2017年 04月 30日 ( 1 )

「からすどまり」

日田から湯布院に行く道すがら

小高い丘の上に親方たちが作ったという茅葺屋根のお家がある

そこを覗いてみると

一本の茅を咥えてからすが茅葺屋根にとまっていた

得意そうに茅葺屋根の上にとまっていた

茅葺屋根にはからすどまりというものがある

からすどまりにからすがとまるように

いたずら好きのからすがそこにいてくれるように

棟の少し下に

ちょこんとのっかれるようにこしらえてある

からすも茅が好きなのだ




[PR]
by akikomichi | 2017-04-30 20:34 | 詩小説 | Comments(0)