2017年 11月 30日 ( 1 )

「殺文句」

殺してください。
といわれた。
ロープを徐ろに結ぶ。
ロープに輪っかを作ってその輪っかの首のところに、二度ぐるりとまわして締める。
それから、トラックの引っ掛かりを探して。
我々は、茅が動かぬように、力の限り、くびり殺すのだ。

ある方が亡くなった。
その方が亡くなったのは、あんたのせいだ。
といわれた。
見えないロープを力の限り首といわず全身に巻かれ締めあげられた。
ような。殺文句。

誰かのせいにしないといられない。
殺文句を吐くものは。
あんたが死のうとご自由にと言い放つ。
殺文句を吐き続けるもの。
死神の呪文は殺文句。







[PR]
by akikomichi | 2017-11-30 20:33 | 詩小説 | Comments(0)