相変わらず反省のない朝日 日本の竹島について

日本の竹島に勝手に別の名前をつけ、我が物顔で訓練するのはもってのほかであるが、何より、朝日の記事のタイトルが心底、気持ち悪い。 
日本の竹島であるにもかかわらず、竹島と書く気もしない下劣さと反日さには、日本人は誰もが愛想を尽かしているが。
反省しない反日朝日はもちろん、外務省も、政府も、海上自衛隊も、日本の竹島として、勝手に韓国が訓練に使うなということを、禁止し、即刻、やめさせるべきであるが、何もしないできないとは、いかに無能か、いかに戦後の武力のなかった頃に勝手に不法な占拠をされたままの、侮辱されっぱなしの日本であることか。
6カ国も参加しているならば、なおさら各国の海軍に対して、どうして竹島で訓練などさせる。もってのほかである。

韓国はいい加減にしろ。

日本の竹島周辺で漁をしていた日本人漁師たちを虐殺し、のうのうと不法なことをしても、何も反省のない韓国は日本国民に嫌われ続け、少なくとも日本人は、韓国に行こうとは思わない。

行くのは洗脳されたものか、もともと韓国が故郷の人である。

〜〜〜〜〜〜〜

 日米韓などが参加して韓国近海で25日から始まった潜水艦救出訓練で、海上自衛隊が韓国軍揚陸艦「独島(トクト、竹島の韓国名)」への乗艦に難色を示した。一方、韓国側では海自の救助艦が旭日旗を掲げたことに反発する声も出て、日韓防衛協力の難しさを改めて見せつけた。

 日米韓など6カ国が参加し、潜水艦の遭難事故を想定した脱出と救助の訓練を行う。7回目の今年は韓国がホスト国で、当初は大型艦で収容能力がある「独島」に各国の参加者を招き、訓練の状況を逐次解説する方針だった。

 だが、海自は独島への乗艦に消極的だった。領有権争いで韓国の主張に譲歩した印象を持たれることを嫌ったとみられる。これには韓国側が譲歩し、別の艦船に変更されたという。

 一方、海自の救助艦などは24日、旭日旗を掲げて韓国南部の鎮海(チネ)海軍基地に入港。これを問題視する韓国メディアの報道が相次いだ。ハンギョレ新聞(電子版)は旭日旗について「かつての日本軍国主義の象徴だ」とした。(ソウル=牧野愛博)
[PR]
by akikomichi | 2016-05-26 20:27 | Comments(0)