早く落ち着きますように。

「ガラスが割れるような『バリバリッ』などという音が10分くらい続いた。こんな恐ろしい経験は、今までしたことがない」

 8日午前1時45分ごろ、熊本県阿蘇市の阿蘇山の中岳第1火口で発生した爆発的噴火。火口から北に約4キロの場所にある宿泊施設「かんぽの宿阿蘇」の柏田弘利総支配人(59)は電話取材に、噴火時の様子を生々しく語った。

 噴火時は、宿から約300メートル先の社宅で就寝中だった。「突然、ひょうが降るような音がした。外を見ると、小さな噴石が降っていた」。バリバリという音はその後、しばらく続き、柏田さんは「いろんな音がした」と話す。

 弱まったところで、宿の様子を確認するため徒歩で向かおうとすると、道路にはすでに灰が2センチほど積もり、歩きにくい状態になっていたという。周囲には硫黄のにおいがきつくたちこめ、タオルで口をふさいで歩いた。

 宿では71人が宿泊中で、全員無事。念のために1階会議室に集まってもらったが、落ち着いた様子だったという。

産経〜〜〜〜〜〜〜〜

台風や噴火でなかなか阿蘇の茅葺にも行けないのは悲しいのだが、とりあえず、目に前の噴火にお気をつけて。どうぞご無事で。早く落ち着きますように。
[PR]
by akikomichi | 2016-10-08 08:41 | 日記 | Comments(0)