2017年 03月 27日 ( 2 )

「解かれた束」

報道の束が解かれ
報道が束になって押し寄せていたとき

ペットボトルと線香の束は解かれ
波に乗って押し寄せてくる夢を見た

煩悩の二つ手前の
ゴミになった空洞の報道と湿って煙も立たない祈りのようで










[PR]
by akikomichi | 2017-03-27 04:23 | 詩小説 | Comments(0)



民進党はあきらかにおかしい。
なぜ、辻元氏の名前を伏せるのか。
新聞は事実を黒塗りにはせずとも、透明になかったことにし、穴開きにしてきた。
これが日本の戦後の正体だということが理解できた。


以下抜粋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

辻元清美は放送禁止用語です

人気ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
----------
改めて書きます。
当ブログはコピペ自由となっております。
当ブログでアフィなどで稼ぐ目的も一切ないので
遠慮無く利用できるのなら利用してください。

ただ、引用したことで妙なのに絡まれた場合なども考えて
引用元がわかるようにしておいていただければと思います。
困った時は「引用元へ行け」でぶん投げた方がなにかと楽かと思います。


では、まずはお隣韓国の大型アトラクション施設。
キムチタワーリングインフェルノことロッテタワーのニュース。

【オープンを控えたロッテワールドタワー展望台エレベーターに地元の乗客39人が25分間閉じ込められる】
オープンを控えるロッテワールドタワー展望台のエレベーターが、停止する事故が発生した。

ロッテワールドによれば19日の午後5時15分頃、タワー展望台の『ソウルスカイ』に行くダブルデッキエレベーター『スカイシャトル』が作動を停止した。この日ロッテワールドでは来る22日のソウルスカイのオープンを控え、役人と家族を招待してイベントを進行中
だった。

この事故で地下1階エレベーター20人、地下2階エレベーター19人の乗客がエレベーターに25分程閉じ込められた。ロッテワールド側は、「展望台の施設管理職員が手動で扉を開いて安全に下車させた」とし、「試運転と施設安定化作業を続けて進行中」と説明した。
正確な経緯は把握中である。
(2017/3/20 国民日報(リンク先韓国語))



水族館の壁から漏水していたり、
ビルの主柱にすでにヒビが入りまくっていたり、
床もひび割れしまくっていたり、
建物の歪みからドアが開けられなくなったり、
映画を鑑賞中に地震でもないのに映画館がデュアルショック状態になるなど、
お客様の精神を休ませない手の込んだアトラクション施設として知られるロッテタワーですが、
今度はエレベーターが停止して閉じ込めるというドッキリが仕掛けられていたようです。

韓国伝統のケンチャナヨ工法を見せつけてくれている同アトラクションですが、
三豊デパートや聖水大橋の事例があるだけに
命懸けのアトラクション施設になりそうです。


お次は社民党の機関紙、社会新報から。

【共謀罪の本質 日常的監視で「犯罪」がつくられる】
政府は共謀罪法案の原案に、「組織的犯罪集団」の前に「テロリズム集団その他の」を加えるという修正をした。だが、「テロリズム」とは何だろうか。秘密保護法などで定義されているテロリズムとは「政治上その他の主義主張に基づき、国家もしくは他人に強要し、または社会に不安もしくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、または重要な施設その他を破壊するための活動」。これは個別多数の犯罪を説明するものではなく、むしろ戦争という「国家テロ」の定義にふさわしい。実際、この規定は米軍由来との指摘がある。つまりこの追加に対象の限定作用はない。

 共謀罪は人々のコミュニケーションを監視し、思想・内心を取り締まるものだとよく言われるが、その意味の深さは想像以上だ。例えば当選したら賄賂を取ろうと共謀し、落選したので事前収賄罪は成立しなくても、事前収賄の共謀罪は成立する。行為があり結果が生じ、そこに因果関係があるという客観的要件は、共謀罪の成立には要求されない。

 そうすると対象犯罪が半分以下になったということの制約効果は乏しい。いかなる犯罪の共謀を認定するかは、当局がどんな筋書きを書くのかとほぼ等しくなるからだ。刑減免をぶら下げた共謀の自白誘導は、その強力な武器となろう。

