竹田恒泰‏ が語る教育勅語

何も知らないまま一方的に決めつけ、ダメだというのはどうかと思う。
まずは、どういうものか熟知されている方々の言葉を参考にされて、判断すべきことでもある。
本当に物事を知るということは、そういうことから始めるしかないとも思う。

いわゆる、法治国家の基本中の基本とも言える裁判における判決というものは、いくらでも見方や立場を変えれば変わりうるものである。ということを、東京裁判で見せつけられたものたちにとって、「裁判の判決文」が全てではない、その時の情勢による。ということも、考慮に入れるべきものだと、今は強く思っている。

歴史を語るということも、またその時の情勢によることを肝に銘じて、心してかかることとする。




  1. 教育勅語を読むには、それなりの勉強が必要。私が勉強ができるとか、そういうことを言いたいのではない。事実として、文語の知識は不可欠。しかも、国史の知識も必要で、天皇と国民の関係性をしっかりと理解していないと読めない。

  2. ちゃんと書いてありますよ。文語の知識がないと読めないと思いますが。→→「是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン(中略)朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ」

教育勅語「是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン」→これを実践することは、天皇の忠実で良き臣民であるからというだけではなく、あなたたち臣民の先祖が実践して来たことを称えあらわすことになる。(意訳)天皇の為ではなく自分自身の為に実践して欲しい




[PR]
by akikomichi | 2017-03-13 19:32 | 日記 | Comments(0)