<   2014年 02月 ( 166 )   > この月の画像一覧

日米が共同開発した全球降水観測(GPM)衛星を載せたH-2Aロケット23号機が、日本時間28日午前3時37分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。GPM衛星は約15分後に衛星軌道に乗り、打ち上げは成功した。

 日本メディアが「ロケットの打ち上げ成功」に軸足を置いた報道に傾く中、海外メディアも関連記事を掲載。GPM衛星が行う降水観測など、打ち上げられた衛星の働きに期待を寄せる報道が目立っている。

【日米の装置が衛星から地球の降雨・降雪を観測】
 GPM衛星は、米航空宇宙局(NASA)のゴダード宇宙センターで設計・製造された。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した高性能レーダー(DPR)と、NASAが開発したマイクロ波撮像装置(GMI)を搭載し、既に打ち上げられている各国の気象衛星と連携して全地球的な降雨・降雪の観測を行う。

 JAXAのDPRは、地球全体をスキャンし、降雨・降雪を3D映像で視覚化したデータを提供する。これまで観測できなかった微量の雨や雪の分析もできるという。一方、NASAのGMIは、雲の中にためられた雨量と、地表に降り注いでいる雨量を積算する。GPM衛星は、これらのデータとともに、他のアメリカ、日本、インド、ヨーロッパの気象衛星とリンクし、3時間ごとの詳細な気象データを地上に送る予定だ。

 宇宙関連ニュース専門サイト『SPACE.COM』のインタビューに答えたNASAの科学者は、人間の健康診断に例えて解説する。「JAXAのレーダーはCTスキャン、NASAのGMIは雲の中を見通すX線のようなものです。医者がこれらを使って人体に起きていることを判断するように、我々はレーダーとラジオメーターを使って雲の中を観測するのです」。

【英紙は香川大の“宇宙掃除機”に着目】
 一方、英紙ガーディアンは、メインのDPRとGMIとともに衛星に搭載された香川大学の“宇宙掃除機”に着目する記事を掲載した。
 
 これは、Space Tethered Autonomous Robotic Satellite-2 (Stars-2)という装置で、一対の小型の“親子衛星”をテザーと呼ばれる金属製の引き綱でつなぎ、その発生する電力によって衛星軌道上に浮遊するデブリ(宇宙塵)を掃除するという。香川大学の研究グループがJAXAの協力で開発。漁網メーカーの日東製網がテザーを提供した。

 “掃除”のプロセスはこうだ。テザーは、最大伸長300mの金属ロープのようなもので、直径0.1mm以下のステンレスとアルミの繊維を組み合わせてできている。これを親子衛星の間で伸ばした状態で地球の磁場を通過すると、テザー全体に電力が発生。その影響で軌道上を高速で周回するデブリのスピードが落ち、やがて大気圏内に落下して燃え尽きる。「これで掃除は完了だ」とガーディアンは伝える。

 同紙は「現役の人口衛星がデブリに衝突する危険は年々高まっている」と懸念を示す。NASAによると、地表から800~1,400kmの宙域には、ソフトボール大以上のデブリが2万個程度散らばっている。それ以下の大きさのものを含めると何千万個にもなるという。

 Stars-2は、衛星軌道上で実験を重ね、2019年にシステムを稼働させる計画だという。

【高い打ち上げ成功率を称える】
 種子島宇宙センターで行われた打ち上げは、キャロライン・ケネディ駐日アメリカ大使も見守る中で行われた。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「過去の失敗例は1回だけだ」と日本のロケット打ち上げの高い成功率を称えた。

 同紙はまた、「他国のロケットに自らの衛星を載せ、さらにそれをアメリカの外から打ち上げる。これはNASAにとって、非常にユニークな経験だ」という、打ち上げ現場に駆けつけたNASAのエンジニアの感想を掲載した。

 『SPACE.COM』によると、今回のプロジェクトにかかった費用は合計約12億ドル。アメリカが衛星本体、地上システム、電子機器に9億3300万ドル、日本が高性能レーダーとH-2Aに2億2600万ドルを投じたという。

下町ロケット (小学館文庫)


[PR]
by akikomichi | 2014-02-28 21:11 | 日記 | Comments(0)

