「大鴉との勝負どころ」

大鴉が作りかけの茅葺の屋根の中に舞い降りて
熱中症予防のタブレットを突いて食べていた 
袋を突いて食べていた
次の朝
箱にしまっていたタブレットを開けて食べていた
今日はツボの中に入れておいたので
食べられまいが
大鴉のこと
ツボをひっくり返していないか
明日の朝が勝負どころ


[PR]
by akikomichi | 2017-05-15 22:12 | 詩小説 | Comments(0)