2017年 05月 17日 ( 1 )

「雉の鳴き声」

昼のこと
茅葺の屋根のそばで憩いながら夢現つの最中
キーと高く何かが鳴いた
目を開けると草むらの真中に赤と緑の際立つ鳥の姿が目の中に飛び込んできた
雉がすぐ近くで立っていた
雉の鳴き声を初めて聞いた
放し飼いにされている雉の鳴き声を聞いた
番になって相聞歌のようにないてお互いの居所を探しているのだ
目に見えない片割れが丘の向こうの草むらで
キーと鳴いていた


[PR]
by akikomichi | 2017-05-17 20:10 | 詩小説 | Comments(0)