早く落ち着きますように

 気象庁は11日、熊本地震の一連の地震活動の震源や回数を精査した結果を発表した。4月14日午後9時26分に最大震度7の地震が発生して以降、今月11日午前0時までの震度1以上の地震回数は2137回から、2倍近い4081回に修正された。

 発生時間や震源がごく近く、発生直後の速報で一つと扱っていた地震が、複数の地震と判明したケースが多かったため。

 最大震度別では、震度7と6強の各2回、6弱の3回は精査後も変わらなかった。5強は4回から5回に、5弱は9回から12回に見直され、4以下は大幅に増えた。 
[PR]
by akikomichi | 2016-10-12 11:52 | 日記 | Comments(0)