<   2015年 10月 ( 106 )   > この月の画像一覧


[ブリュッセル 30日 ロイター] - 南シナ海の中国「領海」内に、米国が艦船を派遣した件で、欧州連合(EU)高官は30日、米国の行動を支持する立場を表明した。

来週にアジア欧州会議(ASEM)の外相会合を控え、EUと中国の協議に影響が及ぶ可能性もある。

高官は記者会見で「米国は航行の自由を行使している」と指摘。領有権争いが起きている海域で、人工島を造成する中国側の計画に、EUは懸念を持つと説明した。

また、EUの外交担当報道官は声明で「EUが領有権問題で特定の立場を取ることはないが、特に国連海洋法条約に反映される、国際法の原則に基づく海洋秩序を重視している」と述べた。


[PR]
by akikomichi | 2015-10-31 11:05 | 日記 | Comments(0)

救出の為のものとしても




作家・井沢元彦氏は、集団的自衛権行使容認に反対する人たちのやみくもな軍隊否定や護憲主義に疑問を投げかけている。憲法9条を守れと主張することは、ときに人権侵害にも及ぶ状況があるという。週刊ポストの連載「逆説の日本史」における井沢氏の解説を紹介しよう。


 * * *

 1985年(昭和60)のことである。当時イランと戦っていたイラクのフセイン大統領は、敵国イラン領空を飛ぶ飛行機はたとえ民間航空機であってもすべて撃ち落とすという、とんでもない声明を発表した。当時イランにいた日本人二百人余りは直ちに脱出しようとしたが、脱出のための航空機派遣を政府から依頼された日本の民間航空会社はこれを拒否した。労働組合が反対したのである。


 もっともこれは当然の反応ではある。ミサイルが飛んでくるかもしれない危険空域に丸腰の民間機が入ったら乗務員の安全は保証できない、反対したこと自体は責められない。だからこそ、こういう時のために訓練を積んだ軍隊というものが必要なのである。警察では国外の戦争が絡んだ事件に対処する能力も権限もない。


 しかしそういう能力を持った自衛隊機は現地に飛べなかった。日本社会党を中心とする護憲派が「海外派兵絶対反対」と強く反対したからである。このためイランの首都テヘランに残された日本人約二百人は脱出できず、中には死を覚悟した人もいたという。


 助けてくれたのはトルコであった。トルコ共和国政府の意を受けたトルコ航空の民間パイロットが名乗りを上げ、危険を冒してテヘランに飛び日本人全員を脱出させてくれた。実は1890年(明治23)、トルコ海軍の軍艦エルトゥールル号が日本の紀州沖で沈没した時、近くの村の日本人が命がけで乗組員多数を救助してくれたという話がトルコでは歴史の教科書に載っていて、「その借りを返すため」に命がけで助けてくれたのである。


 ところが、この行為に対して感謝するどころか、もっとも不快に思ったのが「護憲派の守護神」朝日新聞である。朝日は記事でトルコが助けてくれた理由を、日本が「トルコ経済援助を強化している」からだと書いた。要するに「カネがもっと欲しいんだろう」と貶めたのである。朝日がなぜそんなことを書いたか、これをきっかけに「軍隊は必要だ」という議論が高まることを恐れ「カネをバラ撒いていれば大丈夫だ」と思わせたかったのだろう。


 こんな事件が過去にあったことを、つい最近まで国会を包囲していたSEALDsの若者たちは知っているのだろうか? そしてまた同じような事件が起こったら「海外派兵絶対反対」と叫んで、再び「平和憲法を守るため」戦うのか?


