「食品ロス」削減の一環

東京都は、食品ロスをなくすということもあるが、市民全体にも配ることを考慮しているという点において、全てに行き渡るわけではないが、少なくとも「機会」としてはまだ平等といえ、これは地方も見習う点だと思われる。

水やその他の保存食などはどうしているのだろうか。

全国の対応も、全市民に向けてであって欲しいものである。

税金で支払われているのであるなら。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 東京都は1月6日、まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」削減の一環として、賞味期限が迫った非常食のクラッカー10万食とアルファ化米32万食、合計42万食を無料配布すると発表しました。


【イラスト】アルファ化米はお水を注ぐだけで食べられる

 クラッカーは都内の動物園やスポーツイベントなどで配布されるほか、350食以上の引取に対応できる法人・団体向けに着払いでの郵送受付にも対応。また、アルファ化米は社会福祉法人、フードバンクなどを通じて配布予定だとしています。

クラッカーの配布予定 ※1人5食まで

・恩賜上野動物園(1月28日、2月4日 約3万食)
・多摩動物公園(2月5日 約5千食)
・水素情報館 東京スイソミル(1月16日から2月25日 約1千食)
・チャレスポ!TOKYO(1月9日)、マラソン祭り(2月25日)等スポーツイベント(約3万食)
・2017冬耐震キャンペーン(1月26日建物の耐震改修工法等の展示会など)
・その他、各局事業に関連する講習会等の配布について調整中。

 都の担当者によると、東京都には常時730万~750万食の非常食が備蓄されており、賞味期限切れによる備蓄食品の入れ替えは毎年50万食前後。これまでは一部を家畜の食用に利用することはあってもほとんどが破棄されており、備蓄食品を一般に配布する試みは今回が初。配布が発表されたのは42万食分ですが、4月末までに賞味期限が切れるのは約67万食となっており、残りの約25万食については一部が消防による防災訓練などでの配布が決まっているほか、引き続き対応を検討中だとしています。

[PR]
by akikomichi | 2017-01-10 13:34 | 日記 | Comments(0)