「竹島が韓国領でない理由とその歴史的根拠」 下條教授が10月11日に松江で特別講演会

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4208313&media_id=3

韓国が不法占拠を続ける竹島をテーマにした特別講演会が10月11日午後3時半から、松江市の島根県職員会館で開かれる。講師は同県竹島問題研究顧問の下條正男・拓殖大教授(日本史)。主催する県総務課は同10日まで、受講の申し込みを受け付けている。聴講無料。

 島根県が条例で「竹島の日」(2月22日)を定めたのに対抗し、韓国側では10月25日を「独島(竹島)の日」と制定、同国・慶尚北道は10月を「独島の月」としている。こうした動きに対し、同県が10月に特別講演会を企画した。「竹島が韓国領でない理由とその歴史的根拠」と題し、下條教授が竹島問題について話す。申し込みや問い合わせなどは県竹島資料室((電)0852・22・5669)。
[PR]
by akikomichi | 2016-09-24 11:36 | Comments(0)