カジノ法案反対

週明けの国会は、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)推進法案や、年金制度改革法案をめぐり、与野党の攻防が激しくなりそうだ。自民党は14日の延長国会会期末までに両法案を成立させることを目指す。これに対し、民進、共産両党など主要野党は成立阻止へ徹底抗戦の構えで、安倍内閣不信任決議案の提出などを検討している。


 カジノ法案を審議している参院内閣委員会は12日に参考人質疑を実施。自民党は翌13日に同委で採決し、14日の参院本会議で成立させる日程を描いている。


 しかし、参院内閣委員長は民進党の難波奨二氏が務めており、採決を認めないことが予想される。このため自民党は、委員会採決を省略し、本会議で中間報告を行った上で採決に踏み切る案も検討している。公明党は衆院に続き、採決に自主投票で臨む。


 年金法案をめぐっては、参院厚生労働委員会で12日に参考人質疑、13日に安倍晋三首相が出席しての質疑がそれぞれ行われる。自民党は13日の同委採決、14日の本会議採決を目指している。 


時事〜〜〜〜〜〜〜〜〜


[PR]
by akikomichi | 2016-12-12 04:27 | 日記 | Comments(0)