かゆみ物質、抑制に期待=アトピーで重要たんぱく発見―九大

アトピー性皮膚炎でかゆみを引き起こす物質の一つ「インターロイキン31(IL―31)」の生成に重要な役割を果たすたんぱく質を発見したと、九州大生体防御医学研究所の福井宣規主幹教授らが10日までに発表した。論文は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。


 このたんぱく質「EPAS1」の働きを抑える物質を見つければ、新たな治療薬になるという。


 かゆみの原因物質はヒスタミンがよく知られ、アトピー性皮膚炎のほか、じんましんや花粉症などの治療に抗ヒスタミン剤が使われる。しかし、アトピー性皮膚炎の場合はIL―31などの原因物質もあるため、別の治療薬が望まれる。 


時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[PR]
by akikomichi | 2017-01-10 12:03 | 日記 | Comments(0)