止まらなかった。(トルコには)感謝しても感謝しきれない」と話していた。 


時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どうか、このようなことがないように。
平和でありますように。

[PR]
by akikomichi | 2015-11-30 14:43 | 日記 | Comments(0)

めだまなくなり

かたてでもあしをひきずりかきなぐり いきつづけたる めだまなくなり
[PR]
by akikomichi | 2015-11-30 14:34 | 短歌 | Comments(0)

それぞれの

それぞれの参加不参加理由あり こだわりちがうだけであろうが
[PR]
by akikomichi | 2015-11-30 10:11 | 短歌 | Comments(0)

非/日常

日常のなかのひとつのおわりあり 非日常への道のさきにて
[PR]
by akikomichi | 2015-11-29 20:19 | 短歌 | Comments(0)

林檎

ゆうるりと林檎をむいているせがれ えらくきような日曜のおわり
[PR]
by akikomichi | 2015-11-29 20:12 | 短歌 | Comments(0)

産経〜〜〜〜


今回の登録の基本的な問題点を列挙すれば、次の通りである。

(1)中国の申請がそもそも「心の中に平和を築く」というユネスコ設立の趣旨に反する内容であること

(2)記憶遺産は人類的な価値のある文化遺産を保存するための制度であるのに、中国の申請はその趣旨に反する国際機関の政治利用であること

(3)申請資料の内容が公開されず、日本側に反論の機会が全く与えられなかったこと

(4)諮問委員は資料保存などの専門家ではあっても、歴史の専門家ではなく、歴史資料の評価を行う能力を欠いていること

(5)諮問委員会の決定は、申請国のロビー活動の結果で事実上決まること

(6)審議は公開されず、密室で決定されること

(7)ユネスコの事務局長がもともと中国寄りの立場の人物であること--

 これを見れば、殆どお話にならないデタラメと不正が行われていると疑われても仕方がない。

 右のうち、最後の(7)について補足しておく。現事務局長のイリーナ・ボコバ氏はブルガリアの出身の女性で、ブルガリア共産党の党員であった。フランス大使などの要職を経て、2009年からユネスコの事務局長に就任した。

 重大なことは、彼女が、西側諸国が揃って出席を拒否した中国の抗日戦勝記念行事に出席していたことである。9月3日には天安門で最新兵器のパレードを参観し、習近平とのツーショット写真におさまり、習近平夫人との対談までしている。

 この親中派のボコバ氏が、次期の国連事務総長を狙っていると言うから穏やかではない。東欧出身の、初めての女性事務総長として待望論があるのだという。もしそんな人事が実現すれば、国連は中国の道具に成り下がるだろう。

南京戦はあったが「南京虐殺」はなかった

 「慰安婦」が却下され、「南京」が登録されたことで、戦後70年歴史戦の今年残りのテーマの中心は、否が応でも「南京事件・南京大虐殺」ということになった。

 南京事件については、日本において1970年代以降の長い研究と論争の歴史がある。そもそも1970年代前半までの歴史教科書には「南京事件」は全く載っていなかった。

朝日新聞の本多勝一記者が中国共産党中央委員会の招待で四十日間、中国共産党の用意した語り部をあてがわれて「取材」した記事が「中国の旅」として報道されたのが、全ての始まりである。

 1980年代は30万、20万など荒唐無稽な数字が乱舞する「大虐殺派」の天下であったが、ともかく事件があったのだということを広く認知させる役割を果たしたのは、秦郁彦氏の『南京事件』(中公新書、1986年)だった。同書では4万人説が唱えられ、当時は30万人説などと比べて良識的な研究として読まれたが、今では全く時代遅れの本となった。

 なぜなら、同書で公平な第3者としてあつかわれ、事件のイメージをつくるベースとなっている欧米のジャーナリストが、その後の研究で国民党から金を受け取ってプロパガンダ本を書いたエージェントであったことがわかったからだ。秦氏が中公新書を絶版としなかったので、同書は未だに影響力をもっている。しかし、研究は進歩するものであることを読者は知っていただきたい。秦氏は慰安婦問題では第一人者だが、南京事件の概説書を書くのが早すぎたのかも知れない。