 以上のような事例を知った上で、まだ「日本に軍隊は必要ない」と叫ぶなら、それはそれで仕方がない。論理を受け付けない人間と議論はできない。しかしそうでないなら言おう。


 軍隊の必要性を認めた上で「憲法九条を守れ」と主張することは、極めて重大な人権侵害であることに君たちは気がついているのか? 「必要ない」と言うなら仕方がないが「必要」ならば、自衛隊及び自衛隊員は法治国家日本において正式な存在であるべきだ、しかし憲法九条は法律がなんと言おうと彼等の存在を否定している。だから憲法九条を守るということは、実は自衛隊員の地位と権利を正式なものとしては絶対に認めないということになる。


 これもわかりやすく時代劇にたとえようか。


 ある旗本の家、そこが突然武装強盗に襲われた。先代の嫡男である当主が撃退しようとしたが日ごろから武芸にはうとく、危うく殺されそうになった。そこへ颯爽と登場したのが側室の生んだ次男、つまり当主の弟である。次男の命をかけた奮闘で賊は撃退された。そして、あそこには強い用心棒がいるという評判が立ち賊も敬遠するようになった。何もかも弟のおかげである。


 ところが兄は感謝するどころかこう言う。「メカケの子のくせに図に乗るな、お前はあくまで日陰の存在だ。メシは食わせてやるが、名誉も地位も求めるな!」。

 

 どうです? ひどい兄だとは思いませんか? 人間のクズと言っても過言ではないだろう。


 しかし「憲法九条を守れ」と言うのは実はこれと同じことで、「自衛隊員よ、お前たちはあくまでメカケの子だ、引っ込んでいろ」と言っているに等しい。そのことに君たちは気がついているのだろうか?


 たぶん気がついてはいないのだろう。気がついているならばこんな態度をとるわけがない。瀬戸内寂聴さんや大江健三郎さんのような日本の良心と言われている人たちも気がついていないのだから仕方がない。本当の日本の歴史を知らないからだ。


※週刊ポスト2015年11月6日号


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



当時、イランに残った日本人の方々もおり、自分の家族も父の仕事の関係でその中に入っていたので本当に他人事ではない。


それにしても、危険な山賊もいるという山越えをされた方々もおられたと聞いておりますので、トルコの航空機が全員救出は正確ではありませんが。


トルコの危険を顧みずに日本人に手を差し伸べてくれた好意は、何にもまして、とてもありがたいことだと思うことには、かわりはない。


口先だけで何も考えようとせず、反対ばかりするものにはない、真の友情を感じる。



それを踏まえても、井沢氏の言うとおりいざというときに、救助できる組織は必要不可欠かと思います。



内向きだけでは済まされない。

日本国内だけの話ではなく、外国に棲んでいる日本人の安全も考えて欲しいのは、同じ思いであります。


時代は変わって、朝鮮半島などにおいても、緊急時に日本人を救出できることになるのは、日本人として歓迎するべきことではあります。



緊急時に自国民を助けられるように、努力を重ねられた方々と、実際に危険であるにもかかわらず救出を試みようと訓練されている方々には、心から感謝してもしきれない思いであります。



もちろん、緊急時がないように心がけ身を弁えるのが、周辺諸国の義務であり、責任であり、大前提ではありますが。


日本には金銭面軍事力のみの救いを求めるだけで、いざ助けたら、用済みとばかりに、手のひらを返すように、恩を忘れ、助けた日本が悪いとばかりに、攻め立て保障までしろと言い出し、しまいには日本が侵略してきたなどといわれるようなことがないように、記録に怠りがないように、どさくさに紛れて、「虚偽」のつけ込む隙を与えないように、細心、最深の注意が必要であるのは、確かであります。





[PR]
by akikomichi | 2015-10-31 09:29 | 日記 | Comments(0)



以下他ブログのご紹介のご紹介。
一方的な言論は、必ずほころぶ。
中国は、ごまかすなかれ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
hinata・中国は歴史を直視せよ @hinatanococo

「南京虐殺」一般市民を殺す、掠奪、物品破壊
確かにありました。
唐正智将軍が逃げた後の中国兵がやったのです。
外務省はそれを言うべき! @katayama_s @ichita_y
#南京大捏造 #FakeOfNanking

https://pbs.twimg.com/media/CSN5CPGUEAAOdT4.jpg


[PR]
by akikomichi | 2015-10-31 07:21 | 日記 | Comments(0)

