2016年 06月 17日 ( 3 )

『茅葺屋根の下にて』

茅葺屋根のきのこ傘 大地に生えてそびえ立ち。

しっとり雨も降りしきり。

風が流れる土間の上。

茣蓙を敷いては車座で。

赤米 黒米 木の器。

だご汁すすり ゆずごしょう。

軒先き吊るした玉ねぎと大蒜の束揺らす風。

紫陽花 石蕗 雨すすり。

いきてる事の静けさよ。

心地よさにも洗剤の入らぬ暮らしの水入らず。

ふんどし一丁くださいな。

いったん木綿のバリ島の柄の古布柔らかく。

風を通して 縛られず ふんどし仲間と語らいて。
[PR]
by akikomichi | 2016-06-17 22:14 | | Comments(0)

いただいたミントとレモンバームと稲の苗 緑の束と空の如雨露
[PR]
by akikomichi | 2016-06-17 21:53 | 短歌 | Comments(0)

『土と雨と草と稲』

小糠雨。
土の上に柔らかな雨。
鎌を持ち草を刈り。
土を掘り白い根を掘り。
穴を穿ち一つだけ稲を植える。
苗床に小さな瑠璃色の虫と雨粒。
かえるが土から浮かぶ。
稲には産毛が生えている。
幼子の背中に残る柔らかい産毛。
棘はない。産毛がある。
大地に生え変わり生き始めた稲。
並んでいく。
植えているものは横一列縦一列に並びたくなかったものたち。
稲はそれでも並んでいく。
雨に包まれ並んでいく。
[PR]
by akikomichi | 2016-06-17 07:11 | 詩小説 | Comments(0)