千島は日本の領土

千島は日本の領土

〜〜〜〜〜〜〜〜
千島列島で露軍、旧日本軍の飛行場再建に着手か

インタファクス通信によるとロシア軍は1日までに、千島列島中部のマトゥア島(松輪島)で旧日本軍のものとみられる飛行場の再建作業に着手した。飛行場には長さ1200メートル以上、幅80メートルの滑走路が2本あり、すでに臨時飛行場用設備が搬入され、ヘリコプターの離着陸が可能な状態だという。島ではまた、大型揚陸艦の接岸に向けた準備が行われ、測量作業も活発化している。露軍は千島列島周辺での海軍基地建設を計画しており、マトゥア島はその候補地とみられている。(モスクワ 黒川信雄)
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 22:54 | 日記 | Comments(0)

岸田文雄外相は2日の記者会見で、中国が東シナ海の日中中間線付近でガス田関連の構造物を新たに建設したため、中国政府に抗議したと発表した。中国の構造物計16基のうち、これまで海面下にあった2基で、海面上まで建設が進んだことを5月下旬に確認したという。岸田氏は「中国の一方的な開発は極めて遺憾で、早期の協議を求めたい」と述べた。【前田洋平】
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 22:28 | 日記 | Comments(0)


http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/8/9/8973.html より


地震が多発する場所から音響レーリー波が発生している
南海トラフの沈み込み地帯では、地殻と海洋が常時振動していることがわかった。地中で起きた微小地震から地震波が発生し、音響レーリー波になるメカニズムが解明された(提供:JAMSTEC)
 海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、南海トラフのプレートの沈み込み地帯で、地殻と海洋が毎日ごくわずかに振動していることを世界で初めて発見した。振動の原因となる波動を解析したところ、南海トラフで小さな地震が相次いでいる領域から放出されていることもわかり、地震活動を監視する新たな手段になるものとして注目が寄せられている。

 地球は大気や海洋の乱れによって常時振動しているが、これらの振動は周期が長く、非常にゆっくりであるため、人が感じることはない。これまでの研究で、常時振動は地震のように発生直後のみに単発で起こる振動とは性質が異なり、関連性がないとみなされてきた。

 JAMSTEC地震津波海域観測研究センターの利根川貴志研究員らは、2011年9月から12月にかけて、南海トラフを南北に横切る4本のラインと、東西にのびる1本のラインの海底に、「ハイドロフォン」という装置を150カ所にわたって設置。

 この装置を使って水中の音波を観測したところ、従来の地震波データでは「ノイズ」として見過ごされていた、周期が短い「音響レーリー波」という波動の発生が新たに確認された。

 この波動の進む方向と地震の震源地を比較したところ、マグニチュード3以下の微小な地震が群発している場所から地震波が起こり、それが海中と地殻にエネルギーを持つ「音響レーリー波」となって、振動を呼び起こしていることがわかった。

 研究グループでは「今回の研究で、常時振動と地震の発生が世界で初めて結び付けられた。今後は南海トラフ以外のプレートの沈み込み地帯でも調査を行い、地震活動を監視する新たな観測手段になり得るかどうか検討を進めていきたい」と話している。

 なおこの論文は、英科学誌「Nature Communications」電子版に掲載された。
2011年9月~12月に南海トラフ付近に設置されたハイドロフォンの分布(黄色△)。側線Fは数値シミュレーションで使った場所。
2011年9月~12月に南海トラフ付近を重横断する観測ラインで150もの「ハイドロフォン」(黄色△)が設置され、従来の地震観測では「ノイズ」として見過ごされて来た波動を検知した(提供:JAMSTEC)
音響レーリー波
左は常時地球振動の周期。音響レーリー波は周期が0.2~2秒程度と短く、陸上では観測されないため、従来の地震観測機器によるデータではノイズ扱いされ、研究されてこなかったという
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 21:10 | 日記 | Comments(0)

「フォン・カルマン渦」

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/4/14730.html
ハード島
インド洋の無人島ハード島で観測された不思議な渦巻き雲(提供:NASA image by Jeff Schmaltz, LANCE/EOSDIS Rapid Response )
 米航空宇宙局(NASA)によると、地球観測衛星ランドサット8号が今月初め、インド洋に浮かぶ無人島の上空で不気味な渦巻き雲を観測した。

