2017年 04月 13日 ( 1 )

陰陽の時

満月の夜が美しかった。
次の朝。
陽の登る時を見た。
それから、陽の暮れる時を。
山の向こうから登る陽と山の向こうに暮れる陽とを。
殊の外、美しかった。
忘れられない陽である。

[PR]
by akikomichi | 2017-04-13 21:27 | 詩小説 | Comments(0)