NASA、7つの地球型惑星を発見




NASAが予告していた発表は、TRAPPIST-1と呼ばれる恒星が7つもの地球サイズの惑星を持つ惑星系を成しており、さらにそのうち少なくとも3つの惑星は地表に液状の水が存在するかもしれないというものでした。また地表にという条件を省けば、7つの惑星すべてに液体の水が存在している可能性があるとのことです。



水瓶座の方向約40光年の位置にある赤色矮星TRAPPIST-1は2016年にベルギー・リエージュ大学のMichael Gillon氏が3つの惑星を発見し、うち1つには液体の水がある可能性があると考えられました。


その後のスピッツァー宇宙望遠鏡などを使った観測によって、2つの惑星の存在を確定、さらに別に5つの惑星があることがわかったとしています。そして驚くべきは、そのいずれもが地球とほぼ同じサイズ(0.76~1.13倍)の岩石質の星であることがわかったとのこと。水が液体として存在しうるハビタブルゾーンには3つの惑星が位置していると目されており、やはり少なくとも1つには海のように豊富な水がある可能性が高いとしています。


また7つの惑星すべてが、太陽~水星間の距離よりも狭い範囲を周回しているのも面白い発見です。互いが接近しているので、どれかひとつに降り立てば、ほかの星が月よりも大きなサイズで空に浮かぶさまが見られるだろうとのこと。


一方で、惑星は常に同じ面をTRAPPIST-1に向けて回っている可能性も指摘されました。このため、惑星上では常に昼間の世界で熱せられた大気と常に凍てついている裏側の大気とで激しい対流を引き起こしている可能性があります。


ただ、惑星の大気についてはまだ詳しくは判明しておらず、NASAはハッブルやケプラーといった宇宙望遠鏡、2018年に打ち上げるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡などで、TRAPPIST-1の惑星系を調べるとしています。特に、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が稼働すれば、水やメタン、酸素、オゾンといった大気組成の詳細がわかり、地球の生物が居住できるかどうかを確認できるようになることが期待されます。


赤色矮星はその寿命が現在の宇宙よりも長いとされ、主系列星である太陽が燃え尽きるころになったとしても、TRAPPIST-1と7つの惑星は変わらず存在し続けるはずです。とすれば、いつか我々の子孫たちが40光年先にある地球によく似た星をめざして飛び立つ日が来るということもありえるのかもしれません。
[PR]
by akikomichi | 2017-02-23 09:06 | 日記 | Comments(0)