身ぐるみ剥がされて死んでもいいということなのだろうか

憲法9条守れなどと言っていたら、中国にあっというまに沖縄を侵略されてしまうが、それでもいいというのだろうか。
命に関わることでもあるのだが。
あまりに無防備な思考力であると思われる。
平和を履き違えている。
侵略が平和というのなら、あまりに馬鹿げている。
身ぐるみ剥がされて、死んでもいいということである。
それを黙って見ていられない。
あまりに、現実逃避が過ぎる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 【北京時事】中国国防省は9日、同国海軍の軍艦が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を航行したことについて「(尖閣諸島は)中国固有の領土だ。中国の軍艦が自国の管轄する海域を航行するのは理にかない、合法であり、他国にとやかく言う権利はない」と主張した。中国が初めて同水域内に軍艦を送り込んだ背景には、尖閣の領有権主張に加え、日米が南シナ海の軍事拠点化を進める中国への圧力を強める中、「介入」をけん制する狙いがありそうだ。 
[PR]
by akikomichi | 2016-06-09 19:48 | 日記 | Comments(0)