撤去の少女像、再び設置 釜山の日本総領事館前


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜

韓国は約束を守ることをしない、金さえ貰えばいいというような、金を日本軍から絞りとれるという売春を美化し、朴クネの父親が関わっていた慰安婦の管理については知らぬ存ぜぬの、最悪の国である。

パククネの父親に限らず、戦後、韓国軍そのものが慰安婦を利用していたことまでも、全て日本軍がしたことにしている卑怯者でもあるので、韓国に関わらぬようにしないと、また同じことを繰り返すであろう。

軽蔑しかない。

口にするのも嫌なことである。





〜〜〜〜〜〜


 韓国南部・釜山市の大学生や市民団体は30日午後、日本総領事館前に旧日本軍慰安婦を象徴する「少女像」を設置した。31日夜、正式に像の除幕式を行う。市民団体は30日午後、総領事館前で記者会見し、「市民の勝利だ」と主張した。

 市民団体の関係者によれば、団体は30日午前、東区の関係者と面会した。市民団体は日韓慰安婦合意から1年にあたる28日に像の設置を試みたが、東区と警察当局によって強制撤去されていた。東区側は30日の面会で、強制撤去したことを謝罪し、設置を妨げない考えを示したという。

 東区には28日の強制撤去後、苦情や抗議の電話が殺到していたという。31日午後6時から市内で集会を開いた後、午後9時から正式に像の除幕式を行う。

 日韓関係筋によれば、日本政府側は30日も日韓合意の精神に反するなどとして、韓国政府や釜山市などに対し、像の設置を認めないよう要請しているが、韓国政府側は確答を避けている。(ソウル=牧野愛博)


[PR]
by akikomichi | 2016-12-30 18:38 | 日記 | Comments(0)