『放射能と黒猫』


放射能は71年も経てば何事もなかったように透明になり
黒焦げの影は銀行前の階段にやけついたままだ
黒焦げになった魂は車を見ていた
黒猫のように
白い輪投げゲームの先には風通しされた被爆者名簿
原爆の火は燃え続け
焼けただれた魂の火の玉
口封じはされることはない
口すら吹き飛ばされていて
魂だけになっているから
死んだものはそれからも途絶えたことはない
見える形であれ
見えない形であれ
わかるやり方であれ
わからないやり方であれ
黒猫はどこにでもいるのだ
壁に塗り込められてないているかと思えば
あなたの前を通り過ぎるのだ
殺したものが
忘れないように
死ぬまで忘れないように
あなたの前を横切るのだ
あなたの死を思うように
黒猫はあなたの前を横切るのだ
見えない放射能の影絵のように
横切るのだ 
殺したものが
死ぬまで忘れないように
[PR]
by akikomichi | 2016-05-29 21:02 | 詩小説 | Comments(0)