茅の旅と帽子猫のお迎え


一日 片付け
みちぎや足場板や茅を運ぶのも慣れてはきたが
肩に食い込む長いみちぎの重さがひりひりしてくる

あんまり長いので
透明な重りと見えない重い荷を天秤にかけているような
そんな気分になる

一輪車で運ぶバリカンで刈られた茅も
ちくちくするプラスチックの輪のようにてかり
隙間を埋めるだけ埋めて容赦なく重い

男も女も関係なく
重い荷物を運ぶのはいい
屋根に登って遠くを見ながら目の前の茅を屋根葺きできたらなおいい

湯布院から日田まで
一時間半ほどの茅葺の旅ももうすぐ終わり
次の現場に移動となる

新米の運転でつまり私の運転で帰ると
帽子猫が階段を上ってやってきた
まだ子供のようで
何してるのとじっとこちらを見ている

お家に入ってくるかなと思ったが
じっと招き猫のように座っている
ここで待っていてくれるなら旅もまたいい


[PR]
by akikomichi | 2017-04-27 20:05 | 詩小説 | Comments(0)