 衛星画像がとらえられたのは、オーストラリア西部と南極大陸の間に位置するハード島。

 オーストラリア領のハード島は、ユネスコの世界自然遺産に登録されている無人島で、起伏が多く、標高2745メートルのモーソン・ピークが最高峰だ。

 今月3日に地球観測衛星が撮影した上空の画像には、岩場の多い川床で、岩の周りを渦巻く水流のような雲がとらえられた。

 この現象は、ハンガリーの航空工学者の名前に由来して「フォン・カルマン渦」と呼ばれるもの。上空で雲が発生したときに、一定方向で風が吹くと、雲が山頂に巻き込まれたようになって、ユニークな渦が発生する仕組みで、日本では冬になると、済州島の風下で観測されることがある。
フォンカルマン
昨年5月にカナリア諸島周辺で観測されたフォン・カルマン渦(提供:NASA image by Jeff Schmaltz, LANCE/EOSDIS Rapid Response)
日本
昨年1月に屋久島周辺で観測された三つ編みみたいなフォン・カルマン渦(日本気象協会HPより引用)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 20:47 | 日記 | Comments(0)

YATSUIFES!!

https://mobile.twitter.com/YATSUIFES

https://www.youtube.com/watch?v=DAShsAfhwCY

みなさん、面白そうです。
姪っ子ちゃんも参加させてもらっているそうです。
ありがたいことです。
やはり、いろいろ世の中で辛いことがあっても、腐るより、面白いことをする、できることがいい、ちゃんと生きてるなとつくづく思ふ。
今できることを、今やるというのは本当にいい。
頑張ってください!
草葉の陰から見守っております!
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 17:16 | 日記 | Comments(0)

日本を貶めるつもりはないと仰るならば、なおさらであるが、「世界」遺産に登録したいなら、当然のことであるが、軍相手の売春の起源としてのごまかしようのない歴史認識を、ここから韓国の軍相手の売春制度、伝統文化が始まっていると世界中に知らしめ、認知される必要がある。

また、公平に世界中の、各国の軍事、戦時売春婦の資料を集めてこそ、人類の歴史と言え、全人類の課題として、踏まえていると言えるであろう。

日本を貶めるのが目的でないのならば、それをしないと、何の意味もない遺産になる。

口先だけの偽善はもう結構である。

しっかりと、世界中の戦時売春に向き合うには、尽きることがない戦時外売春にも目を向けなくてはいけない。

それが歴史というものである。戦時、戦時外の括りを外しても、同じ仕事をしているものがいる限り、それは地繋がりであるばかりか、戦時中よりも、もっと問題が深い。

それほどまでに、世界遺産にしたいというならば、世界中の過酷な現状までも、追求する義務がある。

売春婦と向き合いたいなら、偽善者でないならば、そうせざるをえない。










(以下コピペ) のコピペ〜〜〜〜〜〜〜〜

軍相手の慰安婦は韓国の伝統文化だから、しっかり保存するのは当然。


~~~~~~~~~~~~~~~
いわゆる「朝鮮人従軍慰安婦(性奴隷)」を語るには、朝鮮の妓生(kiisen)制度の
歴史を知らなければなりません。

李朝時代の身分には、 両班  中人  奴婢   があり、妓生は奴婢に属しました。
妓生は、奴婢随母法で規定された身分「妓籍」に属する女性達を指しました。
妓生は、妓生庁という役所で所有・管理されていました。
妓生は、三階級に分けられており、一牌、ニ牌、三牌という分類がありました。
一牌は官位を与えられる者もいたようですが、三牌にいたっては単なる売春婦でした。
要するに朝鮮は社会制度として世襲の性奴隷制度を実施していたのです。

妓生には次の4つの区分がありました。
   「軍妓」= 軍に付属する売春婦
   「辺妓」= 国境などの辺境に駐在する軍隊の為の売春婦
   「女妓」= 支那使臣の接待専用の売春婦
   「官妓」= 官吏専属の売春婦

「軍妓」「辺妓」 が国策による 「従軍慰安婦」 です。
つまり、朝鮮では「従軍慰安婦」は公的な存在として歴史に長く存在したのです。

1886年に奴婢身分世襲が禁止されましたが、社会制度及び経済制度としての
妓籍制度の根は深く、実質的には日本統治時代も残っていました。

朝鮮戦争時には30万人に上る軍相手の娼婦が存在したと言われています。
ベトナム戦争時には特殊慰安隊という名称で韓国軍直轄の従軍慰安婦が
組織されたのが確認されており、公的記録として存在しています。

韓国で売買春が完全に禁止されたのは、2004年の法改正以後のことです。
この結果、売春婦の海外遠征が増え、新たな問題を生じています。
 
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 16:12 | 日記 | Comments(0)

必要なもの

僕たちに必要なもの 凍土壁 それとも 水筒 浄水器かな
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 14:36 | 短歌 | Comments(0)

凍土壁

5年経ち 凍土壁にも 水もれず 汚染食い止め 凍りつく傷
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 14:34 | 短歌 | Comments(0)

88度

温度なら88度まで耐えられる 水筒の中 てふろんしよう
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 14:30 | 短歌 | Comments(0)

浄水器

浄水器 トリハロメタンと鉛とを排除していく 珈琲ぶれいく
[PR]
by akikomichi | 2016-06-02 14:28 | 短歌 | Comments(0)