 だからこそ盗聴などの手法が捜査の柱となるのであり、監視社会化は共謀罪導入の付随的効果などではなく、その必然的帰結だ。

 どんな共謀が監視対象となるのか。何よりまず、自民党改憲案流に言えば「公益および公の秩序」に反すると当局が判断する思想信条の表出だろう。行動に移される前の意思が問われるのだから、治安維持法下の転向強要も昔話とは言えなくなる。ここで冒頭の「テロ」の話に戻れば、公式には「政治犯」はいないことになっている日本で、テロリストとは矯正されるべき考えの持ち主の権力による総称となるのではないか。

 結果以前に成立する共謀罪のもう一つの重要な側面は、その一網打尽性だ。すでに現行の組織的犯罪処罰法(共謀罪法はその改正案)においても、組織内に犯罪を行なっているという認識のない構成員がいたとしても、犯罪実行目的の組織という認定には影響しないという運用が行なわれている。団体内の一部で犯罪実行の合意(共謀)が認められれば、その団体は組織的犯罪集団になり、その構成員全部が犯罪集団のメンバーと見なされる可能性は強い。

(社会新報2017年3月22日号・主張より)



うん。賄賂を取ることを前提に話を進めてた時点で問題ありすぎです。
「俺達は犯罪計画を立てているが、失敗したときまで逮捕対象にするのは国家によるテロだ」
と言っているわけです。

いつぞや共産党が共謀罪反対で撒いていたビラでも
共謀罪が成立したらこんな事が違法にされて逮捕されるのですと
不安を煽ろうとする内容でしたが、

「解雇を撤回させるために社長を監禁するべく計画を立てていたら逮捕」
「工事を阻止するために違法行為による工事妨害の計画を立てていたら逮捕」
「政治的主張を見せつけるべく基地のフェンスに掲示物を貼る打ち合わせをしていたら逮捕」
「これら違法行為を行う前提で資金を準備、提供したら逮捕」
こんな事も犯罪にされるのです!

とかいうものでした。
一般人から見たら
「全て違法行為を行うこと前提じゃねーか」
とツッコミが確実に入る内容となっていました。

今回の社民党の機関誌での主張も全く同様です。
犯罪組織が
「俺達は犯罪を行おうとしてるけどそれを計画段階で潰すとか国家によるテロだ」
という主張で一般人を説得できるとは全く思えません。


お次は25日の朝日新聞の社説から。

【(社説)森友学園問題 説得力ない首相の説明】
疑問はいっこうに晴れない。
~中略~
 籠池氏は、虚偽を述べれば偽証罪に問われる証人喚問で証言した。昭恵氏も自ら国会で説明すべきである。



内容があまりにレベルが低すぎるので大幅に省略しました。
ポイントだけピックアップします。
(この社説一つだけでも朝日新聞の中の人達ってのは素人以下だとよくわかる低レベルさでした)

まず今回の件に限らず挙証責任というのは言い出した側が負うものです。
そうでなければ悪魔の証明になりますし、
いくらでも相手に嫌がらせできることになります。

朝日伝聞はこの社説で

>一学校法人の要望を官庁に取り次ぐものだろうか。

>首相夫人付からの問い合わせは、官庁に政治的な影響力を持ちうる。

>疑問はいっこうに晴れない。

などという3つの言い回しをしています。
民進党(偽)とマスゴミで事前に「忖度」という路線でこの話を続けようと
おそらく調整済みなのでしょう。
マスゴミと民主党の結託、なぜか口裏合わせ済みってのは今までもあった話ですから。

そもそも陳情というのが来たら無視するわけにいかないので取り次ぎます。
「取り次いだ結果ご希望に添えませんでした」
でお断りする事も含めて普通にあるやり取りです。

そして「疑問はいっこうに晴れない」と書いていますが、
それを取材して明らかにするのがジャーナリスト宣言までしてる朝日新聞ほか
本邦の「ゴミ」と呼ばれて定着してしまった新聞のやることでしょう。

なんの取材もせずに
「あいつは怪しい。とにかく怪しいんだ!怪しいから許すな!逃がすな!とにかく怪しいニダ!国民は俺達の言うとおりに洗脳されてればいいニダ!あいつは怪しいニダ!」
と連日書き殴っているだけです。

ブログ主だって時間が許せば取材するというのに。

マスゴミ連中が大騒ぎしている理由は簡単で、
元々が作り話であるため証拠など存在しないことがわかってるからです。

だから「噂」だけで人を処罰できるようにしようとさせているわけです。
法治国家である日本を韓国のような野蛮な人治国家にしたいのでしょう。

このブログを読んでいて朝日新聞が悪いと思う人は
朝日新聞に貸した金の返済を要求してみてはいかがでしょうか?

