二重国籍状態にある国会議員が「十数人いるようだ」

国民にそのことを知らしめることなしに、選挙に臨んだということは、国民を騙していることに等しい。
国防動員法のある中国籍、韓国籍のものは特に、日本国内において、もし日本とそれらの国が争いに巻き込まれる有事があった場合、日本で撹乱分子として動く可能性があるということである。
それは、日本国民の税金で日本を欺き、日本を陥れようとする行為であり、決してあってはならないことであり、許されざることである。
ことの重大さを、国民自体も把握し、そのようないい加減なことをしている国会議員に限らず地方議員はやめてもらわなければならない。
国民を欺いているという時点で、責任は重い。

時事通信社〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 民進党の馬淵澄夫選対委員長は8日、奈良市での会合で、二重国籍状態にある国会議員が「十数人いるようだ」と発言した。個人名や所属政党、根拠などは明らかにしなかった。

 二重国籍をめぐっては、同党の蓮舫代表の台湾籍が最近まで残っていたほか、自民党の小野田紀美参院議員に米国籍があることが判明した。 
[PR]
by akikomichi | 2016-10-08 19:50 | 日記 | Comments(0)