日本政府は心してソフトバンクに対峙するべき

出光石油も狙われているので踏ん張って欲しいが。

携帯の料金の不平等をなくすべく、政府は動きもしないのは、おかしい。

そういった、日本人からだけ多く金を取ったものを担保に、日本の土地や権利や資本や情報が狙われていることを、日本国民も知るべきである。

日本国民の携帯料金から、日本国民の金を巻き上げ、外国資本に日本人の金を流すことまで、独立携帯財布政府のようなことをしている。

日本政府の頭越しにされているということにもっと敏感になるべきである。

日本政府は、野放しにせず、心してソフトバンクに対峙するべきである。

サウジと提携するのはいいが、ソフトバンクにさせてはいけない。

日本国民にだけ、不当な料金を押し付けるソフトバンクには、そのような日本の企業を名乗る資格などないし、日本国民は、戦後、不正な違法のパチンコマネーから続く、その隠され続けた差別に怒っている。

韓国人にだけ、携帯料金を半額にしているという韓国系民団新聞の記事を追求し、日本国民の財産を横流しさせないように、歯止めをかけるときである。



〜〜〜〜〜〜〜

ソフトバンク、共同で最大10兆円規模ファンド
サウジ系とテクノロジー分野に投資
2016/10/14 8:51
保存 印刷その他
 ソフトバンクグループは14日、サウジアラビアの政府系ファンド「公共投資ファンド(PIF)」と共同でテクノロジー分野に投資することを目的としたファンドを設立すると発表した。ソフトバンクは今後5年間で250億ドル(約2兆6千億円)を出資し、ファンドの総額は1000億ドル(10兆円強)となる見通し。PIFは450億ドルを出資する方向だ。
[PR]
by akikomichi | 2016-10-14 09:44 | 日記 | Comments(0)