地震前の発光現象 ニュージーランドでもとらえられていた!


〜〜〜〜〜〜〜〜

この「発光現象」を起こせる可能性を指摘している方もいるのではなかろうか。

あくまでも、可能性として、地震が起こせるならば、こういったクラックのあるような脆い場所をあらかじめ見定めるか、あらかじめ作るかするのが「実験者」的なまなざしのものたちの考えることだとも言える。

〜〜〜〜〜〜〜〜

日本時間13日夜にマグニチュード(M)7.8の地震が発生したニュージーランドでは、これまでにもM6クラスの揺れが断続的に続いていて、体に感じる余震の数の合計は1080回を超えた。首都ウェリントンでは、最初に地震が起きた時間帯に、空が青白く輝く発光現象を多くの住民が目撃している。


 ニュージーランド南島で13日午後8時2分(日本時間)に発生したM7.8の地震では、これまでに少なくとも2人が死亡、20人以上がケガをした。震源に近い首都ウェリントンでは、地震後に降った雨により洪水被害が各地で発生し、被災地の支援に向かう救援部隊の妨げになっている。


 また、現地時間14日午前0時2分に発生した今回の地震では、「上空が青白く何回も光った」という発光現象を目撃した住民からの報告が相次いだ。動画投稿サイトに投稿された動画を見ると、いずれも地平線に近い高さで光っており、雷でないことがわかる。


 現地の防災機関GeoNetには、満月が地球に最接近する「スーパームーン」の影響を懸念する問い合わせが殺到しているというが、観測チームはこれを否定している。


 この発光現象については、米航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究センターの専門家フリーデマン・フロイント氏が2014年の研究で「1600年以降に記録された発光現象の97%は、活断層の真上で目撃されている」と指摘。そのうちの85%が、急峻な渓谷や沈み込んだ地形の場所で発生しているという。

そのうえで、強力な地震波が地面を通り抜けて、マグマが固まってできた玄武岩やはんれい岩に当たって大量の電荷が発生し、猛スピードで地上に達したときに、地表ではじけて空中で放電するのが光の正体だと結論付けた。


 この発光現象は、日本でも目撃されている。代表的なものでは、長野県で1965年から5年もの間続いた松代群発地震で、山の稜線に沿って96秒間光って見えた発光現象が気象庁の記録に残されている。


 また、2009年のイタリア・ラクイラ地震でも旧市街地で、石畳の歩道から立ち上る炎のように揺らめく光を多くの通行人が目撃しているほか、1988年にカナダ・ケベック州を襲った地震では、発生の11日前に発光現象の報告が相次いだという。


 スマートフォンや携帯電話の普及で、発光現象の記録がたやすくなり、近年はその報告数も増えている。地震予測の分野で発光現象が指標の一つとして組み込まれる可能性もあるかもしれない。



[PR]
by akikomichi | 2016-11-15 23:52 | 日記 | Comments(0)