津波被害「最低限で済んだ」=養殖ノリやカキ業者―最盛期へ前向き・福島沖地震

福島県沖を震源とする22日の地震で津波が到達した宮城、岩手両県の沿岸部では、収穫が始まったばかりのノリの養殖、最盛期を迎えつつある養殖ガキ、サケの増殖事業施設などが被害を受けた。ただ、被災状況が明らかになるにつれ、「最低限のダメージで済んだ」と前向きに受け止める声も聞かれ始めた。

 宮城県東松島市で漁業を営む小野幸男さん(57)は、共同で使う小型漁船のモーターなどが破損した上、港に置いていた養殖用ロープも流された。漁業施設も自宅も全て流された東日本大震災に思いをはせながら、「津波は海底の流れまで変えてしまう。だから怖い」と淡々と話した。

 小野さんが所属する県漁協宮戸支所管内では、16隻の漁船が転覆。ノリの養殖いかだは約1300台のうち、10台程度が完全に使えなくなった。被害想定額は700万〜900万円。同支所運営委員会の千葉富夫委員長(60)は「最低限のダメージで済んだ。東日本大震災では全て流されたが、今回は養殖施設の大半が残り、ほっとしている」と一息ついた。

 東松島市ではほかにカキが養殖いかだから落ちるなどし、岩手県大船渡市でもカキのいかだが被災した。同市の担当者は「漁業者は自力で復旧させた。これからが最盛期」と収穫に期待を寄せた。 


[PR]
by akikomichi | 2016-11-27 18:26 | 日記 | Comments(0)