「介護日記」

第一回プラチナブロガーコンテスト




ばあばの病院にお見舞いに行く。


病院での生活は退屈で、本も読み返し、テレビも見ずに、ベットに座ってじっとしていた。

それでも、あの介護器械から解放されて、徐々に、歩行器、杖だけでも歩けるようになった。

ひとまず、元に戻ったのだ。

あとは、腰をなるだけ曲げないことと、筋肉をそれなりにつけることと、無理をしすぎないこと。


手首の補強に入れていた金属も取れたのよ。


ばあばが言った。

体内に金属が入っていることで、ばあばは器械的肉体になっていた状態から解放され、金属から解放され、元の生身の人間になっていくのだ。

繋ぎとめていたものが外されたことで、硬質なものから、軟質なものへと様変わりしていく。

心なしか、痩せていたのもあるが、軽やかな妖精のように、髪も体も声もどことなく、ふわふわとしている。

人間は、生まれてこのかた、ずっと、代替物で生きながらえていたのだ。


食べるということで、補強され、改造され、入れ替わっていった骨血肉も、食べることなく、そのものを変えることができるようになっているのだ。
生物(なまもの)でなく、金属、強化プラスチックでも。
自分の同化しきれずとも、なんとか、やってきたのである。


水晶体も入れ替えなきゃならないのよ。


ばあばが言った。


白いものが黄色く見えたり、オレンジにまで見えたりするらしい。


夫が言った。


黄色が緑に。とか。


倅が言った。


水晶のフィルターがかかっているだけで、色が変わる世界。

色眼鏡を通り越した、色眼球。


目の中の水晶体の濁りが出てきたらしく、ちゅうっと抜いて、入れ替えるらしい。実家の母も、以前、手術をやっていたが、今は日帰りでも、手術ができるという。

目にもっと光を。そのままの光を。


そういえば、初日の出、見ました?


ばあばに聞いた。


ここからは、海が見えるけど、日の入りしか見えないのよ。


ばあばは言った。



アート・デザイン部門

[PR]
by akikomichi | 2017-01-02 11:31 | 詩小説 | Comments(0)