オランダの首都アムステルダムで2月6日、有名な売春街「飾り窓地区」に売春博物館がオープンした。

 驚くような名称だが、オランダでは2000年に売春が合法化。飾り窓地区では、下着姿の女性たちが建物の赤い窓枠から体を見せ、客を誘う。博物館は観光客向けだ。売春宿を再現した部屋や、コンドームなどの仕事道具の展示などがある。世界最古の職業とされる売春婦がどのように働くのかなどの“実生活”を見てもらい、売春婦への敬意を持ってもらうのが狙いだという。

■売春婦たちの「世界」を垣間見る

 AP通信やフランス通信(AFP)によると、博物館は運河を望む売春宿にはさまれた場所にオープンした。飾り窓地区はいわゆる赤線地区で、近くには、性や性行為に焦点を当てた「セックス博物館」や「エロス博物館」もある。

 博物館は、売春婦たちがどんな生活をし、どうやって働くかを学んでもらうのが狙いだ。

 中に入ると、下着姿の売春婦の3次元映像が出迎える。また、売春婦たちが家族と過ごす日常生活の様子などの映像が見られるほか、ファッションや仕事に対する姿勢などの歴史を学べる展示もある。

 APは具体的な“働き方”も報じている。例えば、「飾り窓」を半日150ユーロ(約2万700円)で借りる。11時間交代制。再現された部屋(長さ2・7メートル、幅1・8メートル)には、1970年代から使われているブラックライトが灯され、コンドームや潤滑ローションなどの仕事道具が置かれている。ベッドは低く強い構造だ。

 アムステルダムの売春ビジネスに関わる関係者はフランス通信(AFP)に対し、こう述べている。

 「新たにオープンした売春博物館は売春婦たちの世界を垣間見ることができる内容。例えば飾り窓に腰掛けたときの気持ちとか、飾り窓側から見た景色とかです」

■「最初は本当に辛かった」

 アムステルダムで現在、性産業に従事しているのは約7千人。ルーマニアやブルガリア出身で、経済的に苦しい女性が75%を占めている。また、飾り窓地区には300以上の「窓」があるが、そこで働いている女性は多くないとされる。

 AFPは2012年12月に、アムステルダムの同地区で働く2人のおばあちゃん姉妹を取り上げている。当時70歳だった双子のルイーズさんとマルティネさんのフォケンズ姉妹だ。

 2人は1960年代から半世紀にもわたって売春婦として働いてきた。2人の映画がアムステルダムの国際ドキュメンタリー映画祭で上映されたこともあるほか、2冊の本を出版。また、売春宿を自ら経営し、売春が合法化される前から性産業従事者のための労働組合を立ち上げ、暴力、搾取と闘ってきたという。

 ルイーズさんはAFPに対し、約50年に及ぶ売春婦生活について「最初は本当に辛かった。思考を止めるしかなかった。年をとってからよ。ましになったのは」と語っている。

■売春婦も働く女性の一人

 オランダのように欧州では売春が合法化されている国は少なくない。支援団体などが強調するように、「売春婦も働く女性の一人」という考え方の広がりとともに、合法化することによって、組織による搾取や暴力から保護しようとする狙いある。オランダやドイツ、ハンガリーは売春婦が職業として認められており、失業手当も支給されるという。

 AFPによると、約40万人の売春婦が働き、一日の総売上が6800万ドル(約68億円)になるスペインの東部イビサ島では、売春婦11人が組合を通じて税金を納め、公的医療制度のサービスや年金などを受けるため協同組合を設立した。

 また、スイス・チューリッヒには2013年8月、売春線用のドライブイン「セックスボックス」が誕生したが、これも日中から半裸の女性が付近の街角に立つ売春宿を市中心部から郊外に移し、当局が管理するのが目的だとされる。

 大阪には、かつての遊郭の名残をとどめる飛田新地(大阪市西成区)がある。戦後も赤線地区として生き延びたが、昭和33(1958)年の売春防止法施行で廃止。いまは「料亭」と名を変え、昔ながらのスタイルで“静かに目立たず”営業を続けている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

性生活でなく。
暴力性と滑稽性と生活性。
そこに金が生まれる。
人権とは一体何なのか。つきつけられる。オランダのオープンさ。

朝鮮戦争時の朝鮮人韓国軍の強制性には触れようともしないその姿勢に、大多数の日本人は大いなる欺瞞を感じ、疑問を持つ。
戦時中に関係なく、強制性を強調するだけで、根本を何も解決しようともしない、村山社民党には呆れ果てる。
あの人が韓国の走狗と言われる所以である。
日本人にだけいうことで解決するわけがないのは目に見えている。
そもそも、売春をしていることから、目をそらさせている。
今も売春ははびこっていて、強制性もあるがその根本すら見ようともしない。
女性の権利というものは何なのか、売春とは何なのか、職業というだけでいいのか。