のすたるじあ

ひさしぶり のすたるじあのきりのなか きおくとおのく あしたのために
[PR]
by akikomichi | 2015-10-30 23:57 | 短歌 | Comments(0)

夜の散歩

川辺りの夜の散歩の暗がりの少年語らう 自転車つれて
[PR]
by akikomichi | 2015-10-30 23:51 | 短歌 | Comments(0)



[アムステルダム 29日 ロイター] - オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は29日、フィリピン政府が申し立てていた南シナ海をめぐる中国との紛争の仲裁手続きを進め、今後フィリピン側の言い分を検討するための聴聞会を開くことを決めた。

関係国間の交渉による解決を唱え、仲裁裁判所に管轄権はないとしてきた中国の主張は認められなかった。

中国はこれまでこの問題で仲裁手続きを一貫して拒否し、南シナ海全域の領有権を有するとしてフィリピンのほか、ベトナムや台湾、マレーシア、ブルネイなどからの異議にもことごとく耳を貸していない。

しかし仲裁裁判所は今回、フィリピンが国連海洋法条約に基づいて申請した7件の事項を取り上げる権限があり、中国が仲裁手続きをボイコットしているからといって裁判所の管轄権がなくなるわけではないとの判断を示した。

米国防当局者は、仲裁裁判所の決定に歓迎の意を表明。「南シナ海の紛争に対する国際法の有効性が示されている。各国の領有権には論争の余地がないわけではなく、国際法と国際的慣行を基礎にしたこうした判断は、紛争を解決しないまでも管理を実現できる1つの方法といえる」と述べた。

フィリピンの同盟国でもある米国は今週、南シナ海にある中国が埋め立て工事をした人工島の12カイリ以内に海軍艦艇を派遣する「航行の自由」作戦を実施した。

また米国務省のカービー報道官は定例会見で、仲裁裁判所の決定はフィリピンと中国の双方に法的拘束力を持つとの見方を示した。

米上院軍事委員会のマケイン委員長も裁判所の決定を称賛した上で、米政府は航行の自由作戦を定期的に行うことなどで今後もフィリピンなどの同盟国や連携する国を支援するべきだと強調した。

米戦略国際問題研究所(CSIS)の南シナ海専門家、ボニー・グレーザー氏は、フィリピンはこの問題で中国と十分な交渉をしていないとする中国側の主張が裁判所の見解で明確に否定された点を踏まえると、中国にとっては大打撃だとみている。


[PR]
by akikomichi | 2015-10-30 10:49 | 日記 | Comments(0)

<「水素社会」の実現めざす日本勢>  

無公害燃料が家庭や乗り物の電力をまかなう「水素社会」の実現を国家目標に掲げ、その一環として燃料電池車(FCV)の技術やインフラ整備に重点的に投資している。  

日本側は今週、一段と大きな賭けに出た。ホンダ(7267.T)は東京モーターショーで燃料電池を使う水素自動車の量販モデルを発表。日本では来年3月に発売し、主要市場の米国と欧州でも順次売り出す。「クラリティ・フューエル・セル」と名付けたこの新モデルを同社は一般消費者が手の届く価格設定で発売する予定だ。

同社執行役員の三部敏宏氏はロイターとのインタビューで「水素社会を実現するには絶対に車(水素自動車)が必要」と述べ、一般ユーザーに受け入れやすい価格での提供が「水素社会を実現する着火剤になる」との期待を示した。  

同社によると、クラリティはセダンタイプで、政府による補助金を抜いた小売価格は766万円。トヨタの「ミライ」に続く水素自動車の市販モデルとなるが、トヨタとの技術面の違いは燃料電池スタック(燃料電池、モーター、変速機を一体化したもの)の小型化で、08年に米国の一部ユーザーに試験的に販売したモデルより約30%のサイズ縮小を実現した。  

