6人死亡か、震度6強相次ぐ M7・3「阪神」級 気象庁「今回が本震」

 16日未明、熊本県の阿蘇、熊本などで震度6強の地震が短時間に連続して発生した。大分県や熊本県で多くの家屋やビルが倒壊し、共同通信などの調べでは新たに6人が死亡、14日以降の死者は計15人となり、多数のけが人がいるもよう。熊本県益城町では14日に最大震度7を観測しているが、気象庁は「今回が14日以降に発生した地震の本震」との見方を示した。 最初の震度6強の地震は16日午前1時25分ごろ発生。マグニチュード(M)7・3で、阪神大震災と同じ規模。震源の深さは約12キロ。気象庁は有明・八代海に一時、津波注意報を出した。 熊本県によると、八代市の火災で1人が死亡。このほか共同通信の調べでは、熊本市の二つの病院で5人が亡くなった。気象庁は「引き続き最大震度6弱の余震が1週間程度は考えられる」と警戒を呼び掛けた。

〜産経〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日から、福岡でもずっと揺れている。
横揺れ縦揺れ。
寝たり起きたりを繰り返している。
震源地はもっとすさまじいことになっている。
くやしい。
熊本地震 益城町役場近くを歩く男性。奥の民家は16日の地震で完全に崩れたという=16日午前7時13分、熊本県益城町(安元雄太撮影)熊本地震 益城町役場近くを歩く男性。奥の民家は16日の地震で完全に崩れたという=16日午前7時13分、熊本県益城町(安元雄太撮影)


[PR]
by akikomichi | 2016-04-16 09:56 | 日記 | Comments(0)