グアム、テニアンで日米演習へ=今秋、自衛隊が初集結―中国対処念頭か・防衛省

 防衛省統合幕僚監部は5日、日米共同対処能力を向上させるため、今年10~11月に初めて西太平洋のグアムとテニアンに陸海空の3自衛隊を集結させ、米軍との共同統合演習を実施すると発表した。


 同省は日本から2000キロ以上離れたテニアン、グアムで共同演習を実施する理由について、「訓練の制約が少なく、日米が統合訓練を効果的に行うことができる」としている。中国海軍・空軍が東シナ海を越えて西太平洋に活動を拡大させていることを念頭に、実動演習で日米の抑止力を顕示する狙いがあるとみられる。 



[PR]
by akikomichi | 2016-04-06 10:50 | 日記 | Comments(0)