スライドショー:東京モーターショー

25 of 25
1 of 25
2 of 25
3 of 25
4 of 25
5 of 25
6 of 25
Toyota Motor Corp's C-HR concept car is reflected in a mirror.
REUTERS/THOMAS PETER
7 of 25
8 of 25
9 of 25
10 of 25
11 of 25
12 of 25
13 of 25
14 of 25
15 of 25
16 of 25
17 of 25
18 of 25
19 of 25
20 of 25
21 of 25
22 of 25
23 of 25
24 of 25
25 of 25
1 of 25
  チーフエンジニアである本田技術研究所四輪R&Dセンターの清水潔主任研究員によると、クラリティでは燃料電池スタック全体をボンネットの下に格納し、大人5人が快適に座れるスペースを確保した。水素パワートレインをさらに小型化することで既存の商品への展開が楽になり、「フィット」や「オデッセイ」などにも水素自動車モデルが実現できる可能性があると清水氏は指摘、「そこにこだわって車を作ってきた」と成果に自信を見せた。   政府支援も強化されており、安倍晋三首相は成長戦略に水素自動車の購入への補助金や税制優遇措置、水素燃料ステーションに対する規制緩和など水素エネルギーを促進する様々な措置を盛り込んだ。トヨタの「ミライ」には、政府は約200万円の購入補助金を出し、神奈川県などでは自治体として補助金の上乗せも行っている。政府は3月までに水素自動車がまず導入される都市部で、水素燃料ステーションを100カ所整備する目標を掲げている。   「水素自動車は当然ながらインフラの整備が必要。国レベルの推進策がないと難しいが、日本は相当に政府が投資しており、(水素自動車への支援は)世界でも圧倒的に進んでいる国だ」と三部氏は話す。   <いずれにも大きな課題>   次世代車の動力源をめぐる覇権争いは、日中間だけでない。水素自動車の開発では、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)がホンダと、BMW はトヨタと提携。

[PR]
by akikomichi | 2015-10-30 09:08 | 日記 | Comments(0)

千歳飴 金太郎飴

熱田さんみやげにひとつ千歳飴 きってもきれない金太郎飴のあじ
[PR]
by akikomichi | 2015-10-29 22:41 | 短歌 | Comments(0)

格式

太政官命令編集するが格 政務施行儀礼法規が式
[PR]
by akikomichi | 2015-10-29 22:33 | 短歌 | Comments(0)

各国が力を合わせて作る平和が何よりである。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ASEAN:南シナ海「航行の自由」言及へ 共同宣言案

毎日新聞 2015年10月29日 20時45分

 【バンコク岩佐淳士、北京・石原聖】11月初旬にマレーシアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)と日米中韓豪などのASEAN拡大国防相会議の共同宣言案で「航行の自由の重要性」が言及されていることが29日、分かった。ASEAN関係筋が明らかにした。会議では米国が南シナ海で「航行の自由」作戦に踏み切ってから初めて米中の国防相が接触する見通し。双方が主張を激しくぶつけ合う展開になりそうだ。

 宣言案はASEAN議長国のマレーシアが作成。国連海洋法条約などの順守についても明記されている。中国は米国の「航行の自由」作戦に強く反発しており、宣言案に難色を示し、最終的に内容が変更されることもあり得る。

 南シナ海問題を巡りASEANは米中対立のはざまに立たされている。中国と対立するフィリピンやベトナムは米国に接近。一方、中国は経済援助でカンボジア、ラオスなどを取り込む。11月中旬からはアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議など関連国が集まる国際会議が相次ぐ。ASEANを自陣に取り込もうとする米中のせめぎ合いも激しさを増しそうだ。

 一方、中国国防省は29日、同会議に常万全国防相が出席すると発表した。また、同日夜、中国海軍の呉勝利司令官が米海軍制服組トップのリチャードソン作戦部長とテレビ会談して「厳正な立場」を伝える。米軍の「航行の自由」作戦後に米中の軍高官が意見交換するのは初めてとなる。



[PR]
by akikomichi | 2015-10-29 21:19 | 日記 | Comments(0)