朝日新聞は自民に対しては
「言い出した方に挙証責任が一切なく、言われた方に挙証責任がある」
という理屈で一貫していますから。



さて、ここで全く関係無い話をしたいと思います。
皆様は延暦寺をご存知でしょうか?
信長に焼き討ちされた事で有名だと思います。

室町時代の京都の酒蔵というのは麹を購入して作るものでした。
そのため麹を作る専門の業者がいました。
そこで麹業者達が麹販売を独占して荒稼ぎすることを思いつき、
幕府に取り入りました。

しかしながら当時でも人気の酒蔵は自前で麹造りをしているところも少なくありませんでした。
そこで麹座(座というのは当時の同業者組合のこと)は幕府を利用して
こうした酒蔵の打ち壊しを行うなどして実力行使で市場支配を進めました。

これが大事件に発展します。

麹座の差し向けた連中がいつものように打ち壊しに入った酒蔵が延暦寺の直営だったのです。
そして麹座の大株主も実は延暦寺だったのです。

ところが麹座はそれなら延暦寺と言えど俺達をつぶせまいと開き直りました。
これに延暦寺が激怒。
延暦寺にびびった幕府は麹座に幕府軍を差し向けて潰してしまいました。

ちなみに当時の有力な寺ってのはガチムチマッチョな完全武装の僧兵さん達が集まり、
力尽くで治外法権を認めさせているような場所で、
今の仏教のようなイメージとはまるで違いますので要注意です。



話を戻しましょう。

籠池嫁と昭恵夫人のメールの中で
辻元清美が彼女がバックにしている同和と在日の利権団体かつ中核派の過激派としてしられる
連帯ユニオン関西生コン支部が今回の件に噛んでいる事がバレないように
辻元清美の名前そのものを伏せてしまっています。

口にするのも憚られるほど辻元清美という名前は呪われているのでしょう。
これは人権侵害ですね。

おそらくも皆さんも今回の問題に火を付けていたのが辻元とその仲間であること、
同和と在日という彼女が抱える闇がそこにあること。
(山尾、辻元、村田R4・・・民進党の女性議員って闇かかえすぎですね)

等々いろいろとネットで拡散されていると思います。

全て取り上げるのも時間がかかりますので簡単に流れを書きます。


民進党(偽)(デマノイとか)の議員達が
「昭恵夫人と籠池夫人のメールの内容を公開しろ!悪い事をやってるから公開できないんだろ!」
と騒ぐ。
 ↓
自民党側は総理などにも確認を取り、メールの内容を公開することを決定
 ↓
民進党(偽)が突然「メールの内容公開を断固拒否する!」と豹変
 ↓
自民党「ではマスコミに公表いたします」
 ↓
変態新聞が全文を掲載するも直後にあわてて記事を削除。
 ↓
メールには辻元清美が連帯ユニオン関西生コン支部のメンバーを工作員として入れて
森友学園の件で虚偽の証言をマスコミにさせていたことが書かれていた。
 ↓
民進党(偽)あわててマスコミ各社に公表しないように圧力をかける


民進党(偽)は自民党には疑惑を晴らす責任があると
だから昭恵夫人についても証人喚問に応じろと叫んでいます。

そうであるのなら辻元清美も証人喚問でこの疑惑の潔白を晴らすのが筋でしょう。

ましてや「森友学園調査チーム」の会見で
「安倍首相には疑惑に関わっていないというのなら潔白を証明する責任がある」
と言っていたのは辻元清美本人なのですから。


また、これに絡んで豊中市が平成22年に購入した森友学園の隣の
野田中央公園の土地の購入価格について
辻元清美が当時国土交通副大臣の立場を使って便宜を図った疑惑が出て来ました。

10億円相当の土地を森友学園が1.4億で購入した事に不正があったというのが
民進党(偽)や朝日新聞の主張なのですから
(一番最初に騒ぎ始めた豊中市議の木村某も連帯ユニオン関西生コン支部や緑の党関係)

