収賄疑いで前課長再逮捕へ、福岡 同和団体に便宜か、福智町

 福岡県警は6日、同県福智町から助成金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで同和団体「部落解放同盟福智連絡協議会」委員長、原田正容疑者(86)を逮捕した。町ではカラ出張で町から旅費をだまし取ったとして人権・同和対策課長、鈴木秀一容疑者(60)が逮捕された。鈴木容疑者は原田容疑者の申請書決裁に関わっていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

同和団体に便宜を図る見返りに幹部から現金を受け取ったとして、福岡県警が収賄の疑いで福岡県福智町の前人権・同和対策課長鈴木秀一被告(61)=詐欺罪で起訴=を再逮捕する方針を固めたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 現金を渡したとして贈賄の疑いで、同和団体「部落解放同盟福智連絡協議会」の委員長原田正被告(86)=詐欺罪で起訴=も再逮捕する方針。

 捜査関係者によると、鈴木被告は2015年ごろ、協議会への助成金の支出を続ける見返りに、原田被告から現金約10万円を受け取った疑いが持たれている。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


一千万もの助成金を受けられるから。と聞いたが、嘆かわしい。

こういった人権問題啓発などが、金をむしりとるだけのものとなる以上、経費削減、あるいはもう必要ないものとなりつつある、時代の変化により役目は終わったと言わざるをえない。

在日特権論争においても、戦後のドサクサで許されていいのは、在日の人も一世か二世までで、その次の世代等には、日本人と同様の義務が必要で、税金その他の抜け穴をなくすべきである。

在日特権はないと言われても、日本人ではないのに特別永住権があるという時点で、すでに特別な権利、特権であると自覚するべきは、彼らである。

もう詭弁は、結構である。

自分たちの息のかかった政治家にどこで何を言わせても、誰が見ても特権である。

決して、人権や差別というお題目で、悪用されてはならない。


[PR]
by akikomichi | 2016-05-18 18:36 | 日記 | Comments(0)