「大鴉との勝負どころ」

大鴉は朝頃やってきた
警戒することもなく優雅にそれでいて意外ときょとんとした目をして
作りかけの屋根の上に乗っかって悠々としている
しかし昨日はツボの中にあるタブレットに気づかなかったようである
ひとまず勝負あり
鉛筆のように先が削がれた木の杭の上でも遠くを見ていた
あの大鴉は本当にあどけなく優雅であった
また明日会えるといいが


[PR]
by akikomichi | 2017-05-16 21:14 | 詩小説 | Comments(0)