 1990年代の後半から、教科書問題とも関連して、虐殺の存在を前提として仮定しない研究潮流が生まれた。2000年から12年間、日本「南京」学会が旺盛な研究活動を展開し、南京事件が戦時プロパガンダとして仕組まれたものであり、事件そのものが存在しなかったことを立証した。

 なお、歴史学界はこれを認めていないという説があるが、近現代史は歴史評価の上で、専門家とシロウトの間の能力的落差はほとんど認められない分野である。歴史の専門学会に所属するギルド集団に歴史解釈についてご判断を仰ぐことにあまり意味がないのである。これは、憲法学界が現行憲法を擁護する憲法御用学者の集団であり、彼等のイデオロギーに楯をつく弟子は就職すらできないのだから、憲法学界に安全保障問題の判断についてお伺いを立てるのが筋違いなのとやや似たことだといえる。


[PR]
by akikomichi | 2015-11-29 08:19 | 日記 | Comments(0)

『魚釣り』

僕達は魚釣りに出かけた。
近くの鯰池。
かあさんが介護の仕事で自転車に乗ってとおっていたといってたところ。
ビギナーズセットを肩にからってでかけた。
餌はそこいらにいるだろう虫。
あらかじめみつくろってある成り行きを辿るために。
僕達は、ビックブラザーズとは遠いところにいるけれど、いつも監視されているのだ。
自転車が邪魔だというふうに蹴り上げてくる近所のえげつないビックママに。
警察の人は鯰池に駐めてもいいよといったけどビックママには通用しない。
邪魔なものは邪魔なのだ。
ともだちと釣り糸を垂らして、風が寒くなっていくのを糸と竿の揺れで逃がすように、じっとしていられない僕は、偽餌で魚を誘い、池の名にまでなっている鯰が釣れるのを待っていた。

おい、なんか、ひっかかった。

ともだちにいった。

引き上げたのは、へどろにまみれた自転車の籠だった。

なあんだ、中身が無い。ただの籠だ。

びぎなーずらっくじゃねえのかよ。

ともだちはいった。

おれにもひきがきた。

ともだちがあげてみると、黒バスだった。

慣れた手つきで巻き上げながら、さっき引きあげたばかりの籠に収まるくらいの黒バスを針から離し、池に放した。

きゃっちあんどりりーすかよ。

僕はそういいながら、空っぽの籠を持ったまま、何かがくるのを待っていた。

かあさんはきっと来ない。

鯰池に沈んだままだ。


[PR]
by akikomichi | 2015-11-29 00:21 | 詩小説 | Comments(0)

およがせるつもり

およがせるつもりでせうかさかなたち よせてはかえし つってはかえし
[PR]
by akikomichi | 2015-11-28 23:01 | 短歌 | Comments(0)

子宮頸がんワクチンを接種した後、原因不明の体の痛みなどを訴える患者が相次いだ問題で、厚生労働省は全国の医療機関を通じて同様の症状が出ている患者の調査を行いワクチンの接種と症状の因果関係を調べることになりました。
子宮頸がんワクチンを巡っては女子中学生や高校生を中心に接種の後原因不明の体の痛みなどを訴える患者が相次いだため、厚生労働省はおととし、積極的な接種の呼びかけを中止しています。
27日開かれた厚生労働省の専門家会議では接種と症状の因果関係を調べるため、小児科や神経内科などがあるベッド数が200以上の全国の医療機関などを対象に大規模な調査を行うことを決めました。調査はことし7月以降の半年間に体の痛みや歩行が難しいなどの運動障害、それに記憶力の低下といった症状が3か月以上続いている12歳から18歳までの患者を対象に行われ、ワクチンを接種した場合と接種していない場合で症状の発生率に違いが出るのか確認するとしています。
厚生労働省は、調査の結果を踏まえ子宮頸がんワクチンの接種について積極的な呼びかけを再開するかどうか判断することにしています。
NHK〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[PR]
by akikomichi | 2015-11-28 08:15 | 日記 | Comments(0)

どうか世界が

どうか世界が平和でありますように こどもたちがしあわせでありますように
[PR]
by akikomichi | 2015-11-28 07:00 | 短歌 | Comments(0)