キアロスタミ氏が死去 世界的な映画監督 「桜桃の味」「オリーブの林をぬけて」など

ご冥福をお祈りいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜

映画『桜桃の味』などで知られるイランを代表する世界的な映画監督、アッバス・キアロスタミ氏が7月4日、がんの治療のため訪れていたフランスのパリ市内で死去した。76歳だった。BBCなどが報じた。

キアロスタミ氏は、1940年生まれ。テヘラン大で映画を学んだ。ホメイニ師がパフラヴィー朝に代わる「イスラム共和国」の設立を宣言した1979年のイスラム革命の後も、多くの芸術家や作家が国を逃れるなか、キアロスタミ氏はイラン国内に留まり映画を撮り続けた。

1987年に、素人の子供を主人公にした「友だちのうちはどこ?」で注目される。その後、「そして人生は続く」「オリーブの林をぬけて」などでは、イスラムの厳しい社会と自然を詩的な映像で綴った。

作品のテーマは主にイランを中心とするものだったが、世界中の共感を呼んだ。1997年には、自殺の手助けをしてくれる人を探して回る中年男性を描いた「桜桃の味」が、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した。

ガーディアンによると、キアロスタミ氏は近年、政治事情からイラン国内での撮影の難しさを感じ、海外でも映画を製作。日本で撮影した日仏合作映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」は2012年、カンヌ映画祭のパルムドールに再びノミネートされた。
[PR]
Commented by gall_gall at 2016-07-05 18:51
早朝に知り驚きました。
テヘランの風景が思い出されました。
アンドロゲプス、侯孝賢、そしてキアロスタミ。
いまわのきわまで手元に置いておきたいのはこの三人の映画だけです。
この逝去によりキアロスタミの90年代の映画が再発されなければいけません。
Commented by akikomichi at 2016-07-05 21:20
そうですね。キアロスタミの「桜桃の味」はテヘランの小高い丘の上まで行って、主人公は終の住処のように穴に入る。
最後を待つように穴の中で仰向けになるその男は、キアロスタミの、彷徨い続けた分身のようで、あのスモックだらけの街の中を昔の思い出のようなものを探し続けた自分もまた、穴に埋められ、土をかけられたあの男の分身のように思えてきました。
迷いをそのまま映し出した、正直な映画で、あの妙味は忘れられません。
by akikomichi | 2016-07-05 09:16 | Comments(2)