森友の件が不正ならば
地下埋設ゴミの処分をしなくていいのに14億円の土地を2000万円にディスカウントし、
しかも瑕疵担保責任付きの美味しすぎる条件にしての売却はもっと怪しい話でしょう。
当時の国土交通副大臣の辻元清美には
当然ながらこの疑惑の潔白を証明するために証人喚問に自ら進んで立つべきでしょう。


さて、元々このあたりは在日や同和のバラック小屋が建ち並び
産廃が地下に埋められていて地価が付かないクズ地でした。

小学校を作りたいと考えている怪しい夫婦がいました。

そこでこの土地をこの怪しい夫婦に売ろうという話が進みます。
学校が建てば文教地区となるので周囲のクズ地の来歴を誤魔化して高く売れます。
この土地を持っている同和利権の人達は大喜び・・となるはずでした。

ところが怪しい夫婦は小学校を建てるのには資産がまったく足りず、
大阪府の規定でも絶対に認可を出せない財務状況でした。
これについては当時の審議会でも問題になっていた事が議事録に残っています。

それでも大阪府は認可を出す事を決定しました。

そして話はトントン拍子で進み、春にはいよいよ開校というところまできました。

ところが辻元清美のお友達の豊中市議や朝日新聞が
安倍政権への嫌がらせにこの土地を利用することを思いつき、
本当は値段の付かないクズ土地だったものを10億相当の高級不動産だった。
安倍が取引に不正を働いたと騒ぎ出しました。

そこで辻元清美は騒ぎにさらに燃料を加えるためにお友達の
連帯ユニオン関西生コン支部のメンバーを工事現場に送り込み、
虚偽の証言をさせてメディアで報道させました。

ところが工事業者に確認を取っていた籠池嫁が
辻元が裏で糸を引いていた事を昭恵夫人へのメールで暴露していました。


さてさて、土地を高値で売れる予定だった人達を実質的に潰す事になったのが
同じ同和利権をむさぼってきた人達だということを考えてみてください。

辻元清美は議員生命終わりどころかある日突然行方不明になるかもしれません。

裏で糸を引いていた事が周知されてしまったら、
自分達の儲け話を潰した犯人が誰であったかという事実が知られてしまったら・・・。

在日や同和の闇が周辺の土地取得に絡んでいたとしたら。


マスゴミはなぜ民進党(偽)の意向は忖度して報道しないのでしょうかね?

読売新聞のこの記事なんて特にヒドイです。

で、今回の辻元清美の件についてマスゴミが徹底的に隠している事を
3月25日の会見で維新の会の松井一郎知事が指摘しています。


(この動画26分過ぎあたりです)

松井知事「メディアの皆さんもね。さっきも言いましたけど、民進党の要請うけて(辻元関連の情報隠蔽)忖度しているじゃないですか。読売新聞も。辻元清美さんという名前は一切出さない。ほかの与党の名前は出す。そういうのを僕は悪い忖度だと思いますけど。」

朝日新聞記者「昭恵夫人の名前が出て、昭恵夫人が名前を出したから財務省がそれを忖度して云々・・(以下略」

松井知事「籠池理事長が何度も財務省や財務局に行ったと証言してますよね。そこで勝手に総理や夫人の名前を使ったと。これで忖度があったかどうかなんてその職員しか解らない話でしょ。でも勝手に名前を使ったんですよ?」



朝日新聞が
「昭恵夫人が関与したから財務省が忖度して値引きしたんだ」
という話になんとしても持っていこうとするため
辻元清美という名前まで出たのに流れを完全無視した質問をすぐにしていました。

辻元清美の件ではマスゴミが一斉に民進党(偽)からの要請を忖度して、
情報規制を行っている事は明らかな事実です。

そして松井知事のこの会見が読売新聞のフィルターを通すと・・・

【松井知事「首相は忖度あったと認めるべきだ」】
(2017/3/25 読売新聞)


読売新聞もびびって辻元の件は完全に隠蔽。

それどころか松井知事から民進党(偽)の要請を忖度して情報隠蔽に荷担している。
という事実の指摘すら隠蔽しました。

読売もとっとと報道の看板をしまって「巨人軍新聞」だけでいいんじゃないですかね?
国民に都合の悪い事実を隠蔽し続けるなんて
彼らがいつも被取材対象を吊し上げる理由として
やたらと繰り返している「国民の知る権利」とやらをまさに全否定しているんですから。



[PR]
by akikomichi | 2017-03-27 02:54 | 日記 | Comments(0)