タックスヘイブン

中国の習近平国家主席の親族が租税回避地、いわゆるタックスヘイブンのペーパーカンパニーのオーナーになっていたと、各国の記者で作る団体が発表したことについて、中国当局はインターネット上から関係する情報を削除するなど神経をとがらせています。

これは、調査報道を行う各国の記者で作る団体、ICIJが租税回避地、いわゆるタックスヘイブンの国の1つ、パナマの法律事務所の内部文書を入手したとして、今月3日、発表したものです。
ab27e1775b67e12607fc02e5824dea30

それによりますと、中国の習近平国家主席の姉の夫が、タックスヘイブンとして知られるイギリス領
バージン諸島の2つのペーパーカンパニーのオーナーになっていたことが分かったということです。
bbee044d156f5d24cce80a064af78c2f

ICIJは、この2つの会社は習氏が国家主席に就任した2013年までには休眠状態になったとしています。この発表について、中国外務省の洪磊報道官は5日の記者会見で「雲をつかむような話にはコメントしない」
02afec1b0488e8890cb58f8b23318764

と不快感を示したほか、中国のインターネット上からは関係する情報が当局によって次々と削除され、見ることができなくなっています。
c2986da9cc2184448475f1651268887a

タックスヘイブンは、不当に得た資金を隠すマネーロンダリングの温床になっているとも指摘されています。中国では習主席が先頭に立って政治家や官僚の腐敗撲滅に取り組んでいるところで、当局が神経をとがらせていることがうかがえます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160406/k10010468821000.html



[PR]
by akikomichi | 2016-04-06 18:24 | 日記 | Comments(0)