[PR]
by akikomichi | 2014-02-28 08:20 | 日記 | Comments(0)

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日午前3時37分、鹿児島県の種子島宇宙センターから国産ロケット「H2A」23号機を打ち上げた。JAXAと米航空宇宙局(NASA)共同開発の全球降水観測(GPM)計画の主衛星を予定の軌道に投入、打ち上げは成功した模様だ。

 今回の成功で、H2Bロケットも含めた成功率は96.2%(27機中26機が成功)となった。【渡辺諒、津島史人】

[PR]
by akikomichi | 2014-02-28 07:59 | 日記 | Comments(0)

べんとうとべんと

べんとうとべんとのちがいをしるよしもなかった早弁と排気弁
[PR]
by akikomichi | 2014-02-28 01:47 | 短歌 | Comments(0)

遠足

とおくまであしをのばしていくならば あめあがりのさいごのえんそく 
[PR]
by akikomichi | 2014-02-28 01:42 | 短歌 | Comments(0)

友と会う夢

古校舎 共にまなんだ友と会う夢見た後に同窓の知らせ
[PR]
by akikomichi | 2014-02-27 18:14 | 短歌 | Comments(0)

顔半分にインクがつく夢を見る とろうとしてもとれない夢だ
[PR]
by akikomichi | 2014-02-27 15:58 | 短歌 | Comments(0)

[北京 26日 ロイター] -中国の少数民族、ウイグル族の著名な経済学者であるイリハム・トフティ氏が、国家分裂容疑で逮捕されたことが分かった。同氏の弁護人は、有罪となれば最高で死刑判決が下される可能性もあるとしている。

警察当局は先月、トフティ氏を拘束。今月25日になって、同氏が国家分裂容疑で逮捕されたと妻に通知されたという。

トフティ氏の弁護人は、公正な裁判が行われる可能性は低いとの見方を示した。有罪となれば禁錮10年から終身刑の判決が予想される一方、「国家分裂罪には死刑が適用される場合もある」と述べた。

米国務省のサキ報道官は、トフティ氏の逮捕に深刻な懸念を示すとし、中国当局に対し同氏の釈放を求めた。

トフティ氏は中央民族大学の経済学者で、ウイグル族の権利擁護を訴えてきた。支持者によると、同氏はこれまで、ウイグル族が関与したとされる事件をめぐり当局とは異なる見解を発表。昨年10月に北京市の天安門前に車両が突入した事件では、当局は新疆ウイグル自治区出身の過激派によるものだと断定したが、同氏はこの判断を疑問視していた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~~~~


ひどいことである。
人権などないに等しい。
イリハム・トフティ氏の即時釈放を求める。

[PR]
by akikomichi | 2014-02-27 11:08 | 日記 | Comments(0)

『自決より四十年 今よみがえる 三島由紀夫』 松浦芳子著を再読。

どこかでお聞きした名前であると思ったら、やはり、杉並区の議員の、先だっての慰安婦像に対する地方から?の動きを起こされた方であった。

ありがたいことである。

無責任なものと違って、こどもたちの未来を思って行動されている。

頭がさがる思いである。

知識を振りかざすだけのものは信用出来ない。

最後には行動で示された三島さんのご意思を継いでおられると思われる。

松浦芳子氏は、夢か現かわからぬ状態であとをたのんだよと、自決の後、はっきりと三島さんに言われたという。

そういうことも含めて、この方は信頼できると思われる。

うわべではないところで動いてくださっている。

本当にありがたいことである。

こういう方となら、一緒にやっていきたい。


それにしても、松浦芳子氏の杉並区の図書館において、多数の本を破かれる嫌がらせを受けているのは、慰安婦問題に対する何かしらの嫌がらせのように思えてならないのは、私だけであろうか。

印象操作。としかいいようがない。

早く犯人を特定し、この一連の不愉快な行動に終止符をうたなければならない。

心ない貶めたものには、貶められた日本だけではなく世界の怒りと罪を償う責任がある。

徹底的に戦う。

[PR]
by akikomichi | 2014-02-26 22:19 | 日記 | Comments(0)

三島さん

三島さん あなたがたくしたひとたちはさいごまでまもるものがあるもの
[PR]
by akikomichi | 2014-02-26 21:07 | 短歌 | Comments(0)